SIMフリーに移行する前に抑えておくべき3つのポイント

最近SIMフリーのスマートフォンが多く販売され、かなり浸透してきたように感じます。

浸透してきたと言っても多数とは言えず、SIMフリーを使っているけどよく理屈は分かっていない。という人もいるのではないでしょうか。

この記事では「SIMフリーとは何か」「なぜ安いのか」など、SIMフリーについての疑問を解きながら、SIMフリースマートフォンについての重要なポイントを紹介していきます。

少しややこしいので、最後に絶対に失敗しない移行の方法も紹介しておきます。

SIMフリーとは

正確には「SIMロックフリー端末」の事を言います。ケータイ本体の事です。
SIMロックフリー端末があるという事は「SIMロック端末」もあります。

SIMロック端末とは端末とSIMカードを紐づけている端末の事です。
基本的にはdocomoやau、Softbankの3社が販売している端末は全てSIMロック端末です。
(この3社の事をキャリアやMNOと呼びます)
SIMロックが掛かっている端末は登録したSIMカードしか使用できなくなります。

つまりSIMフリー端末とはどんなSIMカードでも使える端末という事です。
(正確にはSIMの形状や電波の種類によって制限もあります。詳しくは下で説明します)

2015年からキャリアの窓口で依頼すれば、SIMロックを解除してSIMフリー端末として使えるようになりました。

SIMカードとは

SIMカードは端末をケータイとして使うためのカードです。
このカードを差さなければ端末は通話もパケット通信もできません。

携帯会社からSIMカードが提供され、そのSIMカードに電話番号や個人情報が登録されます。

あまり知られていませんが、SIMカードに電話帳も保存できます。

SIMカードの形状

現在SIMカードには3つの形状があり、大きいものから順に「標準SIM」「MicroSIM」「NanoSIM」があります。

フィーチャーフォン(いわゆるガラケー)は標準SIMが主流でしたが、スマートフォンが出た頃にMicroSIMが登場し、時代の流れと共にNanoSIMが登場しました。

現在の主流はNanoSIMですが、MicroSIMに対応した端末も販売されています
基本的に自分が用意する端末に合ったSIMカードの形状を選択します。

NanoSIMをMicroSIMに変換するアダプターもありますが、端末内部でSIMカードが詰まったりといったトラブルも耳にするのでおすすめしません。

SIMカードでできること

SIMカードには「通話SIM」「SMS SIM」「データ専用SIM」の3種類があります。
SMSとはショートメッセージサービスの略で、電話番号を使ったテキストメールです。

通話 SMS パケット通信
通話SIM
SMS SIM ×
データ専用SIM × ×

通話SIMが一般的なSIMで、キャリアで販売しているSIMも通話SIMです。
最も普及しているSIMは通話SIMです。
通話SIMを購入すればこれまでの端末と同じように使用できます。
MNPでの電話番号の引継ぎも可能です。

SMS SIMはショートメッセージのやりとりができますが、通話はできません
SMS SIMを使用している人はあまり見たことがありません。
LINEなどの認証でSMSが必要になる事があり、そういった時に利用できます。

データ専用SIMは通話SIMに次いで多いSIMカードです。
主にタブレット端末向けで、データ専用SIMはパケット通信のみで通話もSMSも不可能です。
通話ができないので、基本料金のような出費がありません。

データ専用SIMにも「050」といったインターネットを利用した電話サービスが受けられますが、ノイズが入ったり音声が遅れたりと、一般的な電話よりはクオリティは劣ります。

格安SIMとは

最近では格安SIMという単語もよく聞くようになってきました。
テレビでCMをしている「UQモバイル」や「楽天モバイル」の提供しているSIMカードです。

格安SIMを提供する会社をMVNO(Mobile Virtual Network Operator)と呼びます。

格安SIMを提供していないDoCoMoやau、Softbankの3社をMNOと呼び、MNOはMVNOに回線を貸し出しています。
つまり格安SIMと言っても中身はDoCoMoやauの回線なので、理屈的には電波の入り具合や回線の速度はMNOの3社と変わりません。

格安SIMが安い仕組み

キャリアの提供する料金プランと格安SIMのプランの比較サイトなどがよくありますが、あり得ないくらい安いと思いませんか?正直怪しいレベルだと思います。
何故格安SIMはあの価格でSIMカードを提供できるのでしょう。

格安SIMを提供している会社の多くは店舗が存在しません。
(少数ですが存在している店舗もありますが)

店舗が存在しない事によって、店舗の管理費や人件費の削減ができるので格安でSIMの提供ができます。

格安SIMと回線の種類

MVNOはMNOから回線を借りていると書きました。
ここでは回線による違いと注意点を書いていきたいと思います。

回線を提供しているMNOですが、会社ごとに異なる回線を採用しています。
DoCoMoとSoftbankの回線はW-CDMAauの回線はCDMA2000という回線です。

利用する端末によって使用できる回線の種類が決まっているので、回線に合った端末を選択する必要があります。

世界的にはDoCoMoとSoftbankが採用しているW-CDMAが主流です。
端末を選ぶときはDoCoMo系かSoftbank系のSIMならほぼ全ての端末が使用できます
逆にau系のSIMを利用する時は端末の選択肢が少なくなってくるので注意しましょう。

同じW-CDMA回線を採用しているDoCoMoとSoftbankなら、それぞれの端末に別の別のSIMカードを刺して使う事もできます。
(別途SIMロックを解除する必要があります)

格安SIMを選ぶときはSIMを提供する会社がどの回線を採用しているか必ず確認しましょう。
(うちのメーカーは○○社の回線を採用しています とか絶対に書いてあります)

MVNOの中のMVNE

格安のSIMを提供しているMVNOですが、MVNOの中にも種類があります。
DoCoMoなどから直接回線を借りている会社を一次事業者、さらに第一事業者から回線を借りている会社を二次事業者と呼びます。
DoCoMoやauなどの大手から直接回線を借りるのは大変なので、仲介をしてもらっている会社ですね。

二次事業者は一次事業者に比べると回線が遅くなったりする事があるようです。
しかし二次事業者にも素晴らしいプランがあることは事実なので、二次事業者だからと言って避けるのはもったいないです。頭にいれておく程度でいいです。

まとめ

  • 端末の対応するSIMとSIMカードの形状を合わせる
  • 自分の用途に合ったSIMカードの種類を選択する
  • 端末の対応する電波の方式とSIMカードの電波の方式を合わせる

この3点がSIMフリーに移行する上で最も重要です。

私はDoCoMoから直接回線を借りているOCN モバイル ONEのSIMカードを使っています。

失敗しない移行方法

3つのポイントを紹介しましたが、SIMの形状や種類が分かっても電波の種類などは難しいと感じる人が多いと思います。

そんな時はOCN モバイル ONEUQモバイルでの端末とSIMカードのセット購入がおすすめです。
端末に合ったSIMを必ず送ってくれるので失敗することがありません。
手続きも簡単なので、初心者でも簡単に移行することが可能です。

端末の品揃えが少ないのが気になりますが、世界中で話題のスマートフォンも取り扱っているので、そちらに乗り換えるのも面白いと思います。

 

関連コンテンツ