タムロンが「18-400mm F3.5-6.3」を発表

こんにちは。ヤマトです。

タムロンから「18-400mm F3.5-6.3」が発表されました。
普段あまり望遠は使わないのですが、価格もメーカー価格で9万円と安価なので気になります。

 

どんなレンズ?

1本で18mmから400mmまでをカバーできる超高倍率レンズ。この高倍率は世界初とのこと。
APS-C専用ということなので、35mm換算で27mmから600mmをカバーできます。

 

具体的なな使い方

27mmから600mmをカバーできるので、ほとんどの被写体を撮れると思います。
旅行や子供の運動会などはこれ1本で十分でしょう。

私のメインの被写体は風景ですが、気分転換にSLを撮ったりするので、サブのレンズとして欲しいです。価格的にもなかなか手を出しやすいんじゃないてしょうか。

常用としても使えますが、600mmまでズームできるレンズを常時付けるのは違うような・・・

 

実際問題

マウントはキャノンとニコン、2社のみという事なので、残念ながらソニーのEマウントは販売されません。
タムロンの既製品でEマウントは1本だけなので、開発はなかなか消極的なようですね。

Eマウントで400mmの超望遠ズームはまだ1本のみでかなり高価です。
需要はありそうですし、私もα6000で使いたいので出ればすぐにでも買うのですが・・・

 

今回紹介したもの

タムロン製品ページ

関連コンテンツ