ブログのデザインの主流が2カラムから1カラムへ移行している理由

ブログを開設して悩むデザインの問題。

「カラムをいくつ設置するか」という事も悩む点のひとつです。

これまでブログのデザイン主流は2カラムだったのですが、最近では1カラムのサイトも見かけるようになってきました。

この波に乗って というわけでもないのですが、このサイトも1カラムに(変更を検討中)変更済みです。

1カラムが増えたのはきちんとした理由があります。

この記事ではこれまで主流だった2カラムのデメリットや1カラムのメリットを紹介していきます。

目次

ブログデザインの主流は2カラムから1カラムへ

上の画像は1カラムと2カラムのレイアウトの違い。

1つ目のカラムがメインコンテンツとなっており、2つ目のカラムにはプロフィールやカテゴリー一覧、広告を表示する事が多いです。

2カラムのメリット

2カラムのメリットには以下のようなものがあります。

  • カテゴリーを表示して導線をつくる
  • 新着記事や人気記事を表示して次の記事へ導く
  • プロフィールを表示して筆者に興味を持たせる
  • 広告を表示して収入を得る

このメリットから、これまで多くのホームページで2カラムが採用されてきました。

しかし最近見えてきたのが2カラムの問題点です。

2カラムの問題点

基本的にブログには悩みを持った人が来ます。

「この製品のレビューは」「この時の解決方法は」といった情報を求めてブログに来ているんです。

そういう人たちにとって、2カラム目の情報は過剰な情報であり、正直不要です。

悩みを抱えている人にメインコンテンツを見ながら、サイドバーを確認する余裕なんてありません。

悩みを抱える読者は筆者のプロフィールや記事のランキングに興味なんてありませんし、基本的に悩みが解決すれば次の記事なんて見ません。

俺のアイコン画像

調べものをしている時の自分に置き換えて考えてみましょう

1カラムの特徴

  • 本文のエリアが広くて見えやすい
  • 読者に必要な情報だけ表示される

1カラムはサイドバー(2カラム目)がありません。

本文のエリアが広くなり、読者が記事を見やすいのが大きな特徴のレイアウトです。

カラムの内容はメインコンテンツしかないので、必要な情報しか画面には表示されません。

1カラムはまさに読者目線のレイアウトです。

無くなったサイドバーをどうするか

2カラムでは本文に並んでプロフィールやカテゴリーなどを同時に表示できました。

しかし、1カラムでは本文しか表示されないので、サイドバーはありません。

この解決方法は簡単です。

サイドバーに表示していた情報は本文の最後に表示すれば全て解決します。

「悩みを抱える読者は筆者に興味がない」と書きましたが、やはり興味が出る人はいるし、他のカテゴリー記事に興味を持つ人もいます。

しかし筆者に興味が出たり、別の記事が読みたくなるのは本文を読み終えてからの話です。

つまりサイドバーに表示していた内容は、本文の後に表示するのがベストとだと言えます。

最近はレスポンシブデザイン(PCとスマートフォンでレイアウトが自動で切り替わる)が当たり前です。

レスポンシブデザインでは、スマートフォンでページを観覧するとサイドバーの項目は自動で記事の下に移動します。

1カラムは馴染みが無いと思うかもしれませんが、スマートフォンで見ているホームページのほとんどは1カラム構成なので意外と見慣れています。

ユーザー目線のレイアウト 1カラムが今後の主流になる

これまで主流だった2カラムというデザインは、「もっと読んでほしい」「もっと収入が欲しい」という、管理者であるこちらの想いが投影されたデザインでした。

しかし、ホームページで一番に考えるべきはユーザーの利便性です。

「ユーザーが必要としないなら」という思いで、このホームページも1カラムに変更しました。

ちなにみ使っているテーマはSwellです。

条件分岐で2カラムにする事もできるので、「トップページは2カラムのまま残したい」という人にもおすすめです。

SWELLのサイドバーの選択肢
SWELLのサイドバーの選択肢

サイドバーの場所以外にも条件分岐が豊富で、プラグインが少なく済む所がとても気に入っているテーマです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる