保育園の運動会。何ミリで撮るのが正解か。僕の中の答え

先日、子供の運動会がありました。

去年は子供は1歳での参加で、「動く競技は少ないだろう」という読みのもと、描写の良い単焦点で挑んだのですが、結果は撃沈。

前回の失敗を踏まえて今年は70ー300mmの望遠レンズ持って参加しました。

70-300mmというと70-200mmに次ぐ望遠レンズです。

70-200mmはF2.8、F4.0の通しが基本ですが、70-300mmからF値が焦点距離に応じて変動します。

今回持って行ったレンズもF4.0-5.6で、望遠端ではF5.6と決して明るくはありませんが、屋外での撮影なので気にする必要はありません。

目次

70-300mmで競技は十分に撮れた

早速結果ですが、運動会のメイン種目はバッチリ撮影できました。

僕にとって300mmという焦点距離は本当にベストとも言える画角でした。

運動会というと望遠側に目が行きがちですが、何気に良い仕事をしたのが広角端の70mmです。

70mmは競技中に最接近している子供に対して良い焦点距離でした。

雨上がりで曇っていたけど、F5.6の暗さも全く問題ありませんでした。

オフショットはちょっとキツイ

オフショットは舞台裏ですね。

年長さんや年中さんの応援をする我が子を撮ろうと試みました。

結果的には300mmでは足りず、大きくトリミングして対応しました。

オフショットまで撮影しようと思うと300mm以上の焦点距離になりますが、300mmに次ぐレンズとなると400mmです。

しかし400mmのレンズのほとんどが広角端は100mmです。

上で書いたように70mmという焦点距離はとても良い画角だったので、70mmを諦めるという選択肢はありません。

オフショットについては僕にも原因があって、撮影のスイッチが入らず、自分の足を動かさずにテントから撮影しました。

オフショットは競技中より撮影ポジションに縛られないので、オフショットこそ足で稼ぐべきでした。

300mmと400mmの差って意外と少ないので、オフショット目的なら足で稼ぐのが一番な気がしています。

100-400mmでも撮影してきました

この翌年。

新たに100-400mmを購入して撮影してきました。

2020年でコロナの年でもあり、運動会は縮小。

縮小の影響でプライベートスペースが広く、難なく最前列での撮影ができました。

結果としては70-300mmで十分

去年の感想で書いた通り、ワイ端の70mmが無いのが痛く、子供が近づいてきた時に対応しきれませんでした。

テレ端の300mmも「もう少し欲しい」と思っていたのですが、実際に400mmを使ってみると「悪くはないんだけど」といった感じでした。

普段、僕は動きものを撮りませんし、ズームレンズの扱いには不慣れな方です。

そんな僕が400mmを手にして、ズームで子供が単体で写せるようになったのはいいのですが、今度は自分の子供が何位にいるのか分からないという事態に陥りました。

300mmでは足りないと思っていましたが、300mmで撮影中に見えていない必要な事を偶然撮影できていた事に気づかされました。

大きく撮って後からトリミング というのも悪くありません。

使いこなせれば100-400mmも悪くない

今回は正直な所、僕がズームレンズの扱いに慣れていない事が大きな失敗の要因です。

ですが実際の撮影結果を見てみると400mmのカットも多く、やっぱりあると心強いのが事実です。

100-400mmは300mmも当然カバーできるので、ズームレンズの扱いに慣れているならこちらを選択した方が良いでしょう。

僕の子供が通う保育園の規模は小さいので、ワイ端100mmでは少し困りましたが、小学校くらいの規模になると100-400mmの真骨頂なのかなぁ と思っています。

僕のマストは70ー300mmでした!

2回の運動会を通して、子供が小学校に上がるまでは運動会は70ー300mmで挑もうと決めました。

撮影のポジション取りにもよりますが、徒競走ではスタートラインで300mmで撮影開始、徐々に焦点距離が縮まり、最接近するコーナーは70mmで撮影。

70-300mmは画角を余す事なく使うベストレンズでした。

今年の運動会は「1年前はこんな競技絶対できなかったのに」という驚きの連続でした。

そして来年も再来年もずっと同じ事を思うんだと思います。

小学校に上がるまで、100-400mmは防湿庫良きだろうか…

シグマ(Sigma)
¥102,900 (2021/08/05 23:38:05時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる