流し撮りの練習はシャッタースピードを手ブレするギリギリに設定せよ!

当ページのリンクには広告が含まれています。
キャンペーン情報

4月8日まで春のセール中

プロモーションコード

\oredejiNEOで更に割引き/

3月29日まで決算セール中

写真は基本的に手ブレしなければOKである事から、あまり注目されないシャッタースピード。

その延長に長時間露光があり、カメラを三脚に据える事で星空や夜景の撮影が可能になります。

この中間に当たる撮影方法が流し撮りという技法でしょうか。

手持ちで手ブレを味方つける撮影方法は、撮影者の技術が大きく左右します。

練習必須とも言える撮影テクニックなので、その練習方法について解説します。

目次

手ブレのギリギリが分かれば流し撮りもいける

150mm相当 シャッタースピード1/50sec

手ブレを利用して撮影する流し撮りですが、手ブレが起こるか否かはレンズの焦点距離によっても違いがあり、広角の方が手ブレは目立たなく、望遠になるほど手ブレが目立つようになってきます。

つまりレンズの焦点距離によって流し撮りに最適なシャッタースピードは変わるため、「シャッタースピード1/10秒くらいから練習しましょう」と簡単に言う事ができません

そこで、練習の目安として手ブレしないギリギリのシャッタースピードを目安にしてみましょう。

一般的に、手ブレは焦点距離分の1秒を超えると起こりやすくなると言われています。

例えば50mmのレンズを装着しているなら、1/50秒。600mmのレンズを装着しているなら1/600秒です。

このシャッタースピードは、手ブレしないギリギリの目安ですが、油断すると手ブレが起こるシャッタースピードでもあります。まずはここを目安にスタートしてみましょう。

シャッタースピード優先オートに設定し、自分が使いたい焦点距離を目安にシャッタースピードを決めます。

焦点距離をAPC-Cの場合は1.5倍、MFTでは2.0倍にする事をお忘れなく。

流し撮りの練習にオススメの設定

  • 撮影モード:シャッタースピード優先オート
    • シャッタースピード 1/焦点距離
    • ISO感度オート
  • ドライブモード:連写
  • フォーカスモード:AF-C
  • 手ブレ補正:ON

意図としない方向へのブレ対策で僕は手ブレ補正はONにしています。

注意点として、日中の撮影において流し撮りはそこそこの長時間露光です。

絞りを閉じてもISO感度を下げても露出が高めとなる場合は、NDフィルターを使用して光量を下げる必要があります。

ケンコー(Kenko)
¥4,192 (2024/04/15 12:23:35時点 Amazon調べ-詳細)

単なる練習なら夜の方がロケーションは最適です。

被写体との距離や動きが最も重要

35mm相当 シャッタースピード1/20sec

流し撮りにおいて難しい事は、シャッタースピードより被写体との距離感や速度に合わせる事です。

いくらシャッタースピードを手ブレするギリギリに設定していても、肝心の被写体の動きが遅くては変化のある流し撮りは撮れません。これは被写体との距離においても同様です。

動きが出る動きが出ない
距離近い遠い
速度速い遅い

こればかりは実際に撮影してみないと何とも言えません。

紹介したシャッタースピードより短くても、被写体が近かったり、速度が速かったりすれば流し撮りが撮れるケースも十分にあり得ます。

つまり、流し撮りにおいてシャッタースピードは状況に応じて臨機応変に対応するしかありません。

「習うより慣れろ」とはこの事だな。

ケンコー(Kenko)
¥4,192 (2024/04/15 12:23:35時点 Amazon調べ-詳細)
キャンペーン情報

4月8日まで春のセール中

プロモーションコード

\oredejiNEOで更に割引き/

3月29日まで決算セール中

目次