Lightroomの買い切り版がサービス終了。サブスク版の料金について解説。

当ページのリンクには広告が含まれています。
キャンペーン情報

2月26日まで2周年セール中

プロモーションコード

\oredejiNEOで更に割引き/

2017年で買い切り版のAdobe Photoshop Lightroom 6はサービスを終了しました。

あまり大きな話題になっていませんし、Amazonでも普通に買い切り版が販売されているので、サービスが終了してからも半信半疑で買い切り版を使っていました。

そんな中、2018年3月に発売したα7IIIを購入したのですが、Lightroomがα7IIIのRAWファイルに対応していない!

サブスクリプション版(月額版)はα7IIIのRAWに対応しているのに、買い切り版は未対応のまま。

そこで「あぁ、本当に買い切り版のLightroomはサービスが終了したんだな」と気づきました。

通達は下のリンクのページ最下部あたりに書かれています。

公式ブログで英語文での通達です。

発表のタイミングがサービス終了の約2カ月前と遅すぎるし、もっと大きく通達するべきだと思います。

買い切り版を10月上旬に買ってしまった人はマジで悲惨。

公式ブログの内容を要約
  • 買い切り版Lightroomは「6」で終了。Lightroom7は発売しない
  • Lightroom6は2017年の終わりからカメラのサポートやバグの修正が行われない

ちなみに最後に対応するカメラは17年9月に発売したNikonのD850です。

目次

これからLightroomを使うには

買い切り版のLightroomは終了したため、Lightroomを利用するにはサブスクリプション版(月額、又は年間プラン)を契約する必要があります。

Lightroomを利用するには主に以下の選択肢があります。

スクロールできます
プランLightroom ClassicLightroomPhotoshopストレージ
フォトプラン(20GB)20GB
フォトプラン(1TB)1TB
Lightroomプラン××1TB
コンプリートプラン100GB

Lightroom Classic

買い切り版Lightroomと同じ機能が備わっているソフトがLightroom Classicです。

アップデートによって機能が追加されているので、買い切り版と比べると上位互換でもあります。

Adobe Photoshopから派生した写真特化の画像編集ソフトで、Photoshopから写真に必要な機能をピックアップして搭載しています。

RAW現像と言ったらこのLightroom Classicと言っても過言ではないくらい有名なソフトで、RAW現像以外にも写真の管理もしてくれます。

買い切り版から移行した場合でもカタログの引継ぎが可能です。

主にデスクトップPC向けに開発されており、家でじっくりとRAW現像をする人にオススメです。

Lightroom

Lightroom Classicをベースにモバイル端末向けに開発されたソフトがLightroomです。

Lightroom Classicとは完全に別のソフトであり、カタログの共有なども不可能です。

名前が混同しやすいので注意が必要ですが、アイコンの表示がLightroom Classicは「LrC」、Lightroomは「Lr」といった違いがあります。

モバイル端末での利用を前提に作られているので、Lightroom Classicと比べるといくつか機能に制限があります

クラウドストレージを使って外出先でスマートフォンやタブレットから写真を編集する人にオススメです。

Photoshop

フォトプランではAdobe Photoshopも利用可能です。

「画像編集なら何でもできる」と言っても過言ではないソフトで、Lightroomよりも多くの編集機能が備わっています。

Lightroomをメインで使っていてもPhotoshopにお世話になる事は多々あるので、実質無料で使えるPhotoshopはかなり嬉しい付属のソフトです。

あまり使わない。でもいつか使う時が来る。そんなソフトです。

写真用途ならフォトプラン一択

写真のためにLightroomをメインに使うなら、まず料金の高いコンプリートプランは選択肢から外しましょう

そうすれば、残るはLightroom単体プランと、フォトプランです。

単体プランとフォトプランの大きな違いはPhotoshopが付属するか否か。

僕はLightroom Classicをメインに利用していますが、一部の編集機能はPhotoshopを使った方が快適な場合もあります。

例えばLightroomはコピースタンプですが、Photoshopは修復ツールで消す事ができます。

汎用性を言うならPhotoshopの付属するフォトプランが安定です。

Photoshopを使わないならLightroom単体もアリ

現在、Lightroom Classicや買い切り版Lightroomを使っている人はクラウドベースのLightroomに移行してみても良いかもしれません。

Lightroom ClassicからLightroomへのカタログ移行も可能です。

Lightroomを契約するには

紹介してきたプランを契約するには、主に以下の2つの方法があります。

  • Adobe公式サイトで契約する
  • 通販サイトで購入してコードを入力する

通販サイトでも購入できる

プランの契約はAdobeの公式サイトから可能ですが、通販サイトからでもフォトプランの1TBストレージとLightroom単体版のオンラインコードの販売がされています。

若干ですが公式サイトから契約するより安いので、利用するなら通販サイトがオススメです。

購入するとコードが届くので、Adobe公式サイトにて届いたコードを入力します。

コンプリートプランも販売しています。

最もコスパの良いフォトプランはAdobe公式サイトから

フォトプランを最安値で契約したい人はクラウドストレージ20GBのプランを契約しましょう。

この20GBのプランはAdobe公式サイトからのみ契約可能となっています

Amazonでのオンラインコードや割引きキャンペーンなどは行われていないので、どのタイミングで契約しても損はしません。

クラウドストレージを使わない人や、コスパ重視の人は公式サイトからフォトプランを契約しましょう!

もちろん僕も使っています。

キャンペーン情報

2月26日まで2周年セール中

プロモーションコード

\oredejiNEOで更に割引き/

目次