無料のRAW現像ソフトを4本導入したけど、ほぼ使い物にならなかった

当ページのリンクには広告が含まれています。
キャンペーン情報

4月8日まで春のセール中

プロモーションコード

\oredejiNEOで更に割引き/

3月29日まで決算セール中

写真編集をしようと思って、一番に立ちはだかる壁が「どのRAW現像ソフトを使うか」という問題です。

安く済ませたいという気持ちが先行する事が多く、メーカー純正のRAW現像ソフトを使う人も多くいます

ただ、「メーカー純正だから良い」という事もなく、例えばソニーのImageig Edgeはイマイチでした。

キヤノンの純正は評判良いよね。

ソニーのRAW現像ソフトがイマイチだった事から、次にAdobe Photoshop Lightroomを使用したところ、満足のいくソフトだったので現在もLightroomを使用しています。

そんなLightroomのネックとなるポイントが料金形態がサブスクリプション(年間or年間)契約という事です。

昔はLightroomも買い切り版がありましたが、現在はサブスクのみです。

カメラを始めた当時は無料のRAW現像ソフトの存在など全く知らなかったのですが、この記事を作成するにあたって、無料のRAW現像ソフトを探してみると下記のように意外と種類が多いんですね。

  • RAW Rherapee
  • Photo Director Essential
  • Fotor Photo Editor
  • darktable

ワンチャン、Lightroomからの移行も踏まえて、インストールしてみたので、使用感をレビューしていきたいと思います。

基本的にLightroomとの比較のようになっています。

目次

ほぼ使い物にならなかった

序盤にして残念なお知らせなのですが、使った結果として、ほぼ使い物になりませんでした。

その理由を紹介します。

Raw Therapee

RAW Therapeeは海外で人気のRAW現像ソフトです。

RAW現像に特化したソフトですが、編集項目の数としては最低限といった所で、良く言うと複雑ではないので扱いやすいソフトです。

動作もなかなかに軽快ですが、引き換えに解像度が低く表示されるため、実用性としては低めです。

低解像の解決策を軽くネットで調べてみましたが、解決方法は見つかりませんでした。

RAW Therapeeに限った話ではありませんが、無料のRAW現像ソフトはネットに使い方に関する情報が少ないです。

低解像度が解決できれば使える。

RawTherapee – Home

Photo Director Essential

Photo Director Essentialはレイヤー機能搭載で、RAW現像からレタッチまで可能な写真編集ソフトです。

しかし、無料のままでは書き出しをする際に『Photo Director』のウォーターマークが入るため、使い物になりません。

有料版のPhoto Director 365が存在し、実質的に有料版のトライアル版のような立ち位置です。

頑張って編集して、書き出しのタイミングでウォーターマークの警告が出たから、キレそうだった。

PhotoDirector Essential – ダウンロード | サイバーリンク

Fotor Photo Editor

カタログ機能が無く、編集しかできないというRAW現像ソフトとしては珍しい仕様のFotor Photo Editor。

エクスプローラー上でRAWデータを観覧し、開くところからのスタートになります。

僕が使った範囲では、RAWデータは開けるのですが、それ以降の作業が何をクリックしても進みませんでした。

これが無料クオリティ…

Windows Photo Editor | Photo Editor for Windows 10 Free Download – Fotor

使うならdarktable一択

darktableで編集した写真

darktableは海外で人気のRAW現像ソフトだそうです。

RAW現像に特化しており、かなり詳細な部分まで調節できる反面、少し複雑なソフトです。

Lightroomより豊富な設定

ソフトを起動して驚いた事は、編集する項目の多さです。

Lightroomよりも詳細、またLightroomには存在しないパラメーターもあり、機能面において勝っていると言っても過言ではありません。

Lightroomより詳細なノイズ除去
Lightroomには無いホットピクセルの除去

複雑なりに考えられたインターフェース

マウスオーバーで解説が出る
  • 項目をマウスオーバーすれば解説が出る
  • 適応中の項目がタブにリスト化されている

など、複雑なりにユーザーが分かりやすいインターフェースが採用されている点もとても好印象でした。

これは難しいけど極め甲斐もあるぞ。

どれも有料ソフトに勝るものでは無かった

僕はRAW現像は編集項目の多さよりも、「快適に編集できるか」という事が重要だと思っています。

補正を写真に反映する程度でカクつかれたり、写真のセレクトでパラパラと次の写真を表示してくれないと、大きなタイムロスです。

そこで、僕のPCのスペックはLightroomは快適に動作するスペックに設定しています。

しかしこのスペックのPCでは、紹介したソフトはどれも快適に動作するとは言えませんでした

そんな僕が無料のRAW現像ソフトに触れてみた感想としては、

やっぱりLightroom(有料ソフト)って凄いな

と思いました。

RAW現像ソフトに快適さを求めている僕にとっては、紹介したどのソフトと比較してもLightroomの方がセレクト、編集共に快適でした。

他にもLightroomは有料のRAW現像ソフトの中でも利用者が圧倒的に多いので、分からない事があればネットで検索すればすぐに答えが出てくる所も大きなメリットです。

無料のRAW現像ソフトの一番のメリットは何より無料という事なので、体験版感覚で無料のRAW現像ソフトに触れてみて、RAW現像が面白いと思ったなら有料ソフトを使った方が良いというのが僕の結論です。

darktableはホットピクセルの除去で今後ともよろしく

キャンペーン情報

4月8日まで春のセール中

プロモーションコード

\oredejiNEOで更に割引き/

3月29日まで決算セール中

目次