カメラ初心者の2本目のレンズは50mmではない!

当ページのリンクには広告が含まれています。
キャンペーン情報

2月26日まで2周年セール中

プロモーションコード

\oredejiNEOで更に割引き/

カメラの面白さに気づくと、別のレンズが欲しくなってくるもの。

レンズの交換といえば写真の醍醐味の一つですが、新しいレンズを買おうと思うと、なかなか高い買い物です。

カメラで数万円したのに、レンズを買おうと思うと「本体よりレンズの方が高いじゃん!!」なんて代物も珍しくありません。

そんな高い買い物で失敗はしたくありませんよね?

色々なサイトを見ていると、2本目におすすめのレンズは50mmの単焦点という答えを出している所もありますが、僕はそれは違うと思っています。

その理由と、僕の思うおすすめのレンズの探し方を紹介します。

「50mmが何か良く分からない」という人はこちらも参考にどうぞ。

目次

50mm単焦点は1本目のレンズ

僕は50mmは1本目のレンズだと思っています。

1本目という事は、カメラを買うときにボディを単体で購入して、レンズは別売りの50mmの単焦点を購入したという事ですね。

カメラを買った時に、ズームレンズキットの同梱を買った人は違います。

色々な所で言われていると思いますが、50mmとはこういうレンズです。

50mm単焦点の特徴
  • 安いレンズが多い
  • 癖が少ない
  • ボケやすい

そのため僕としては1本目におすすめしたいレンズです。

50mmでも何でも、単焦点レンズを使い続けていると、画角が変えられない事により以下のような不満が出てきます

  • 「もっと広角でダイナミックに撮りたい」
  • 「もっと望遠で近くに写したい」

つまり、「もっとこう撮りたい」という自分の撮りたい写真が見えてきます

50mm単焦点は、自分の撮りたい写真を知るためにオススメのレンズです。

まずは今の画角で満足しているか

僕が2本目に50mm単焦点をオススメしない理由は、自分の好みの画角は同梱のキットレンズでも分かるからです。

写真にはExifといって、撮影時の情報が記録されており、レンズの焦点距離も例外ではありません。

各メーカーの写真管理ソフトや、RAW現像ソフトの使用がオススメです。

PCのソフトを使えば自分が使ってきた焦点距離が分かる
Lightroomから確認

撮影枚数が一番多い焦点距離が、自分が一番好きな焦点距離と言えます。

僕は24mmを使ってる事が多いですね。

満足している人は今の画角内で表現力を追求する

58mmで撮影

ここまで来たら説明の必要も無いと思いますが、好きな画角(よく使う)のレンズを買いましょう。

大口径特有の光量のメリットや、描写能力の高さは、標準域と同じ画角であってもレベルが違います。

描写能力が良いと、編集の幅が大きく広がります。

描写能力についてはこちら

満足していない人は画角が違うレンズを買う

超広角の16mmで撮影

キットレンズの画角に満足していない人は、より自分に合うレンズを買う必要があります。

具体的には下記のような選定です。

  • もっと広く撮りたい→広角ズーム
  • もっと近く撮りたい→望遠ズーム

広角ズーム、望遠ズームで好みの画角を見つけたら、「満足している人は今の画角内で表現力を追求する」というステップに進みましょう。

広角単焦点、望遠単焦点でもいいけど、失敗した時がちょっとリスキーかなぁ。

単焦点レンズを買う前に自分の好きな画角を探そう!

2本目は50mmという人も多いですが、50mmというのは自分の好きな画角を探すのに最適な焦点距離です。

自分の好きな焦点距離はキットレンズでも探せますし、好きかも分からない50mmをわざわざ買う必要はありません

「自分の好みの画角が分からない」という人は、キットレンズのままで自分が今何ミリで撮影しているのか意識して撮影しましょう。

自分の好みの画角が必ず見つかります。

単焦点レンズが全てにおいて正義なわけではない

この記事では単焦点レンズが最終地点のように書きましたが、ズームレンズが単焦点の下位互換というような事はありません。

ズームレンズにはズームレンズの良さがあります。

  • 子供の運動会でレンズを交換する暇が無い
  • 柵があってもう1歩が出せない

単焦点レンズはフットワークで稼ぐ必要があるので、逆を返せば足が活かせない場所では圧倒的に不利です。

「単焦点、単焦点」と目線が狭くならないように、自分にどんなレンズが合っているか検討しましょう。

キャンペーン情報

2月26日まで2周年セール中

プロモーションコード

\oredejiNEOで更に割引き/

目次