簡単に自分の写真の作品集が作れる!Adobe portfolioを紹介!

ネットの普及が一般的になり、自分の作品集も手軽に世界に配信できるようになりました。

しかし写真を公開するといっても、自分でポートフォリオ(作品集)のサイトを立ち上げようと思うと、専門の知識も多く必要になり、完成までかなりの労力になってきます。

そこで今回紹介するのがAdobe portfolio。

Adobe portfolioはAdobe社の提供するポートフォリオ作成サイトで、手軽に自分の作品集をネットに公開する事ができます。

Adobe portfolioを使うには

Adobe portfolioを使うには条件があります。

  • Adobe クリエイティブクラウド フォトプラン
  • Adobe コンプリートプラン

上記2つのどちらかに登録する必要があります。

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) with 1TB|12か月版|オンラインコード版
  • アドビシステムズ
  • 価格   ¥ 23,760
  • 販売者 Amazon.com Int'l Sales, Inc.

ポートフォリオサイトを作ろう!

ここからはサイトを作る簡単な手順について

Adobe Creative Cloudを起動してPortfolioを選択します。

「起動」を押してからはブラウザ上での操作です。

ポートフォリオサイトのURLを決めたりできますが、迷う事はなさそうなので割愛。

サイトの基本的な構造

Adobe portfolioでは下の画像のような階層でできています。

上側は基本の構造、下側は構造の例です。

このギャラリーやページを複数作る事が可能です。

サイトの作り方

ギャラリーとページの追加

左端の「+ボタン」からギャラリーやページの追加ができます。

+ボタンを押すと出てくるのが下の画面。

基本的に使うのは紹介した「ページ」と「ギャラリー」の2つです。

ギャラリーを選ぶとギャラリーの名前、ページを選ぶとページの名前とどのギャラリーに属するのかも選んでいきます。

順序の入れ替え

「+ボタン」上の「カードが重なってるアイコン(?)」をクリックするとギャラリーとページの順序が変更できます。

下の画像のようなギャラリーとページの一覧が表示されます。

「三」をドラッグするとギャラリーやページの順序が入れ替わります。

僕が作ったポートフォリオサイト

宣伝っぽいですが、僕が作ってみたポートフォリオサイトです。

Iwata Yamato Photogallery

こんな感じのサイトが簡単にでき上がります。

要望など

ページの構成をもっと自由に

僕がやりたいのが、ギャラリーに別のギャラリーのリンクを載せる事。

今の構成ではギャラリーにはページしか掲載する事ができないので、ちょっと不便です。

できればトップページ(ギャラリー)にギャラリー一覧みたいな感じで紹介していきたい。

新着画像やランダム表示

ページのどこかに新着画像などを載せる機能が欲しいです。

せっかくの作品集のサイトなので、自分の最新の写真がパッと見で分かるサイトにしたいです。

(それならインスタでも良さそうだけど)

まとめ

サイトの作成に初めての人は最初は戸惑うかもしれません。

『恐れずにまずは適当に触ってみる』
『失敗して元に戻らなくなっても、別のサイトを立ち上げればいい』

そんな軽い気持ちで挑戦してみればすぐに理解できると思います。

ちなにみAdobe portfolioで作れるサイトを知識ゼロから作ろうと思うと滅茶苦茶大変な作業になります。

手軽に作品集のサイトを作りたい人は是非利用してみてください!

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) with 1TB|12か月版|オンラインコード版
  • アドビシステムズ
  • 価格   ¥ 23,760
  • 販売者 Amazon.com Int'l Sales, Inc.

関連コンテンツ