このカメラで手持ちで夜景撮れる?という質問に答えられない理由

ブログをやっていると、どんな単語で検索してきたのかがある程度分かります。

そんな中で時々出てくるのが「α7II 手持ち夜景」といった「カメラ+手持ち夜景」の組み合わせです。

確かに夜景ではカメラ本体の性能も重要ですが、それでけではありません。

できれば「このカメラなら手持ち夜景撮れますよ」とアドバイスしたいのですが、なぜそれができないのか。

以下から詳しく説明していきます。

実はどんなカメラでも手持ちで夜景は撮れる

冒頭で「手持ち夜景が撮れるか判断できない」と言ってしまいましたが、実はどんなカメラでも手持ちで夜景は撮れます。

方法としてはカメラにあるISO感度を上げる。
それだけで手持ちの夜景は撮れます。

こんな感じでね

スマートフォンだとちょっと分かりにくいかもしれないので、少し拡大した画像を。

ISO感度とは

ISO感度は電気の力で光を増幅する機能です。

ISO感度を上げると写真が明るくなる半面、電子ノイズまで増幅してしまうので、上げれば上げるほどザラザラとした質感になってきます。

「味」と言えば聞こえはいいかもしれませんが、一般的にはノイズの少ない写真が良いと言われています。

このカメラで手持ちで夜景が撮れる?という質問に答えられない理由

ノイズの許容範囲が分からない

「この”カメラ”で手持ちで夜景撮れますか?」という質問に関しては、カメラのISO感度で答える事になります。

答えは「どのカメラでも手持ちで夜景は撮れます」

しかし問題はISO感度を上げる事によるノイズの許容範囲です。

ノイズの量はプリントする写真のサイズが大きくなれば目立ちますし、小さければ目立ちません。

そしてノイズの許容範囲やプリントのサイズは人それぞれ違います

ISO感度に関しては訊かれても判断が難しいです

夜景などの暗い場所での撮影はいかにISO感度を下げて撮るかが重量になってきます。

以下から手持ち夜景について回答できない理由を解説しつつ、ISO感度を下げる方法も紹介ていきます。

レンズの明るさが分からない

ISO感度を下げるために一番重要なのがレンズの明るさです。

レンズの明るさ

レンズの明るさの事をF値と呼びます。

F値はレンズを購入する時に一番重要と言っても過言ではない項目の一つです。

F値は低ければ低いほど、取り入れる光の量が多くなります。

つまりF値が低いレンズにすれば「取り入れる光が多い=ISO感度を下げられる」という事になります。

手持ちの夜景ではF1.8やF1.2などのF値の低いレンズを使うのが基本です。

カメラに付いてくる純正レンズはF3.5くらいのレンズが多く、これくらいでは手持ちで夜景を撮るのに十分とは言えません。
(最初に書いたようにISO感度を上げれば写真は撮れますが)

そしてどんなF値のレンズを使うかは僕には分からないのでアドバイスができません。

ひといき

F値を上げて(絞って)撮影すると上の画像のように光芒を出す事ができます。

光芒を出すために絞ってしまうと、取り入れる光の量は減ってしまい、手持ちでの夜景は更に困難になってきます。

シャッタースピードが分からない

シャッタースピードとは

シャッタースピードは名前の通り光を取り入れる時間です。

シャッタースピードを短くすれば、光を取り入れる時間は短くなり、シャッタースピードを長くすれば、光を取り入れる時間が長くできます。

シャッタースピードを長くすれば手ブレが目立つようになるので注意が必要です。

光を取り入れる時間を長くすれば、そのぶんISO感度を下げる事ができます

しかしシャッタースピードを闇雲に伸ばしても、今度は手ブレといって画像がブレてしまう事があります。

手ブレは広角レンズの方が目立ちにくく、望遠になるほど目立ってきます。

具体的な数字が気になれば下のカードで少し触れているので参考程度にどうぞ。

流し撮りの練習に最適なレンズの焦点距離とシャッタースピードってどれくらい?

2018年4月18日

最近のレンズには手ブレ補正という機能が搭載されているレンズも多くあります。

手ブレ補正は名前の通り手ブレを軽減する機能で、手ブレ補正が備わっているカメラなら長いシャッタースピードでも手ブレが起こりにくいです。

どんな画角のレンズで、手ブレ補正の搭載の有無も分からないのでアドバイスができません。

まとめ

「カメラ+手持ち夜景」という検索に対して答えられない理由をまとめてみましたが いかがでしたか?

「この”カメラ”で手持ち夜景が撮れますか?」と訊かれても、重要なのはカメラだけではありません。

レンズのF値や焦点距離も手持ち夜景の重要なポイントの一つだという事をお忘れなく。

「カメラ+レンズ+手持ち夜景」とかで検索されたらどう答えよう…

やっぱり三脚が最強

手持ち夜景について話ましたが、夜景の撮影は三脚が一番です。

ISO感度を下げても光芒を出すためにF値を上げても、手ブレと無縁なのでいくらでもシャッタースピードが伸ばせます。

”シャッタースピードが伸ばせる=ISO感度が下げれる”という事なので、画質が良い状態で写真を撮る事ができます。

F値の低いレンズは高価なレンズも多いですし、色々な汎用性を考えると三脚は持っておいた方がいい周辺機器の一つです。

手持ちで無理矢理夜景を撮るより、三脚を持って撮影した夜景の方が絶対に綺麗に写りますよ

関連コンテンツ