買い切り版ライトルームがサービス終了。これからどうする?

2017年で買い切り版のライトルーム(Adobe Photoshop Lightroom 6)がサービス終了しました。

あまり大きな話題になっていませんし、アマゾンでも普通に買い切り版が販売されているので、サービスが終了してからも半信半疑で買い切り版を使っていました。

そんな中、2018年3月に発売したα7IIIを購入したのですが、ライトルームがα7IIIのRAWファイルに対応していない!
サブスクリプション版(月額版)はα7IIIのRAWに対応したのに、買い切り版は未対応のまま。

そこで「あぁ、本当にライトルームの買い切り版はサービス終了したんだな」と気づきました。

通達はこちらのリンクのページ最下部あたりに書かれています。

公式ブログで英語文での通達です。

発表のタイミングがサービス終了の約2カ月前と遅すぎるし、もっと大きく通達するべきだと思います。

買い切り版を10月上旬に買ってしまった人はマジで悲惨。
公式ブログの内容を要約
  • 買い切り版Lightroomは「6」で終了。Lightroom7は発売しない
  • Lightroom6は2017年の終わりからカメラのサポートやバグの修正が行われない

最後に対応するカメラは17年9月に発売したNikonのD850です。

これからどうする?

私はソニーユーザーで、ソニーの写真の管理ソフトはPlayMemoriesHomeがありますが、PlayMemoriesHomeではRAW現像ができません。

別にイメージデータコンバーターというソフトで現像する必要があります。

イメージデータコンバーターは使い勝手が悪く、ライトルームの快適さに慣れていると元に戻れそうにありません。

そこで、これからはサブスクリプション版のフォトプランを契約してライトルームを使う事にしました。

フォトプランの内容
  • Lightroom Classic CC
  • Lightroom CC
  • Photoshop CC
  • クラウドストレージ(容量は金額によって変動)

フォトプランの選択肢

一番安いプランが月額980円でクラウドストレージ20GB。
さらに1000円プラスして月額1980円払えば、クラウドストレージが1TBまで大きくなります。

年間契約の場合はAmazonからコードを購入する事も可能です。

最安値のプランはAdobe公式サイトから契約

最安値で契約したい人はクラウドストレージ20GBのプランがあります。

この20GBのプランはAdobe公式サイトからのみ契約可能です。

クラウドストレージを使わない人や、できるだけ安く使いたい人は公式サイトからフォトプランを契約しましょう!

サブスクリプション版Lightroomについて詳しく見る

フォトプランでできること

Lightroom Classic CC

今回のメインソフトです。

RAW現像と言ったらこのLightroom Classic CCと言っても過言ではないくらい有名なソフトで、RAW現像以外にも写真の管理もしてくれます。

Lightroom Classic CCは買い切り版のライトルームほぼ同じ内容です。

アップデートにより編集できる項目も増えているので、買い切り版の上位互換になりつつあります

Lightroom CC

Lightroom Classic CCのシステムを簡潔にしたものです。

クラウドを使ってスマートフォンやタブレットから簡単に編集ができるようになっていますが、Lightroom Classic CCに比べると一部制限があります

Photoshop

フォトプランではフォトショップも利用可能です。

ライトルーム以上に細かい編集ができる以外にも、レイヤー合成が使えるので多重露光の写真も作れるようになります。

クラウドストレージ

写真のデータをAsobeのクラウドにアップロードする事で、様々な場所で現像作業が可能になります。

ストレージの容量はフォトプランの場合、20GB~10TBまでオプションから選択します。

本格的にクラウドストレージを使うなら10TBのプランがいいでしょう。

実際に契約してみて

もともとライトルームだけ使えれば良かったので、ライトルームだけに目をやれば全く問題なく利用できています。

カタログの切り替えも買い切り版から何の操作もなく、サブスクリプション版に移行されていました。

フォトショップは写真の幅が広がるので時々使っているのですが、Lightroom CCとクラウドストレージは全く使っていません。

フォトショップを使ってみて

フォトプランの契約前にパソコンを買い換えたのですが、買い替えの際にライトルーム専用のつもりでパソコンを購入しました。

予定通りライトルームは正常に動くものの、購入時にフォトショップを使うことまで予想していませんでした。

フォトショップで星の多重露光をしてみたのですが、100枚を超える枚数をレイヤーとして処理するので、メモリを95%くらい使ってました。

あまり多重露光を多用するわけではありませんが、フォトショップまで使う事になるなら、もっと大きなメモリを積んでおくべきでした。

まとめ

最終的にいつもの環境に戻る事ができました。

しかし買い切り版サービス終了の通達はもっといい伝え方があったと思います。

俺は絶対に許さないからなアドビ!!!

これからもお世話になりますアドビ様!!!!!

サブスクリプション版Lightroomについて詳しく見る

Luminarを試験導入

Lightroomのように写真の管理から現像までできるLuminarを試験導入してみました。

こちらも候補にいかがでしょうか。

Luminarは初心者向き?Lightroomユーザーが現像しながら比較とレビュー

2019年9月24日

関連コンテンツ