買い切り版ライトルームがサービス終了。これからどうする?

2017年で買い切り版のライトルーム(Adobe Photoshop Lightroom 6)がサービスを終了しました。

あまり大きな話題になっていませんし、アマゾンでも普通に買い切り版が販売されているので、サービスが終了してからも半信半疑で買い切り版を使っていました。

そんな中、2018年3月に発売したα7IIIを購入したのですが、ライトルームがα7IIIのRAWファイルに対応していない!

サブスクリプション版(月額版)はα7IIIのRAWに対応したのに、買い切り版は未対応のまま。

そこで「あぁ、本当にライトルームの買い切り版はサービス終了したんだな」と気づきました。

通達はこちらのリンクのページ最下部あたりに書かれています。

公式ブログで英語文での通達です。

発表のタイミングがサービス終了の約2カ月前と遅すぎるし、もっと大きく通達するべきだと思います。

俺のアイコン画像

買い切り版を10月上旬に買ってしまった人はマジで悲惨。

公式ブログの内容を要約
  • 買い切り版Lightroomは「6」で終了。Lightroom7は発売しない
  • Lightroom6は2017年の終わりからカメラのサポートやバグの修正が行われない

ちなみに最後に対応するカメラは17年9月に発売したNikonのD850です。

目次

Lightroomのパッケージ版は終了。これからどうする?

僕はソニーユーザーで、ソニーの写真の管理ソフトはPlayMemoriesHomeがありますが、PlayMemoriesHomeではRAW現像ができません。

別にイメージングエッジ(旧イメージデータコンバーター)というソフトで現像する必要があります。

イメージングエッジは使い勝手が悪く、ライトルームの快適さに慣れていると元に戻れそうにありません。

そこで、これからはサブスクリプション版のAdobe CCフォトプランを契約してライトルームを使う事にしました。

フォトプランの内容と価格

プラン980円/月1980円/月
主な使えるソフトLightroom Classic CC
Lightroom CC
Photoshop CC
Lightroom Classic CC
Lightroom CC
Photoshop CC
クラウドストレージ20GB1TB
Adobe CC フォトプランの比較

一番安いプランが月額980円でクラウドストレージ20GB。

さらに1000円プラスして月額1980円払えば、クラウドストレージが1TBまで大きくなります。

1980円/月プランを年間契約する場合は場合はAmazonからコードを購入する事も可能です。

最も安いプランはAdobe公式サイトから

フォトプランを最安値で契約したい人はクラウドストレージ20GBのプランを契約しましょう。

この20GBのプランはAdobe公式サイトからのみ契約可能です。

クラウドストレージを使わない人や、できるだけ安く使いたい人は公式サイトからフォトプランを契約しましょう!

サブスクリプション版Lightroomについて詳しく見る

Adobe CC フォトプランでできること

Lightroom Classic CC

今回のメインソフトです。

RAW現像と言ったらこのLightroom Classic CCと言っても過言ではないくらい有名なソフトで、RAW現像以外にも写真の管理もしてくれます。

Lightroom Classic CCは買い切り版のライトルームほぼ同じ内容です。

アップデートにより編集できる項目も増えているので、買い切り版の上位互換になりつつあります

Lightroom CC

Lightroom Classic CCを簡潔にしたもので、Lightroom Classic CCと比べると一部の機能が撤廃されています。

クラウドストレージを使う事を前提として作られており、外出先でスマートフォンやタブレットのアプリからも編集ができるようになっています。

Photoshop

フォトプランではAdobe Photoshopも利用可能です。

ライトルーム以上に細かい編集ができる以外にも、レイヤー合成が使えるので星が流れる多重露光の写真も作れるようになります。

クラウドストレージ

写真のデータをAsobeのクラウドにアップロードする事で、様々な場所で現像作業が可能になります。

ストレージの容量は20GBと1TBから選択します。

俺のアイコン画像

以前は10TBのプランもありましたが、現在は最大で1TBのみとなっています。

今後のLightroomはサブスクリプション版で!

買い切り版のサービスが終了してしまったので、Lightroomを使う選択肢は月額版しかありません。

やはり王道の現像ソフトだけあり、ネットに情報も豊富ですし、初心者にもおすすめのRAW現像ソフトである事は間違いありません。

ちなみに移行後にカタログファイルがどうなるか心配でしたが、買い切り版Lightroomから特に操作する事なく自動で読み込んでくれたので、すぐにいつもの環境に戻る事ができました。

しかし買い切り版サービス終了の通達はもっといい伝え方があったと思います。

俺は絶対に許さないからなアドビ!!!

これからもお世話になりますアドビ様!!!!!

サブスクリプション版Lightroomについて詳しく見る
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる