ワードプレステーマ Swellの魅力は分岐の多さにあり!幅広いカスタマイズで様々な用途で利用可能

ブログを始めて何年でしょうか。

このブログはワードプレスで作成していますが、今回変更したSwellまでいくつか乗り換えがありました。

乗り換えたきっかけは一つ前に使っていたオープンケージのスワローがブロックエディターへの対応があまりに遅かったからでした。

スワローのテーマに問題は無かったのですが、以前からオープンケージ社のアップデートの遅さは不満の一つでした。

ブロックエディターに対応している有名テーマとしてCocoonもあります。

Cocoonは以前、別のホームページで使用していた事もあり、完成度の高さ故に本当に迷いました。

迷った挙句にSwellを購入しましたが、結果的には大満足です。

そんなSwellの魅力について紹介していきたいと思います。

この記事を読めば、なぜCocoonではなくSwellを選んだのかも分かると思います。

目次

ざっくりSwellの紹介

既にSwellはたくさんの人が使っているので、レビューもたくさんあります。

また製作者の了氏によっても情報は発信されているので、ここでは簡単に紹介します。

  • ブロックエディター完全対応
  • 豊富なウィジェットエリア
  • 専用ブロック多数で簡単デザイン

詳しくは公式サイト、Swellの特徴からどうぞ。

移行勢に優しい

僕にとって移行する大きな決め手は、移行のしやすさにありました。

Swellではいくつかの別のテーマの独自のショートコードをSwellのブロック風に変換する事ができ、移行する時に大きな手間となるショートコードの書き替えが不要でした。

僕の使っていたスワローはストーク用のプラグインを導入する事で、変換できます。

またSEOについてもテーマ内でSEO対策が取られてるテーマも多い中で、SwellではプラグインでのSEO対策を取っています。

僕は以前からAll in one SEOを使っていたので、これを継続して利用できる点もポイントでした。

分岐が多くカスタマイズ要素が豊富

Swellの記事カスタマイズ
Swellの記事カスタマイズ

ここからが僕がSwellの気に入っている所。

Swellは条件分岐が多いので、状況に応じた設定が可能です。

例えば記事1つに対して以下のような設定を上書きしてくれるので、応用が効きます。

  • 自動広告を停止
  • 目次を表示(非表示)
  • 関連記事を表示(非表示)
    • 特定の記事を優先して関連記事に表示
  • CTAを停止

例えばアフィリエイト収入のメインページでは、ユーザーにしっかりと記事を読んでもらうために、広告は表示しない方が良いと言われています。

トップページスライダー

このホームページでも使っているトップページのスライダー。

初めて搭載されたテーマはよくわかりませんが、僕の使っていたスワローにも搭載されていました。

スワローでは「pickup」というタグを利用して、スライダーに掲載する記事を決めていましたが、Swellは様々な条件でトップページスライダーを表示する事ができます。

  • カテゴリー
    • ランダム
    • 人気記事
    • 投稿日
    • 更新日
  • タグ
    • ランダム
    • 人気記事
    • 投稿日
    • 更新日

スワローの時点で満足できていたので、「pickup」のタグを更新日で指定しました。見た目はほぼ変わっていません。

やはりテーマが変わっても同じ設定が引き継げるのはありがたい事です。

カテゴリーページ

Swellのカテゴリーページ

あまりカスタマイズする事ができないカテゴリーページもSwellでは編集項目が多くあります。

例えば人気記事表示のONです。

カテゴリーページは一般的にそのカテゴリーの投稿を投稿日順に表示します。

Swellではそれに加えてカテゴリーの人気記事の表示をボタンで切り替えが可能となっており、回遊するユーザーが目的地にたどり着きやすい構造にする事ができます。

CTAもカテゴリー毎に設定することができ、当ホームページを例に挙げると、カメラカテゴリーではカメラのCTAを、ホームページカテゴリーではホームページのCATをといった設定ができます。

スワローではCTAの分岐プラグインを入れていましたが、おさらばです。

移行して良かったSwell

Swellは了氏個人が開発したテーマです。

個人のテーマというと、

  • 本人のやる気次第でアップデートの頻度が決まる
  • 事件、事故などやる気とは無関係にアップデートができなる
    • 最悪、アップデート終了の連絡が無い場合も

というように、デメリットも多くあります。

このデメリットを知ってSwellを購入した僕なので、このデメリットを上回る魅力がありました。

その魅力とは、個人という決断と対応の速さです。

冒頭でも書いたようにオープンケージはワードプレスの変化に対応する速度があまりに遅かったです。

やはり企業は慎重に作業をするので、スピード感が失われているのでしょう。

それに対し、Swellはワードプレスの変化に素早く対応し、独自の機能も豊富なテーマです。

このページで紹介しきれなかったSwellの魅力は公式ホームページで確認してください。

Amazon売れ筋ランキング

  • デジタル一眼
  • コンデジ
  • SDカード
  • 三脚
  • カメラバッグ
  1. ミラーレス一眼
  2. ミラーレス一眼
  3. デジタル一眼レフ
  4. ミラーレス一眼
  5. ミラーレス一眼
  6. デジタル一眼レフ
  7. デジタル一眼レフ
  8. デジタル一眼レフ
  9. ミラーレス一眼
  10. ミラーレス一眼
  11. ミラーレス一眼
  12. ミラーレス一眼
  13. デジタル一眼レフ
  14. ミラーレス一眼
  15. ミラーレス一眼
  16. デジタル一眼レフ
  17. ミラーレス一眼
  18. デジタル一眼レフ
  19. ミラーレス一眼
  20. ミラーレス一眼
  1. コンパクト
  2. コンパクト
  3. コンパクト
  4. コンパクト
  5. コンパクト
  6. コンパクト
  7. コンパクト
  8. コンパクト
  9. コンパクト
  10. コンパクト
  11. コンパクト
  12. コンパクト
  13. コンパクト
  14. コンパクト
  15. コンパクト
  16. コンパクト
  17. コンパクト
  18. コンパクト
  19. コンパクト
  20. コンパクト
  1. SDカード
  2. SDカード
  3. SDカード
  4. SDカード
  5. SDカード
  6. SDカード
  7. SDカード
  8. SDカード
  9. SDカード
  10. SDカード
  11. SDカード
  12. SDカード
  13. SDカード
  14. SDカード
  15. SDカード
  16. SDカード
  17. SDカード
  18. SDカード
  19. SDカード
  20. SDカード
  1. 三脚
  2. 三脚
  3. 三脚
  4. 三脚
  5. 三脚
  6. 三脚
  7. 卓上三脚・ミニ三脚
  8. 三脚
  9. 雲台・ヘッド
  10. 三脚
  11. 卓上三脚・ミニ三脚
  12. 三脚
  13. 一脚
  14. 三脚
  15. 卓上三脚・ミニ三脚
  16. 卓上三脚・ミニ三脚
  17. 三脚
  18. 脚パーツのみ
  19. 卓上三脚・ミニ三脚
  20. 卓上三脚・ミニ三脚
  1. カメラバック・ケース
  2. カメラバック・ケース
  3. カメラバック・ケース
  4. カメラバック・ケース
  5. カメラバック・ケース
  6. カメラバック・ケース
  7. カメラバック・ケース
  8. カメラバック・ケース
  9. カメラバック・ケース
  10. カメラバック・ケース
  11. カメラバック・ケース
  12. カメラバック・ケース
  13. カメラバック・ケース
  14. カメラバック・ケース
  15. カメラバック・ケース
  16. カメラバック・ケース
  17. カメラバック・ケース
  18. カメラバック・ケース
  19. カメラバック・ケース
  20. カメラバック・ケース
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる