独立に向けての第一歩。ホームページの制作について、デメリットや注意点を解説

頼まれれば大体なんでも頑張るサラリーマンの僕。

色々な縁があって、自営業の知り合いも多く、時々ホームページの作成や運営について聞かれる事もあります。

一番多い質問が、「どれが良いの?」という質問です。

結論を言うと、人による!

ホームページを運営すると言っても、情報をメインに発信するホームページから、写真だけで情報として十分なホームページまで、様々な運用形態があります。

ただ、独立というと、色々な手続きも多いでしょうし、暇ではないでしょう。

そんな状況の中で、闇雲にホームページを作成、運営をするというのは、あまりにリスキーです。

この記事ではそんなホームページの作成、運営について、注意するべきポイントをメインに解説していきたいと思います。

目次

主なホームページの運営方法は3種類

ブログベースのワードプレス

Googleも認める、検索結果に表示されやすいホームページ制作ツールで、アメリカの首相官邸であるホワイトハウスのホームページもワードプレスで制作されているほどのお墨付きです。

元々はブログ向けのサービスであり、記事の作成を前程に作られています

今、見ているこのホームページもワードプレスで制作しています。

無料であり、無料ではない

ワードプレスは無料と紹介しているホームページも多いですが、ワードプレスのソフトが無料というだけ。

ワードプレスはレンタルサーバーにインストールするのが一般的で、サーバーの利用にはレンタル料金がかかります

つまり、ソフトは無料でも運営するにはお金が掛かります。

制作難易度は高め

ワードプレスの編集画面

ホームページを作成する手段はいくつかありますが、ワードプレスは全体的には簡単な方です。

ただし、ホームページの作成は沼な部分であり、あまりパソコンに触らない人が「簡単ならやってみよう」と思って手を出すと間違いなく火傷をします

ワードプレスでデザインをカスタマイズするには間違いなく勉強も必要です。

近道として有料で販売されているデザイン(ワードプレス内で言うテーマ)を買ったり、一から制作してくれる会社まであります。

パソコンに慣れた僕の友達も「思っていたより難しい」というコメントをしていました。

ワードプレスはこんな人のおすすめ
  • ホームページのためなら勉強もする
  • 文字ベースで事業を伝えていきたい

病院で病気の解説、Webページ制作サービスで運営のノウハウなどの発信をする場合に多く使われています。

簡単に作れるWixやJimdo

WixやJimdoなどのホームページ制作サービスを利用します。

大きな特徴としてはデザインテンプレートが揃っており、パソコンを使わない人でもデザインが簡単です。

ワードプレスよりは間違いなく制作難易度は低め

有料プランへのアップグレードは必須

無料から制作可能という謳い文句もありますが、無料のままでは以下のようなデメリットがあります。

  • 検索結果に載りにくい
  • プラットフォームのロゴが入る
  • 広告が入る

きちんとしたホームページを作るなら、有料プランへのアップデートは絶対です。

WixやJimdoはこんな人におすすめ
  • カッコイイ、かわいいデザインのホームページが良い
  • 写真ベースで事業の紹介をしたい
  • ホームページに時間をかけたくない

飲食店で料理の写真、イラストレーターのポートレートを見せる場合に多く使われています

AdobeユーザーはAdobe Portfolioも選択肢に

写真やイラスト、動画などのクリエイターはAdobeのソフトを使っている人も多いのではないでしょうか。

Adobeユーザーの全ての人がAdobe Portfolioを無料で利用できるのは知っていますか?

独自ドメイン(後述)も利用できるので、こちらも選択肢の一つとしていかがでしょうか。

無料で簡単に参入できる各SNSサービス

最近ではSNSも普及しており、一時期は運営していないと時代遅れと言われていたほど。

参入も簡単で、無料で利用できることが一番のメリットと言えるでしょう。

無料だけあり、デメリットも大きいので、あくまで情報発信の場として利用し、最終的に自社のホームページに移動というパターンが多いです。

「詳しくはホームページへどうぞ」ってヤツね

今を発信するが故の弊害

懸念すべきポイントはページの見やすさです。

SNSは基本的に「今」を配信するサービスです。

料金やプロフィールを投稿しても、どんどん下に流れていきます

上部の固定やハイライトの機能もホームページほどの利便性はありません。

流行に左右されやすい

SNSは常に流行に左右されます。

mixiからFacebookへ移り、FacebookからInstagram、TikTokへ移り。今後、どのようなサービスが始まるのか分かりませんし、流行に敏感でなければいけません

流行り廃りを察知して、移り変わりの時期には二つのサービスを運営し、顧客に移行先のサービスのフォローを促す必要があります。

現役でmixi見てる人おる?

SNSはこんな人におすすめ
  • とにかく安く運営したい
  • 事業の活気を伝えたい

美容院でカットの紹介をする場合に多く使われています。

アクセス元を意識しよう

顧客には新規とリピーターの2種類があります。

リピーターは事業所の名前を知っているので、名前を検索すればすぐに結果に出ますが、新規の顧客は名前を知らないので、まずは認知される事が重要です。

検索流入

検索サービスであるGoogleやYahooからホームページへのアクセスです。

上で書いたとおり、新規の顧客は名前を知らないので、事業所の名前とは異なる入口が必要です。

初めて病院を調べる時は「山口県 病院」というように調べますよね?

検索流入では事業所の名前以外に、検索流入用の別の入口(ページ)を準備する必要があります。

高い情報発信力

検索サービスの大手であるGoogleは、ホームページの情報量や整合性を重視しています。

情報として重要なのが文字であり、ブログサービスであるワードプレスがGoogleに評価されている一番の理由とも言えます。

正しい情報を、たくさん発信しているホームページほど検索結果で上位に表示されやすいです。

YahooやBingの検索アルゴリズムもGoogleと同じなので、やるべき事は同じです。

良い意味でも悪い意味でもワードプレスのホームページ運営に終わりはありません。

独自ドメイン

自分で調べ物をしていて、検索結果にアメブロやTwitterなどのサービスを見たことはあまり無いのではないでしょうか?

逆に言うと、あなたがアメブロやTwitterでいくら情報を発信しても、検索結果から認知されるのはとても難しいです。

これに関係してくるのが独自ドメインです。

独自ドメインとはURLの一部であり、Twitterの独自ドメインは「twitter.com」、Instagramの独自ドメインは「instagram.com」に当たります。

Googleはこのドメインもホームページの権威性として評価しており、検索結果に表示させるために非常に重要です。

上で「WixやJimdoは有料プランへのアップグレードは必須」と書いたのは、有料プランに独自ドメインが含まれているからです。

独自ドメインは有料で、年間1000円前後の料金なので、あまり気負いする必要はありません。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

SNS流入

InstagramやTwitterなど、SNSからホームページへのアクセスです。

上でも書いたとおり、参入も簡単で、短い文章の投稿からアクセスも見込めます。

自分も苦手なので、大きな口は叩けませんが、業務的な発信は控えて、絡みやすい空気を作る事がフォロワーを増やす鍵だそうです。

個人的にはめちゃくちゃ苦手です。

最終的なゴールは自社のホームページへ

SNS 1本で運営する場合は無関係ですが、自社のホームページを持つ場合は、ホームページへのリンクを忘れず

料金ページを掲載するにも、作品集を掲載するにも、ホームページの方が自由度が高く、顧客に分かりやすい情報が提供できます。

自社のホームページを持っていた方が、顧客の信頼や利便性は絶対に上がります。

簡単に!手軽に!のJimdoがオススメ

新しい事業を始める人、独立する人に向けて。

僕は簡単にホームページが作成できるWixやJimdoをオススメします。

僕は自分でワードプレスを運営しているので、ワードプレスの開設から運営までにかかる労力は知っています。

そして、独立で忙しい人に向かって「ワードプレスの勉強も頑張れ」とは言えません。

  • WixやJimdoで、パパっと作成して基本は放置
  • 情報の発信はSNSから

というのが、一番手軽で効率の良い運営の方法ではないでしょうか。

ちなみに、WixとJimdoは以下のような違いがあるそうです。

・Jimdoはデザインやカスタマイズに制限があるが、Web制作初心者でもわかりやすく、パソコンに不慣れな方でも簡単にホームページが作成できる。

・Wixは細かいデザインの調整やアニメーション効果の設定、アプリでの機能拡張など、思い通りのホームページが作成可能な自由度の高さがある。ただしその分操作が複雑。

Jimdo (ジンドゥー)とWix (ウィックス)はどっちがおすすめ?二つを比較を徹底検証! | CMS比較NAVI

アニメーションが多いと表示が遅くなるので、僕はJimdoをオススメします。

Amazon売れ筋ランキング

  • デジタル一眼
  • コンデジ
  • SDカード
  • 三脚
  • カメラバッグ
  1. ミラーレス一眼
  2. ミラーレス一眼
  3. デジタル一眼レフ
  4. デジタル一眼レフ
  5. デジタル一眼レフ
  6. ミラーレス一眼
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥29,980
    新品最安値 :
    ¥29,980
  7. デジタル一眼レフ
  8. デジタル一眼レフ
  9. ミラーレス一眼
  10. ミラーレス一眼
  11. デジタル一眼レフ
  12. デジタル一眼レフ
  13. ミラーレス一眼
  14. デジタル一眼レフ
  15. ミラーレス一眼
  16. ミラーレス一眼
  17. デジタル一眼レフ
  18. デジタル一眼レフ
  19. デジタル一眼レフ
  20. デジタル一眼レフ
  1. コンパクト
  2. コンパクト
  3. コンパクト
    発売日 : 2019年03月29日
    価格 : ¥24,300
    新品最安値 :
    ¥17,380
  4. コンパクト
  5. コンパクト
  6. コンパクト
  7. コンパクト
  8. コンパクト
  9. コンパクト
  10. コンパクト
  11. コンパクト
  12. コンパクト
  13. コンパクト
  14. コンパクト
  15. コンパクト
  16. コンパクト
  17. コンパクト
  18. コンパクト
  19. コンパクト
  20. コンパクト
  1. SDカード
  2. SDカード
  3. SDカード
  4. SDカード
  5. SDカード
  6. SDカード
  7. SDカード
  8. SDカード
  9. SDカード
  10. SDカード
  11. SDカード
  12. SDカード
  13. SDカード
  14. SDカード
  15. SDカード
  16. SDカード
  17. SDカード
  18. SDカード
  19. SDカード
  20. SDカード
  1. 三脚
  2. 三脚
  3. 三脚
  4. 三脚
  5. 三脚
  6. 卓上三脚・ミニ三脚
  7. 卓上三脚・ミニ三脚
  8. 雲台・ヘッド
  9. 卓上三脚・ミニ三脚
  10. 卓上三脚・ミニ三脚
  11. 三脚
  12. 卓上三脚・ミニ三脚
  13. 三脚
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥13,265
    新品最安値 :
    ¥13,265
  14. 三脚
  15. 三脚
  16. 三脚
  17. 三脚
  18. 三脚
  19. 三脚
  20. 一脚
  1. カメラバック・ケース
  2. カメラバック・ケース
  3. カメラバック・ケース
  4. カメラバック・ケース
  5. カメラバック・ケース
  6. カメラバック・ケース
  7. カメラバック・ケース
  8. カメラバック・ケース
  9. カメラバック・ケース
  10. カメラバック・ケース
  11. カメラバック・ケース
  12. カメラバック・ケース
  13. カメラバック・ケース
  14. カメラバック・ケース
  15. カメラバック・ケース
  16. カメラバック・ケース
  17. カメラバック・ケース
  18. カメラバック・ケース
  19. カメラバック・ケース
  20. カメラバック・ケース
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる