上手い下手は誰が決める?写真を知らない人が写真を評価することの問題性

カメラとSNSが普及したことで、それを通じたフォトコンテストも盛んに行われているように思います。

これまではフォトコンテストと言えば、写真雑誌や各イベントが多かったですが、写真の参入の敷居が下がったことで、至る所でフォトコンテストが開かれています。

これまでのフォトコンテストは悪くいうと閉鎖的で、応募用紙の記入などの手間もあるので、一部の写真好きしか投稿していませんでした。

写真がデジタルになったことで、写真の応募もPC1台で全てができるコンテストも多く、フォトコンテストはかなりオープンな場になってきました

投稿が簡単になった反面、評価の仕方はどうなのでしょうか。

僕は至る所でコンテストが開催されているため、多くの審査員が必要になり、結果として審査員の質が低下しているのではないかと思います。

写真をやった事がない市長が写真の審査をするのとかね。

目次

「好き」「きれい」は評価ではない

写真の評価というのはとても難しいものです。「フィーリング」などで片付けられるものではありません。

料理に例えるなら、バーモントカレーが美味しいからといって、専門店で食べる本格的なインドカレーの評価ができるわけではありませんよね。

この美味しさの違いが評価できる人にしか料理の評価はできません。

料理だけではなく、全てのジャンルにおいて、評価というのは専門家の行うものです。

お笑い芸人の「ウマッ」っという食レポや、オッサンの「ヘタクソ!!」というプロ野球への野次は評価とは言いません。

評価をするにはそれなりの知識と経験がある人がするのです。

バーモントカレーは間違いなくウマい!

評価ってこんなに難しい

評価の場というのは、美味しいインドカレーがたくさん出てくる場所です。

このインドカレーの違いを「スパイスの比率」「食材の切り方」などを比較して、総合的な順位を付けるのが評価であり審査です。

カレーを美味しい順に並べるだけなら、僕でも小学生にでもできます。

写真の評価はSNSに移る?

とある人に、「写真の評価はコンテストからSNSに変わってきている」「素人でも良い写真と思える事が重要」と言われた事がありますが、僕はそれは違うと思っています。

  • 写真のどこがどう良いのか説明できない
  • 写真がどのように編集されているのか分からない

そんな人は、写真を評価できるという土台に立っていないのではないでしょうか。

カレーを食べて「美味しい」という感想しか出ない人にカレーの評価はできません。
写真を見て「きれい」と言う感想しか出ない人に写真の評価はできません。

カレーのコンテストでバーモントカレーが入選したらみんな納得できる?

良い写真が出てくるのは当たり前

さまざまな趣味において言える事ですが、カメラもどんどん簡単になっています。

  • 露出(明るさ)のコントロール
  • 撮影枚数の制限
  • ピントの制御
  • 写真プリント

これらは昔は大きな制約があり、撮影者が手動でコントロールしていましたが、現在は技術の向上によってほぼ解決されています。

技術の発展によって簡単に撮れるようになったものの例
  • 星空
  • 花火
  • 写真の編集作業

つまりカメラのエンジンが発展している以上、良い写真が大量に出てくるのは当たり前の事なのです。

バーモントカレーはHouseの技術の結晶

撮るのは簡単になりましたが、そんな中でも技術は存在します。

  • 鳥の生息地や生態の撮り方
  • 星空での天候や流れ星の撮影
  • ポジションやレンズ選びが秀逸な花火

簡単になった写真撮影から、カメラマンの技術を読み取る力がある人が写真を評価できる人と言う事ができます。

写真は撮るまでのプロセスが最重要項目

僕はバーモントカレーばかり作るので、インドカレーの評価はできません。

しかし趣味で写真を撮っているので、写真の評価のポイントなら少し紹介できます。

写真の評価のポイント
  • 構図
  • 太陽の位置
  • 天候
  • 人物の表情や距離感
  • 偶然性や必然性
  • タイトルのメッセージ性

深堀りをすれば、もっと細かくなりますし、被写体のジャンルによって評価のポイントも様々です。

料理と同じで奥が深すぎるんや…

更に写真の評価の難しいところは、「同じ場所で同じ設定で撮れば同じ写真になる」という事です。

素人でもプロカメラマンと同じ場所に立って、同じカメラとレンズを持って、同じ設定にすれば、同じ写真になります。

写真の評価とは、1枚の写真から撮影地の状況やポジションの選び方、カメラの設定を読み取り、そこから意外性や難易度を評価する作業です。

これができるのは、ごく限られた人だけでしょう。

加工だらけの写真を見抜けるか

写真は今も昔も現場での撮影が第一です。

しかし現場で100%の写真が撮れても、カメラやレンズの性能によって90%になってしまう事があります。

写真編集とはそんな90%の写真を補正をして、100%に近づける作業です。

そんな写真編集ですが、編集ソフトの美味しい所を利用して、50%の写真を90%に見せる人が多くいます

それはどんどん過剰になっており、素人目には「こんなの見たことない」=「写真の技術が凄い」という感想を持つ人も多いです。

「こんなの見た事ない!」ではなく「本当は存在しない」のかも。

写真の加工の前後が見れます

詳しい応募要項が出せない

フォトコンテストに限った話ではなく、写真の撮影を依頼する場合も含めて、具体的な指摘が多い方が依頼者の目的としている写真が送られてきます

「自分には無理だな」という諦めや、「やった事ないけど、挑戦してみよう」という線引きになるので、撮影者側としてもメリットばかりです。

下記は僕が今まで見てきたフォトコンテストの中で一番良かった応募要項です。

未発表作品。

個人のブログ、ウェブサイトなどに掲載されたものは構いません。

他のフォトコンテスト等に応募や入選している写真はご応募できません。

合成、変形不可。

表紙に採用された場合は、表紙サイズ(B5判)に合わせトリミングして掲載させていただきます。軽度の露出や色調の補正をする場合があります。

動植物の個体を主題とする写真は、野生のものに限ります。(風景の一部や文化などを主題とする場合は除く)

餌付け、立ち入り禁止区域での撮影、繁殖の妨げとなる撮影など、自然環境に悪影響を与える方法で撮影したものは不可。

顔が分かる状態で人物が写っている場合は、応募にあたりその人物の許可をとってください。

応募作品は返却いたしません。

【作品募集!】第9回会報『自然保護』表紙フォトコンテスト<6/1~9/30>  – 日本自然保護協会オフィシャルサイト

「加工不可」という指示は写真愛好家からすると、めちゃくちゃ不親切です。

Jpegは全て加工された写真です。

評価には責任が伴う

写真の審査?うーん写真はわからないけど、綺麗なコレにしておこう!

そんなフォトコンテストの今後を考えてみましょう。

発行される雑誌では、市長賞「加工しまくりの夏の空」です!!という紹介をされるのでしょう。

そんな雑誌を見れば、写真経験の少ない人は「こんな写真が良いのか!」と思い、その写真に近い加工だらけの写真を量産していきます。

その写真が私有地や立入禁止エリアで撮影されたものなら、マナー違反をするカメラマンも増えてきます。

写真経験のある人は「この程度の評価しかできないのか」と思い、今後そのコンテストに応募する事はありません

つまり未経験者の視点でも、経験者の視点でも、デメリットしか存在しないのです。

そんなコンテストが長く続けば、最終的に写真界隈から「あそこのコンテストはダメだ」というレッテルすら貼られるでしょう。

一般人目線ではどうでしょうか。

「この観光地すごくキレイ」と思って現地に足を運んでも、「写真と違った」という感想が出てきては、発信する側としても面白くありませんよね。

写真の評価は写真をやっている人にしかできない

フォトコンテストを開くのは良いのですが、評価や順位をつけるなら写真家や評論家を招致して責任のある物にするべきだと僕は思います。

SNSでの拡散も同様です。拡散するなら責任を持って拡散する事。

ちょっと厳しい感じで書いてしまいましたが、「好き」「きれい」という言葉はどんどん発していきましょう

「お父さんのカレーは美味しい」と言われるのは間違いなくモチベーション上がりますし、写真も同じです。

俺のはバーモントカレーだけどな

Amazon売れ筋ランキング

  • デジタル一眼
  • コンデジ
  • SDカード
  • 三脚
  • カメラバッグ
  1. ミラーレス一眼
  2. ミラーレス一眼
  3. デジタル一眼レフ
  4. ミラーレス一眼
    発売日 : 2021年12月23日
    価格 : ¥698,500
    新品最安値 :
    ¥599,500
  5. デジタル一眼レフ
  6. デジタル一眼レフ
  7. ミラーレス一眼
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥24,800
    新品最安値 :
    ¥24,800
  8. デジタルカメラ
  9. デジタルカメラ
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥8,125
    新品最安値 :
    ¥8,125
  10. デジタルカメラ
  11. ミラーレス一眼
  12. デジタルカメラ
  13. デジタルカメラ
  14. デジタルカメラ
  15. デジタルカメラ
  16. デジタルカメラ
  17. デジタルカメラ
  18. デジタルカメラ
  19. デジタルカメラ
  20. デジタルカメラ
  1. コンパクト
  2. コンパクト
  3. コンパクト
  4. コンパクト
  5. コンパクト
  6. コンパクト
  7. コンパクト
  8. コンパクト
  9. コンパクト
  10. コンパクト
  11. コンパクト
  12. コンパクト
  13. コンパクト
  14. コンパクト
  15. コンパクト
  16. コンパクト
  17. コンパクト
  18. コンパクト
  19. コンパクト
  20. コンパクト
  1. SDカード
  2. SDカード
  3. SDカード
  4. SDカード
  5. SDカード
  6. SDカード
  7. SDカード
  8. SDカード
  9. SDカード
  10. SDカード
  11. SDカード
  12. SDカード
  13. SDカード
  14. SDカード
  15. SDカード
  16. SDカード
  17. SDカード
  18. SDカード
  19. SDカード
  20. SDカード
  1. 三脚
  2. 三脚
  3. 三脚
  4. 卓上三脚・ミニ三脚
  5. 三脚
  6. 一脚
  7. 三脚
  8. 三脚
  9. 三脚
  10. 雲台・ヘッド
  11. 卓上三脚・ミニ三脚
  12. 三脚
  13. 卓上三脚・ミニ三脚
  14. 三脚
  15. 三脚
  16. 三脚
  17. 三脚
  18. 卓上三脚・ミニ三脚
  19. 三脚
  20. 三脚
  1. カメラバック・ケース
  2. カメラバック・ケース
  3. カメラバック・ケース
  4. カメラバック・ケース
  5. カメラバック・ケース
  6. カメラバック・ケース
  7. カメラバック・ケース
  8. カメラバック・ケース
  9. カメラバック・ケース
  10. カメラバック・ケース
  11. カメラバック・ケース
  12. カメラバック・ケース
  13. カメラバック・ケース
  14. カメラバック・ケース
  15. カメラバック・ケース
  16. カメラバック・ケース
  17. カメラバック・ケース
  18. カメラバック・ケース
  19. カメラバック・ケース
  20. カメラバック・ケース
目次