カメラや写真の画質とは結局のところ何?高画素なら高画質というワケではないぞ!

カメラを買ったり、写真を撮ったりすると、「画質」というワードをよく耳にすると思います。

他にも「この写真 高画質ですね」なんて使い方もしますよね。

では画質って何の事なのでしょうか。

先に答えを言うと、画質とは解像感の事であり、隅々までクッキリとクリアに描写しているか という事です。

この解像感には、多くのスペックや設定が関わっており、画質とは一言で説明するにはかなり難しい分野でもあります。

そんな多くの項目について解説していきたいと思います。

解像感と解像度は違うので、この辺についても触れていきます。

目次

画質に関わる様々なスペック

画質とはカメラに搭載されるイメージセンサーの性能にほぼ依存しています。

イメージセンサーとはデジタルカメラには必ず搭載されている部品で、カメラの目に当たる部分です。

デジタルカメラが発足した時期から現代になっても、まだまだ発展途上の部品であり、イメージセンサーの性能が上がることで、画質もどんどん向上しています

家電と同じで、買うタイミングが難しいヤツ

最もメジャー!画素数

カメラにおいて最も認知度の高いスペックが画素数で、解像度とも呼ばれます。

画像とはいわゆる「点(ドット)」の集合体で、このドットの数が画素数に当たります。

注意してほしい点として、画素数が多ければ多いほど、きめの細かい写真が撮れますが、「高画素(高解像度)=高画質」ではありません

それは、紹介しているように、画質には他にも様々な設定が関わってくるからです。

プロ向けのカメラが最も画質が高いワケでもありません。

ISO感度を上げるとノイズが出る

カメラにはISO感度という設定があり、これは光を電気の力で明るくする機能です。

ISO感度を上げると写真が明るくなりますが、同時に電気ノイズまで増幅してしまい、写真はザラザラとした質感になり画質が劣化します

イメージセンサーの性能上昇に伴なって、ノイズの量も改善されてきていますが、最も低いISO感度が最も高画質という事に変わりはありません。

ダイナミックレンジが広いと明暗差に強い

ダイナミックレンジとは、カメラが一度のシャッターで写す事ができる明るさの幅の事です。

ダイナミックレンジが広いと、明るいところから暗いところまで正確に描写してくれます。

逆にダイナミックレンジが浅いと、シルエットのように写ります。

主に編集作業で、ハイライトを下げたり、シャドウを上げたりする時に差が出てきます

昼間にも星は出ているけど、肉眼では太陽光が明るいので確認できませんよね。

ダイナミックレンジを広げるには、HDR合成をすれば解決できるので、興味があればこちらもどうぞ。

彩度、コントラスト、シャープネスで写真の仕上げ

ダイナミックレンジは明暗の認識能力でしたが、これに対して彩度やコントラストはイメージセンサーの色の認識能力となります。

数値化できないので、レビューサイト等で触れられる事があまりありませんが、写真においては最も重要と呼ぶべきポイントだと僕は思っています。

また画素数やダイナミックレンジはイメージセンサーの性能によるものですが、色の認識能力については、レンズの性能も関わってきます

光がレンズを通ると色が拡散して、低彩度や低コントラスト、収差となって現れる事があります。

風景写真でレンズを絞る理由も、画質を上げるためです。この記事で少し解説しています。

ファイルサイズを左右する圧縮

現在のカメラは高画素化している事もあり、ファイル容量も大きいです。

そこで、自分の必要なファイルサイズに圧縮する事も多くあります。

また、RAW現像ソフトで編集した後に、自分の必要なサイズに設定して書き出す人も多いでしょう。

このような時に起こるのが、圧縮によって起こるモスキートノイズやブロックノイズです。

圧縮した際にコントラストの大きな場所に起こる画質の乱れで、虫が群がっているように見えるノイズです。

ノイズが目立つ場合は警告が出るソフトも多いので、あまり気にする必要はないかも。

画質が悪く見えるのはモニターが原因かも

写真はPCに入れて観覧する人が大半です。

プリントをする人も一度はPCに保存して、写真をチェックします。

そんな時に、「撮った写真がPCで見ると違って見える」「なんだか色が変」という事も珍しくありません。

それはモニターの性能も重要だからです。

モニターの難しさは、自分一人の問題ではない事が多いのが一番の課題です。

例えば、撮った写真をSNSに上げる、両親に子供の写真を送る等。

そんな時に、相手のモニターの性能が悪いと、「自分の伝えたい事が相手には伝わらない」という現象が起こります。

解決は不可能。プリントして渡す(見てもらう)のが最強。

筆者はこのモニターを使ってます。

実は画素数はインフレ状態

上で紹介した画素数ですが、既にかなり飽和状態です。

4Kモニターは3,840×2,160の約829万画素であり、最近のデジタルカメラなら2000万画素くらいは当たり前です。

つまりいくら画素数の良いカメラで撮影しても、それをフルに表現できるモニターはそうありません

モニターは写真用ならIPS方式を

液晶モニターには以下の3種類があります。

  • TN方式
  • VA方式
  • IPS方式

それぞれ色々なメリットやデメリットがあるのですが、この中で最も写真に向いているモニターはIPS方式のモニターで、色表現に優れています。

例外もあると思いますが、基本的に3種類の中でIPS方式が一番高価です。

色域が広い方が、キチンと確認できる

色域とは「どこまでの色が表示できるのか」という事です。

写真においてはsRGBやAdobe RGBが一般的で、カメラの設定から変更する事が可能です。

この2つを比較すると、色域が広いのはAdobeRGB。

ですが最近のカメラならどちらも選択が可能なので、高画質な写真を撮る上ではあまり問題にはなりません

しかし問題は画像を表示するモニターです。

多くのモニターの色域はsRGBで、Adobe RGB対応のモニターはクリエイター向けが多くやや値が張ります

モニターに合わせてカメラの設定を変更しましょう。

時間経過によってモニターの色が変わる

良いモニターを買えば、今後何の問題もなく過ごせるのかと言えば、そうではありません。

それは、モニターは時間の経過によって色が変わるからです。

例えばPC側が赤の信号を送っていても、少しだけ明るい赤になったり、逆に少しくらい赤になったりします。

解決方法としては、キャリブレーション(校正)を行います。

キャリブレーションには、PCのソフトで校正するソフトウェアキャリブレーションと、ディスプレイそのものを校正するハードウェアキャリブレーションがあります。

ハードウェアキャリブレーションはモニターがキャリブレーションに対応している必要があるので、アマチュアが手を出すにはなかなか高価です。

モニターを校正するなら、まずはソフトウェアキャリブレーションがオススメです。

画質とはこれらのスペックのトータル

画質とは、ここまで紹介してきたスペックの総合的な品質です。

数値化されていない項目も多く、これらを全て合わせて比較する事はできません。

また、人によって「シャープネスは画質とは違うだろ」「ボケは画質で重要だろ」など、人によって意見が別れることもあり、ぶっちゃけかなりフワッとしています

もちろん高画質という基準もなく、撮影者、観覧者の主観に過ぎません。

動画ではもっと複雑に

ここまで紹介してきた画質については、あくまで写真についてです。

動画においては、フレームレート(秒間のコマ数)や音声の品質なども含まれてきます

フレームレートが追加される事により、ISO感度での明るさのコントロールが非常に重要になり、ノイズへの注意も更に必要です。

高画質な写真を撮るには

気づいている人も多いと思いますが、画質において重要なのは、「良いカメラと良いレンズ。それと良いモニター」です。

つまりお金を出して手に入れるのが画質です。

そして「高画質なカメラを教えて」と言われても、画質とは写真を見た個人の主観に過ぎないので、自分の満足する画質と、答える側が教えるカメラの画質が一致しているとも限りません

相談されても「あなたが満足するカメラを買って」と言うしかない。

変わって、撮影時にできる事といえば、紹介した通りですが、以下のような事くらいしかありません。

  • 低いISO感度で撮る
  • 彩度、コントラスト、シャープネスを上げる

ちなみに、編集(RAW現像)をすれば彩度やコントラストを変更したり、ノイズを減らす事も可能です。

カメラで設定するより細かな調整が可能なので、多くのカメラマンがPCで写真を編集しています。

RAW現像について詳しくはコチラ

Amazon売れ筋ランキング

  • デジタル一眼
  • コンデジ
  • SDカード
  • 三脚
  • カメラバッグ
  1. ミラーレス一眼
  2. デジタル一眼レフ
  3. ミラーレス一眼
  4. デジタル一眼レフ
  5. ミラーレス一眼
    発売日 : 2021年12月23日
    価格 : ¥698,500
    新品最安値 :
    ¥698,500
  6. デジタル一眼レフ
  7. デジタル一眼レフ
  8. デジタル一眼レフ
  9. ミラーレス一眼
  10. ミラーレス一眼
  11. ミラーレス一眼
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥19,800
    新品最安値 :
    ¥19,800
  12. デジタル一眼レフ
  13. デジタル一眼レフ
  14. デジタル一眼レフ
  15. ミラーレス一眼
  16. デジタル一眼レフ
  17. ミラーレス一眼
  18. デジタル一眼レフ
  19. デジタル一眼レフ
  20. デジタル一眼レフ
  1. コンパクト
  2. コンパクト
  3. コンパクト
    発売日 : 2019年03月29日
    価格 : ¥25,400
    新品最安値 :
    ¥25,400
  4. コンパクト
  5. コンパクト
  6. コンパクト
  7. コンパクト
  8. コンパクト
  9. コンパクト
  10. コンパクト
  11. コンパクト
  12. コンパクト
  13. コンパクト
  14. コンパクト
  15. コンパクト
  16. コンパクト
  17. コンパクト
  18. コンパクト
  19. コンパクト
  20. コンパクト
  1. SDカード
  2. SDカード
  3. SDカード
  4. SDカード
  5. SDカード
  6. SDカード
  7. SDカード
  8. SDカード
  9. SDカード
  10. SDカード
  11. SDカード
  12. SDカード
  13. SDカード
  14. SDカード
  15. SDカード
  16. SDカード
  17. SDカード
  18. SDカード
  19. SDカード
  20. SDカード
  1. 三脚
  2. 卓上三脚・ミニ三脚
  3. 三脚
  4. 三脚
  5. 卓上三脚・ミニ三脚
  6. 卓上三脚・ミニ三脚
  7. 三脚
  8. 卓上三脚・ミニ三脚
  9. 三脚
  10. 雲台・ヘッド
  11. 三脚
  12. 卓上三脚・ミニ三脚
  13. 三脚
  14. 三脚
  15. 三脚
  16. 三脚
  17. 三脚
  18. 一脚
  19. 三脚
  20. 三脚
  1. カメラバック・ケース
  2. カメラバック・ケース
  3. カメラバック・ケース
  4. カメラバック・ケース
  5. カメラバック・ケース
  6. カメラバック・ケース
  7. カメラバック・ケース
  8. カメラバック・ケース
  9. カメラバック・ケース
  10. カメラバック・ケース
  11. カメラバック・ケース
  12. カメラバック・ケース
  13. カメラバック・ケース
  14. カメラバック・ケース
  15. カメラバック・ケース
  16. カメラバック・ケース
  17. カメラバック・ケース
  18. カメラバック・ケース
  19. カメラバック・ケース
  20. カメラバック・ケース
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる