F値は光が入る量。ピントにも影響する作品作りには大切な要素です

絞りはレンズの絞り羽根を動かして、光の量をコントロールする仕組みです。

光の量というと一般的にはルーメンやルクスが一般的ですが、写真ではF値(又は絞り値)という独自の計算方法を用います。

絞りは英語で「F number」
Fはfocal(焦点)から来ています。

スクロールできます
シャッタースピードISO感度
絞りを開く短く下げる
絞りを閉じる長く上がる
絞りを変えて同一の露出を得るには

1段とは光の量を倍、又は1/2にする事ですが、F値が一段動くと下の表のようになります。

スクロールできます
←明るいF2.8F4.0F5.6F8.0F11F16暗い→
F値を1段動かす

妙な数字の増え方をしていますが、これについても解説していきます。

目次

F値を指定するAモード

F値をコントロールするにはカメラをA(Av)モードにします。

日本では絞り優先モードや絞り優先オートと呼ぶ事が多いです。

AはAperture Valueから来ています。
日本語で絞り値という意味です。

Aモードでは絞りを自分自身で決め、残りのシャッタースピードとISO感度はカメラが自動で算出して明るさを設定します。

絞りを指定する目的は色々とあるので、これについて以下から解説していきます。

Aモードにしたら、レンズを見ながら絞りを変更してみましょう。実際にどのように絞り羽根が動くか見る事ができます。

絞りが変える露出以外の事

主にピントに影響

F1.4
F4.0

F値の変化として最も有名な変化はピントです。

ピントについては別の記事があるので、ここでは簡単に解説しますが、F値が低いとボケやすく、F値が高くなってくると次第にボケなくなってきます。

ボケのある写真は被写体を際立たせ、主題をしっかりと写し、副題をボカすといった表現も可能です。

主題をはっきりとさせる、ポートレート(人物)、植物などは開放で撮影する事が多いです。

開放付近は解像度が落ちる

レンズを開放付近で使うと、光の取り込む量が多く、ボケるとメリットも多いですが、解像度が甘くなりがちです。

これはレンズの作りによるもので、絞りを開放で使うとレンズの隅々まで光が通ります。

レンズの隅々まで光が通ると一見良い事をしているようですが、レンズというのは外側まで行くと綺麗に光が透過しにくくなります。

四隅の明るさが低下する「周辺光量落ち」や、光が尾を引いて見える「コマ収差」といった現象が起こります。

絞ると画質が改善される

開放で使うと上記のデメリットがあるので、全体をしっかりと描写したい物撮り(テーブルフォト)や風景においては、ある程度絞って使う事が多いです。

ある程度絞る事で、レンズが最もパフォーマンスを発揮できるレンズ中央からその周辺を光が通ります。

「開放の描写は悪いけど、どうせ絞るしね」という会話も珍しくありません。

物撮りではF4〜5.8、風景ではF8〜11くらいが目安です。

もっと絞ると光芒が出る

工場夜景などで照明が尖っている写真を見た事はありませんか?

これはレンズの絞り羽根同士の隙間から出る光を利用した描写です。

光芒の数は絞り羽根の枚数によって決まりますが、円形絞りなどのレンズにおいては、いくら絞っても光芒の出ないレンズもあります。

絞りすぎると小絞りボケが発生する

絞るとレンズの中央付近を通るので、レンズのパフォーマンスを発揮できると少し紹介しましたが、絞りすぎは禁物です。

それはレンズの中で光が余計な反射をしてしまうからです。

この反射が起きると、写真全体の解像感が失われる、小絞りボケという現象が発生します。

F値が変な増え方をする理由

初心者がF値が難しいと感じるのは、F値が小さくなると光の量は増え、F値が大きくなると光の量は減るという関係性だと思います。

これに合わさってF1.4を一段絞るとF2.0。F2.0から1段絞るとF2.8といった、妙なステップは「???」となるのも無理はありません。

このF値によって、光の入口は1段絞ると本当に半分になっているのでしょうか?

F値が変われば有効口径がどのように変わるのか、実際に計算してみましょう。

有効口径と有効口径の面積

レンズの光の入る広さの事を有効口径(単位はmm)と言います。

有効口径はレンズの焦点距離とF値によって算出されており、焦点距離をF値で割ると有効口径が出てきます。

例えばレンズが50mmでF1.0のレンズは有効口径が50mmです。

50mmの有効口径を持つレンズの面積は25(50の半径)×25×3.14=1963m2となります。

次に1段絞ったF1.4では50/1.4=35.7mmが有効口径です。

ここから面積を算出すると、17.85(35.7の半径)×17.85×3.14=1,000m2となります。

そんな計算をまとめたのが以下の式です。

レンズF値有効口径面積
50mmF1.050mm1,963m2
50mmF1.435.7mm1,000m2
50mmF2.025mm490m2
50mmF2.817.9mm250m2
50mmのレンズにおける有効口径の面積

F値が1段変われば、面積も半分になるのが分かりますよね。

ちなみにF値とは√(ルート)であり、F1は√1、F1.4は√2、F2は√4、F2.8は√5です。

F値も少しは身近に感じてきたのではないでしょうか?

F値は主に開放の値が重要

レンズを選ぶ上で重要視されるのは主に開放のF値です。

何故開放F値が重要かと言うと、光を取り込む量が多いと、レンズの使い所が増えるからです。

またよくボケる事から表現の幅も広がります。

F値が低いレンズの目安

では具体的にどれくらいの開放F値が目安となるのでしょうか?

きちんとした区切りはありませんが、交換レンズの多くがF2.8以下である事から、このF2.8が一つの目安と言えるでしょう。

超望遠になると有効口径が大きくできないので、F5.6くらいでも明るかったりします。

自分のレンズのF値の確認方法

58mm F2.0の単焦点レンズ

「自分のレンズのF値っていくつなんだ?」

という場合はレンズを見てみましょう。

例外もありますが、ほとんどのレンズに開放F値が刻印されています。

注意してほしい点として、ズームレンズには以下の2種類があります。

  • 広角から望遠にかけてF値が変わるレンズ
  • 広角から望遠までF値が変わらないレンズ
100-400mm F5.0-6.3変動のズームレンズ
16-35mm F4.0通しのズームレンズ

F値が変わるレンズは広角端と望遠端のF値がそれぞれ書いてあります。

そもそもカメラに電気制御になる前はF値はレンズでコントロールしていました。

それが電子制御になった事で、現在のレンズはカメラからの信号をマウントで受け渡して制御しています。

F値は撮影の時も大切ですが、レンズを選択、購入する際のポイントでもあるので、きちんと覚えて撮影に活かしましょう。

Amazon売れ筋ランキング

  • デジタル一眼
  • コンデジ
  • SDカード
  • 三脚
  • カメラバッグ
  1. ミラーレス一眼
  2. ミラーレス一眼
  3. デジタル一眼レフ
  4. ミラーレス一眼
  5. ミラーレス一眼
  6. デジタル一眼レフ
  7. デジタル一眼レフ
  8. デジタル一眼レフ
  9. ミラーレス一眼
  10. ミラーレス一眼
  11. ミラーレス一眼
  12. ミラーレス一眼
  13. デジタル一眼レフ
  14. ミラーレス一眼
  15. ミラーレス一眼
  16. デジタル一眼レフ
  17. ミラーレス一眼
  18. デジタル一眼レフ
  19. ミラーレス一眼
  20. ミラーレス一眼
  1. コンパクト
  2. コンパクト
  3. コンパクト
  4. コンパクト
  5. コンパクト
  6. コンパクト
  7. コンパクト
  8. コンパクト
  9. コンパクト
  10. コンパクト
  11. コンパクト
  12. コンパクト
  13. コンパクト
  14. コンパクト
  15. コンパクト
  16. コンパクト
  17. コンパクト
  18. コンパクト
  19. コンパクト
  20. コンパクト
  1. SDカード
  2. SDカード
  3. SDカード
  4. SDカード
  5. SDカード
  6. SDカード
  7. SDカード
  8. SDカード
  9. SDカード
  10. SDカード
  11. SDカード
  12. SDカード
  13. SDカード
  14. SDカード
  15. SDカード
  16. SDカード
  17. SDカード
  18. SDカード
  19. SDカード
  20. SDカード
  1. 三脚
  2. 三脚
  3. 三脚
  4. 三脚
  5. 三脚
  6. 三脚
  7. 卓上三脚・ミニ三脚
  8. 三脚
  9. 雲台・ヘッド
  10. 三脚
  11. 卓上三脚・ミニ三脚
  12. 三脚
  13. 一脚
  14. 三脚
  15. 卓上三脚・ミニ三脚
  16. 卓上三脚・ミニ三脚
  17. 三脚
  18. 脚パーツのみ
  19. 卓上三脚・ミニ三脚
  20. 卓上三脚・ミニ三脚
  1. カメラバック・ケース
  2. カメラバック・ケース
  3. カメラバック・ケース
  4. カメラバック・ケース
  5. カメラバック・ケース
  6. カメラバック・ケース
  7. カメラバック・ケース
  8. カメラバック・ケース
  9. カメラバック・ケース
  10. カメラバック・ケース
  11. カメラバック・ケース
  12. カメラバック・ケース
  13. カメラバック・ケース
  14. カメラバック・ケース
  15. カメラバック・ケース
  16. カメラバック・ケース
  17. カメラバック・ケース
  18. カメラバック・ケース
  19. カメラバック・ケース
  20. カメラバック・ケース
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる