Adobe Bridgeって何のソフト?Lightroomユーザーはいらないかも

Adobe CC(Creative Cloud)フォトプランを契約すると付いてくるAdobe Bridge。

Bridgeは元はAdobe Photoshopに付属するアプリケーションだったのですが、フォトプランの登場によってLightroomユーザーもBridgeが使えるようになりました。

Bridgeを知らなくてもLightroomは問題なく使えます。

なので最初は「Bridge?そんなのあるんだ。まぁLightroomが問題なく使えてるし」と思っていたのですが、使ってみると便利な機能があったので紹介します。

ただ結論を先に言うなら、Lightroomを使ってきた人はカタログで管理してきた以上、簡単にBridgeには移行できないかもしれません。

Adobe Bridgeのこんな所を紹介
  • 写真における基本的な用途
  • Lightroomには無い機能
  • Adobeへの要望

LightroomとPhotoshop

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) with 1TB|12か月版|オンラインコード版
  • アドビシステムズ
  • 価格   ¥ 23,760
  • 販売者 Amazon.com Int'l Sales, Inc.

知っている人には不要な知識かもしれませんが、説明を分かりやすくするためにLightroomとPhotoshopの説明を軽くしておきます。

Lightroomの歴史

Lightroomの正式名称はAdobe Photoshop Lightroomという名前です。

名前から分かる通り、LightroomはPhotoshopより後発で、Photoshopから写真に必要な機能をピックアップして作られました。

LightroomにできてPhotoshopにできない事として、写真の管理機能があります。

この写真の管理機能の事をカタログと言い、Lightroomで取り込んだ写真はアプリ内でフラグやラベリングなど様々な方向から管理ができます。

Photoshopにはないカタログ機能はLightroomユーザーにとって大きなメリットです。

そもそも写真の管理と現像を同時にできるソフトがほぼ無い。

PhotoshopユーザーにとってのBridge

Photoshopにはカタログが無い

Photoshopに慣れている人は今でもはLightroomに移る事なくPhotoshopでRAW現像をする人もいます。

理由としてはPhotoshopの方が編集できる項目がLightroomより多い事が挙げられます。

しかし上で書いたようにPhotoshopにはLightroomのようなカタログ機能が無いので、写真の管理は面倒な要素の一つです。

上記のようなな時に使えるのがAdobe Bridgeです。

Bridgeは写真の取り込みから管理までをしてくれるソフトです。

Bridgeの管理はLightroomのカタログとは異なり、全てをエクスプローラー内で行うので、カタログという概念はありません。

Bridgeの便利な機能として、Lightroom同様にフラグやレーティング、ラベリング、メタデータを使用した検索も可能です。

LightroomからRAW現像機能を取り除いたという認識でもほぼ問題ありません。

むしろLightroomがPhotoshopの後発だという事を考えると、PhotoshopとBridgeの統合版がLightroomという考えもできます。

補足説明

Bridgeは写真用途では取り込み、管理までですが、その他にもBridgeはAdobe関連の様々なソフトに連携して管理してくれます。

Lightroomユーザーが驚く Bridgeの良い所

PhotoshopユーザーにとってのLightroomのように写真を管理してくれるAdobe Bridge。

しかしこれではLightroomと肩を並べた程度です。

僕が写真を管理する上でBridgeをお勧めする一番の理由は別にあります。

それは写真の表示の速さです。

Bridgeの方がLightroomよりRAWデータの表示が圧倒的に早いんです。

Lightroomでは容量の大きいRAWデータを読み込む時、ファイルの表示に少し時間がかかります。

待てない事はありませんが、数百枚、数千枚のファイルからカットを選んでいく時は、この一秒未満の待ち時間すらストレスに感じてしまう事もあります。

体感で0.5秒くらいかなぁ

 

その点、Bridgeは写真の表示速度が本当早いので、全くストレスがありません!!

しかもRAWデータにも関わらずJPEG状態の画像を見せてくれるので、完成のイメージに近い状態で表示してくれるんです!!

そこからPhotoshopやcamera RAWを開けばそのまま現像へ移行できます。

Adobe Bridgeの不満な所

とても便利なAdobe Brideなのですが、不満もあります。

それはAdobe Lightroomと互換性が全くないことです。

Adobe関連のソフトの架け橋となるBridgeなのですが、Lightroomとは全く関係がありません。

フラグの設定や、カラーラベルなど、Lightroomと似た部分を持つBridgeですが、Bridgeで設定したその項目はLightroomのカタログに反映されることはありません。

おそらくLightroomが独自のカタログで構成されているのが、共有できない要因だと思います。

Bridgeとカタログの同期は無理でも、BridgeのJpeg高速表示くらいはLightroomにも対応させて欲しい。

これからRAW現像に挑戦する人に伝えたい事

僕はLightroomからスタートました。

つまりカタログに縛られてしまいました。

一度カタログで管理し始めた以上、別の方法で写真を管理するのは手間を増やす事になってしまいます。

Lightroomは確かに完成度の高いアプリですが、不満が無いと言えるほどの完成度ではありません。

Adobe CC フォトプランに登録したら、LightroomもPhotoshopも使えるので、一度Lightroomのカタログでの管理とBridgeを使っての管理の両方に触れてみて、どちらが自分に合っているか検討してみると良いでしょう。

と言ってもこの記事を見ている人はLightroomのカタログを使ってきた手遅れの人が多そうだけど

Adobe 公式サイトへ

関連コンテンツ