赤ちゃんの写真撮影における一眼カメラとレンズを考える

赤ちゃんが生まれると欲しくなってくるカメラ。
既にカメラを持っている人も赤ちゃんを撮るためのレンズが欲しくなってくるのではないでしょうか。

この記事では新生児から1歳頃までの赤ちゃんの撮影におけるカメラとレンズの考えをまとめました。

後半では赤ちゃんの撮影においておすすめのカメラやレンズを紹介していきたいと思います。
なるべく手の出しやすい価格のカメラやレンズを紹介していくので、最後まで読んでもらえれば嬉しいです。

レンズの種類

順番が逆のような気がしますが、先にレンズの話から。

というのも写真の写りというのは、カメラ本体よりレンズの性能の方が重要です。まずはレンズの選び方から紹介していきます。

レンズには大きく分けて、ズームレンズと単焦点レンズの2種類がありますが、赤ちゃんの撮影においては単焦点レンズをおすすめします。

単焦点レンズとは

単焦点レンズはズームができないレンズです

単焦点レンズはズームができない代わりに大きなボケを作る事ができます
ボケる事で被写体が際立ち、クッキリと一眼カメラらしい写真が撮影できます。

また単焦点レンズは取り入れる光が多く、暗い場所も得意です。
クリスマスや誕生日など、部屋を暗くするイベントでも活躍します。

レンズの画角を考える

モデルに子供用のぬいぐるみを持って大きさの比較にしてみました。どれも同じ体勢で撮影しています。
ぬいぐるみの大きさもですが、周囲の部屋の広さにも注目してください。

マストバイは35mm

標準域よりやや広い画角です。

画角が広いので撮影している場所の雰囲気まで撮影できます。
何気なくボケて映り込んだ赤ちゃんのおもちゃや、転倒対策のマットなども当時の状況を語る大切な要素なので、写真に残しておきたいポイントの一つです。

外出している時は、近くにいるくにいる赤ちゃんと奥さん(旦那さん)を撮る時にもサッと出してすぐに使えます。

35mmはこう使う

『主役の赤ちゃんをしっかり写しつつ、当時の状況も副題として残す』

  • 基本的な室内での撮影
  • 副題として室内の状況も一緒に残したい
  • 近くにいる赤ちゃんと奥さん(旦那さん)を撮る時

作例

やっぱり使える50mm

目で見た風景と同じくらいの画角です。
標準レンズとも言われ、単焦点レンズの鉄板とも言えるレンズです。

赤ちゃんからやや離れて撮影する事が多くなります。

被写体が二人以上の時は特に50mmが活躍しました。
具体的には赤ちゃんを抱っこしている奥さん(旦那さん)とか、おじいちゃん、おばあちゃんとか。

50mmはこう使う

『少し離れて「一人でできるようになったよ」』

  • 寝返りやお座り、つかまり立ち
  • 家族写真やお宮参りの記念撮影

作例

人物撮影の鉄板85mm

中望遠と呼ばれる、標準域と望遠域の中間にあたるレンズです。モデルの撮影などでよく使われます。

中望遠は慣れるまで少し使いにくいですが、上手くハマればやっぱり綺麗です。中望遠なので離れて撮影する必要があります。

部屋の広さによって使いにくい面もあるので、赤ちゃんが外で歩けるようになれば欲しくなりそうです。

85mmはこう使う

『主役は赤ちゃん!ただ一人!!』

  • 赤ちゃん以外に余計な物を写したくない
  • 屋外での撮影
  • 瞳や手の一部分をピックアップ

作例

赤ちゃんの撮影におすすめのカメラ

赤ちゃん用カメラを選ぶポイント
  • しっかりグリップできる
  • 軽量
  • ファインダー搭載

上記の3つです。

グリップや軽さは片手での撮影を考慮しています。

基本的に片手は赤ちゃんをあやしているので、片手での撮影が多くなります。

ファインダーは手ぶれの軽減です。

ファインダーを覗くと脇が締まり、撮影しやすく疲れにくいです。

高級コンデジという選択肢も

「レンズ交換なんて面倒だよ」という人は高級コンデジはいかがでしょうか。
レンズ交換無しでしっかりとボケた写真が撮れます。

詳しくは下の記事に書いてあります。

カメラデビューに高級コンデジという選択肢

まとめ

私は子供が生まれる前から写真にハマっていましたが、写真が趣味で本当に良かったと思っています。

子供の成長が写真に残るって思っていた以上に楽しいです。

我が家では1ヵ月周期で定期的に子供の撮影をしています。

特に赤ちゃんの頃は成長が速いので半年経っただけでも「こんなに大きくなったのか」と思うほどです。

手軽に残せるスマートフォンも良いですが、一眼カメラでひと手間かけた写真の写りもまた格別です。

こんな記事も書いてみました

赤ちゃんの成長記録で使いたい3つの撮影アイディア

関連コンテンツ