思うような写真が撮れない理由とは?人の目の驚くべき能力

こんにちは。ヤマトです。

「この風景綺麗だな」と思ってカメラを構えてみると
「あれ?なんだか思ってる風景と写りが違う」
そんな事はありませんか?

今回は「目」と「カメラ」の違いについて。

わかりやすい例として暗闇にいる時、人は暗さに慣れますが、カメラは暗さに慣れる事はありません。
当然ですね。人と機械ですし。

そんな違いをいくつか紹介していきます。

この記事を見る前に

思った写真が撮れない時に、カメラ内の設定(ホワイトバランスなど)で解決する事もあります。
この記事はカメラ内の設定で解決できない事をまとめてあります。

 

人の目のココがすごい!

変化する画角

目は通常約50mmの画角と言われています。
しかし常に50mmというわけではなく、注視する事により画角が変化し、300mmの望遠までできるんだとか。

夕日が綺麗だと思ってカメラを向けると「なんだか夕日が小さく感じる」
そんな事があっても全く不思議ではありません。

50mmで撮影

300mmで撮影

試しに300mmで撮影してみましたが、自分でもちょっと信じられない←

 

明るさを調整する

上と下の写真の違いが分かりますか?
下の写真は上の写真に比べて右側が少し黒く潰れています。

普通に撮影した写真は下の写真です。
目は上の写真のように全体を均一な明るさに調節してくれます。

カメラにはそういう機能が備わっていないので、目と比べると違いが出てきます。

ちなみに上の画像はHDR合成(合成写真)という処理をして明かりを均一にしています。

 

嘘をつく

水族館で魚を撮ると「水槽に指紋や傷がベッタリ・・・」
綺麗だったあの場所にまた来たけど、なんだか思っていた時の風景と違う。
そんな事はありませんか?

人は良い所を集中して見るので、良い所以外が目に入らない事があります。
カメラはありのままを写し出すので後で見てみると後悔する事に・・・。

 

カメラは目に勝てない?

やはり目はカメラに勝る素晴らしい能力を秘めています。

しかしカメラにもできない事もあります。
簡単にできるものを少し紹介します。

ボケのコントロール


カメラのと言ったらコレでしょう。
ボカすことで被写体を際立たせる事ができます。

長時間露光


こちらもお馴染みですね。
車のライトを軌跡にして写したり、滝を糸のように写したりできます。

アングルを変える

超簡単技法です。
普段地面スレスレで風景を見ることなんてなかなかありません。
簡単に日常と違う風景が撮影できます。

 

まとめ

カメラと目はどうしても壁が存在します。
しかしカメラにしか見えない世界も存在します。
そういった写真を撮るには「カメラならどう見えているか」という想像力が必要になってきます。

最初は難しいかもしれませんが、「とりあえず試してみる」事も大切だと思います。
「カメラならこんな物が撮れるのか」といった驚きもまた写真の面白さです。

関連コンテンツ