曇りの日に外で子供の写真を撮るべき3つの理由

「外で子どもの写真を撮ろう」と思って外を見てみると外が曇っててどんより。
「これじゃ良い写真は撮れないかな」なんて思っていませんか?

曇りの日って風景を撮るには向いていないかもしれませんが、人物(特に子ども)を撮るにはとても良い条件なんです。

この記事ではその理由について紹介していきます。

太陽光での撮影ってこんなに大変

太陽光は直進する光です。
太陽光の直進する光では、被写体(子供)の立ち位置がとても重要になってきます。

ポートレート(人物)撮影の基本は逆光で太陽を背にして撮影すると綺麗な写真が撮れます。
サイド光(横からの光)も人物のエッジが際立ってこちらも良い演出をしてくれます。

一番良くないのは順光で、太陽光が被写体の正面に来る場合です。
太陽光を正面から受けると、被写体に証明写真のようなクッキリとした影ができ、何より眩しくて良い顔が撮れません。

太陽光が出ていると立ち位置だけでこれだけ大変な作業です。

曇りの特徴

雲があると太陽光は雲の中で拡散されて地上に一定の柔らかい光となって降りてきます。

すると下の画像のように
「影ができない。けど明るい」という状態になります。

これが曇りの大きな特徴です。
そしてこの特徴が子どもを撮るのに向いている光の条件だと言えます。

曇りの日に子どもを撮影するメリット

どの位置にいても綺麗に撮れる

子供は動くもの。
これはなかなか変えようがありません。

前述した通り、晴れの日の撮影は太陽の位置に応じた被写体の立ち位置がとても重要です。
しかし子どもは立ち位置の指示なんて聞いてくれませんし、自分の好きなように動いている様子もまた子どもらしさの一つです。

曇っていればどこにいても同じように光が当たるので、太陽の位置を気にする必要がありません。

コントラストが低く、柔らかい印象に

曇っていると影ができなくなり、明るい部分と暗い部分の明暗差が少なくなります。

太陽光で撮影すると、せっかくの笑顔に影が入ったりする事がありますが、曇りのコントラストの低い写真はフワッとした柔らかい印象に仕上がるので、子どもの笑顔にピッタリの環境です。

雲は天然のディフューザー

人物の撮影においてフラッシュはとても重要な機材の一つです。
フラッシュはカメラの周辺機器として有名な機材のひとつですが、フラッシュも太陽光と同じように直進する光です。
そこでフラッシュを使った撮影ではフラッシュの光をアンブレラやソフトボックスを使って柔らかい光にして使います。

雲によって拡散された太陽光は雲の中で拡散されて柔らかい光となります。
フラッシュを使わなくても、自然光だけでも十分に綺麗に撮影する事ができます。

プラスαでフラッシュを使っても太陽光が弱い分、フラッシュのパワーに余裕ができるので、フラッシュを使った撮影でも曇りは良い条件のひとつです。

撮影のポイント

アングル

子どもの撮影の基本ですが、アイレベル(子どもと同じ目線)が基本です。

ローアングルも動きが出るのでおすすめ。

一番良くないのは立ったまま撮影するハイアングル。
子どもが自分の方を向いていない時は、頭が写ってしまうのでおすすめできません。

シャッタースピード

動いている子どもはシャッタースピードがとても重要です。
特に曇りの日は、晴れに比べて暗いので、シャッタースピードが伸びて手ブレや被写体ブレしがちです。

おまかせオートで撮影している人はスポーツモードに切り替えるとシャッタースピードが短くなりブレを抑える事ができます。

もう少しカメラに踏み込んでいる人なら、マニュアルモードにして絞り解放、シャッタースピードを1/500くらいに設定し、ISO感度で露出を決めましょう。
曇りの特徴で書いた通り、曇っているとどの場所でも光はほぼ一定です。
一度マニュアルで設定してしまえば、あとはあまり設定を変更する必要もありません。

フォーカスモード

動き続ける子どもを追いかけるために、常にAFが作動し続けるAF-Cがおすすめです。

あまり子どもが動かないならAFのON、OFFを自動で切り替えるAF-Aでも良いかもしれません。

その他

取り逃しが無いように、シャッターを押した後に仕上がりを確認するオートビュー機能はOFFにしておきましょう。
仕上がりは帰ってパソコンでじっくりする方がいいです。
動きまくるなら連射モードでの撮影もおすすめです。

曇りのメリットで書いたとおり、雲があるとコントラストが下がります。
写真にメリハリが無いようなら、コントラストや彩度を上げて調節しましょう。

レンズ

動き回る子どもを撮影するには中望遠がおすすめです。
焦点距離は70~135mmくらいです。

APS-Cセンサーなら50~85mm、マイクロフォーサーズなら40~70mmくらいのレンズです。

曇り日の撮影は取り入れる光の量が多い、F値の低い明るい単焦点レンズがおすすめです。

APS-Cソニー用

マイクロフォーサーズ用

SIGMA 単焦点望遠レンズ Art 60mm F2.8 DN ブラック マイクロフォーサーズ用 350635
  • シグマ(Sigma)
  • 価格   ¥ 41,340
  • 販売者 欧米輸入販売オフィス

余談

撮影が終わって、パソコンで仕上がりを確認していると、子どもの顔がヨダレだらけでNGカットばかりでした。
自然体と言うと聞こえはいいですが、子どもがこの写真を残して喜ぶのかを考えると僕の判断はやっぱりNG。

カメラのライブビューで時々確認はしていたのですが画面が小さいのでヨダレまで見えていませんでした。
やっぱり一番間違いないのは自分の目でしっかりと子どもを見てあげる事です。

ここは次回に生かさなくては。

まとめ

曇りは写真にとっては良いコンディションではないかもしれません。
しかし外で元気に動く子どもを撮るには絶好の写真日和です。

「曇りだから」と肩を落とさずに、この雲を存分に活用して写真を撮りましょう!

また曇りは単純に暑くないので過ごしやすいです。
長時間の撮影も可能ですが、くれぐれも自分も子どももしっかりと水分を取りながら撮影に挑みましょう。

関連コンテンツ