風景写真の加工しすぎ問題について。これは半永久的に解決しないと思う件。

インスタグラムなどで簡単に人の作品を目にできるようになってきた昨今。

「これどう見ても加工だよね」という写真も多く見かけます。

確かに綺麗な写真はたくさんありますけど、加工だと思うと魅力も半減してしまいますよね。

この記事ではそんな写真の加工について解説していきたいと思います。

目次

無加工のRAWデータって知ってる?

加工していない画像の事を知っていますか?

無加工の画像の事を「RAW(ロー)データ」と言います。

正確にはRAWデータは画像ですらないのですが…

RAWデータは一眼カメラで写真を撮る人にとってはお馴染みなのですが、RAWデータは一般的にはあまり浸透していません

その理由には以下の事があります。

RAWデータが浸透していない理由
  • データ量(ファイル容量)が大きい
  • RAWデータを見るには専用のソフトが必要
  • カメラの機種ごとにデータが異なる

そこでRAWデータは軽量で扱いやすいJPEGと呼ばれる画像データに変換されます。

皆さんがスマートフォンで撮った写真や、SNSなどで見る写真はほぼ100%JPEGです。

スマートフォンで撮影をすると下記の流れで写真を画像として保存します。

STEP
シャッターを押す
STEP
RAWデータを作成
STEP
Jpegに変換
STEP
保存

RAWデータはこの時点で削除

そしてRAWデータからJpegに変換させる時に既に写真は「加工」されています

つまりJpegは全て加工された画像データです。

Jpeg撮って出しの写真も無加工とは呼べない

写真を撮って、RAWデータから編集操作をする事なくJPEG出力された写真をJPEG撮って出しと呼びます

編集操作をしていないので、無加工のように思えますが、カメラメーカー(スマートフォン含む)側が設定した形で圧縮加工されてJpeg出力されています

自分で加工した覚えは無くても、無加工であるRAWデータがJPEGに変換された時点で加工された画像です。

Jpeg撮って出しが見たままの風景である事もまずありません。

カメラマンにとっては馴染み深いRAWデータ

一眼カメラを使うプロカメラマンやアマチュアカメラマンにとってRAWデータはとても馴染み深い物です。

上で簡単に書きましたが、RAWデータはファイルサイズが大きいぶん、色のデータが最も多いのです。

RAWデータは後で編集するためのデータでもあり、RAWデータを編集した方がJPEGの画像を編集するより画質の劣化が起こりません。

後で編集する作業を考えて、カメラマンの多くはRAWデータを残しています。

写真は常に綺麗に撮るという目標を掲げている

カメラの歴史は長く、いつの時代も綺麗に残すという事を主体に技術は発展し、今も尚、発展の途中です。

写真という字は真実を写すと書きますが、現在も真実をそのままに写す事はできないのです。

それは光がレンズを透過するという仕組み上、いくつかの光がきちんと透過しなかったり、光を受けるイメージセンサーが正しく色を表現できなかったりするからです。

イメージセンサーが生成するRAWデータにはとても小さな色のデータさえも記録されており、編集作業でこの小さな色を引き出す事も可能です。

昔からある写真の加工技術

加工というと現在の技術のようですが、写真は昔から様々な手法で手が加えれれてきました。

そんな例をいくつか紹介しましょう。

フィルム時代からある編集の一部
  • 露出補正(明るさの変更)
  • トリミング(切り取り)
  • コントラスト(メリハリ)

過去に戻る事は加工に含まれるか

現在はカラー写真が一般的ですが、昔はモノクロ写真が主流だった事を知っている人も多いと思います。

今、モノクロ写真を撮ろうと思うと、JpegやRAWデータからモノクロに変換する必要があります。

また現在のレンズは過去のレンズより描写が良くなっている分、ハイコントラストでメリハリがあります。

編集技術を使って、昔のレンズのようにコントラストを落とす事は編集に含まれるでしょうか。

古い写真のように表現する編集については、加工か否か、判断する人によって左右されるポイントのひとつではないでしょうか。

「写真は加工が当たり前」という視点も必要

カメラは人の目以下であり、人の目以上でもある

写真は真実を写せないと紹介してきましたが、これを逆手にとって人の目には見えない写真を撮る事も可能です。

カメラにはシャッタースピード(露光時間)という設定があり、一定の時間、光を蓄える事ができます。

この機能を使って撮る写真として有名なのが星空の写真で、肉眼では見えない星の光まで捉える事ができます。

ストロボの光は人工的な瞬間光

また、カメラの周辺機器としてストロボを知っている人は多いでしょう。

インスタントカメラにも搭載される、いわゆるフラッシュという道具です。

カメラはストロボの一瞬の光を捉えて写真にします。

お宮参りやフォトウェディングで利用するフォトスタジオの光はほぼ100%がストロボの光です。

ストロボは人工的に作られた光ですが、そんな写真を見て「加工じゃん」なんて言いませんよね。

嘘まみれの広告写真

こういう言い方は良くないかもしれませんが、写真は嘘をつくのが当たり前という一面もあります。

代表的なものが化粧品の広告写真。

モデルの肌は赤ちゃんのように綺麗で、毛穴なんて一つも見えません。

それは写真が加工されているからです。

そんな広告写真に「嘘の写真だ!」という人はいませんし、むしろ加工され写真を見て、商品を購入する人もたくさんいます。

本来は商品を売る広告写真の方が嘘をついてはいけないはずですが、何故か風景写真の加工の方が否定されがちです。

加工のラインなんて決められない

時々他人の作品を見て「加工しすぎ」と文句を言う人もいます。

「じゃあどこまでが加工なの?」と聞くと、人によって返ってくる答えはバラバラでしょう。

紹介してきたように、写真はあらゆる手段で加工されており、明確なラインはありません

数値化できる要素でもないので、「自分が加工しすぎだと思ったから」という主観にしかすぎません。

結局は自分の好みじゃないだけなんだよね。

Amazon売れ筋ランキング

  • デジタル一眼
  • コンデジ
  • SDカード
  • 三脚
  • カメラバッグ
  1. ミラーレス一眼
  2. ミラーレス一眼
  3. デジタル一眼レフ
  4. ミラーレス一眼
  5. ミラーレス一眼
  6. デジタル一眼レフ
  7. デジタル一眼レフ
  8. デジタル一眼レフ
  9. ミラーレス一眼
  10. ミラーレス一眼
  11. ミラーレス一眼
  12. ミラーレス一眼
  13. デジタル一眼レフ
  14. ミラーレス一眼
  15. ミラーレス一眼
  16. デジタル一眼レフ
  17. ミラーレス一眼
  18. デジタル一眼レフ
  19. ミラーレス一眼
  20. ミラーレス一眼
  1. コンパクト
  2. コンパクト
  3. コンパクト
  4. コンパクト
  5. コンパクト
  6. コンパクト
  7. コンパクト
  8. コンパクト
  9. コンパクト
  10. コンパクト
  11. コンパクト
  12. コンパクト
  13. コンパクト
  14. コンパクト
  15. コンパクト
  16. コンパクト
  17. コンパクト
  18. コンパクト
  19. コンパクト
  20. コンパクト
  1. SDカード
  2. SDカード
  3. SDカード
  4. SDカード
  5. SDカード
  6. SDカード
  7. SDカード
  8. SDカード
  9. SDカード
  10. SDカード
  11. SDカード
  12. SDカード
  13. SDカード
  14. SDカード
  15. SDカード
  16. SDカード
  17. SDカード
  18. SDカード
  19. SDカード
  20. SDカード
  1. 三脚
  2. 三脚
  3. 三脚
  4. 三脚
  5. 三脚
  6. 三脚
  7. 卓上三脚・ミニ三脚
  8. 三脚
  9. 雲台・ヘッド
  10. 三脚
  11. 卓上三脚・ミニ三脚
  12. 三脚
  13. 一脚
  14. 三脚
  15. 卓上三脚・ミニ三脚
  16. 卓上三脚・ミニ三脚
  17. 三脚
  18. 脚パーツのみ
  19. 卓上三脚・ミニ三脚
  20. 卓上三脚・ミニ三脚
  1. カメラバック・ケース
  2. カメラバック・ケース
  3. カメラバック・ケース
  4. カメラバック・ケース
  5. カメラバック・ケース
  6. カメラバック・ケース
  7. カメラバック・ケース
  8. カメラバック・ケース
  9. カメラバック・ケース
  10. カメラバック・ケース
  11. カメラバック・ケース
  12. カメラバック・ケース
  13. カメラバック・ケース
  14. カメラバック・ケース
  15. カメラバック・ケース
  16. カメラバック・ケース
  17. カメラバック・ケース
  18. カメラバック・ケース
  19. カメラバック・ケース
  20. カメラバック・ケース
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる