ワードプレスに「PHPの更新が必要です」 エックスサーバーでの解決方法とは

僕はこのブログの他にもブログも運営しています。

その別のブログにてワードプレスのダッシュボードに「PHPの更新が必要です」というメッセージが出てきました。

 

ワードプレスで更新というと、基本はプラグイン、次いでテーマの更新くらい。

プラグインの更新もテーマの更新もワードプレスのダッシュボード内でできるので、更新に戸惑う事はありません。

しかし今回出てきた「PHPの更新が必要です」というメッセージ。

ワードプレスの中を見てもどこに更新する項目が無い!

どこで更新すんねん!!

という人(自分も含む)のために解説です。

補足説明

PHPのバージョンアップによって動作しなくなるテーマやプラグインがあるそうです。

念のためバックアップを取ってから作業を開始しましょう!

PHPの更新 しないとどうなる?

PHPの更新をしないとどのような事が起きるのか、ワードプレスの公式サポートサイトにて紹介されていたので抜粋します。

PHP の最新バージョンには大きく2つの利点があります。

  • Web サイトがより速くなります。PHP の最新バージョンは以前のバージョンよりも効率的に動作します。最新の対応バージョン (現在は7.3) にアップグレードすると、以前のバージョンに比べてパフォーマンスが最大で3倍〜4倍向上します。
  • Web サイトがより安全になります。PHP は WordPress と同様にコミュニティによってメンテナンスされています。PHP は非常に人気があるため、ハッカーの標的です。最新のバージョンには最新のセキュリティ機能が実装されていますが、以前のバージョンにはこうした機能が含まれていません。PHP のアップデートは WordPress サイトの安全性にとって非常に重要です。

さらに副次的な利点がいくつもあります。

  • 速い WordPress サイトは検索エンジンに高く評価されます。したがって検索ランクが上がります。
  • 速いサイトは訪問者の滞在時間が長くなります。訪問者は読み込みに長い時間がかかれば離脱しますが、パフォーマンスが良ければサイトはその分効果的になります。
  • 高いセキュリティを保つサイトはハッカーに対してより安全です。サイトがハッキングされれば対応コストがかかりますし、サイトの評判も下がります。

出典元:Update PHP | WordPress.org

エックスサーバーでPHPの更新をしよう!

結論から言うと、PHPの更新はサーバーの管理画面から行います。

今回PHPの更新方法を紹介するのはエックスサーバーです。

特に難しい作業でもないので、画像を入れながらガシガシと紹介していきたいと思います。

まずはサーバーパネルにログインしましょう!

①PHP Ver. 切替を選択

中央下部にあるPHP項目から「PHP Ver.切替」を選択します。

②更新するドメインを選択

自分のドメイン一覧が表示されるので、更新するドメインを選択しましょう。

③PHPを更新する

画像の黒塗りの場所は選択したドメインです。
(更新するドメインは、このサイトではないので隠しています)

「PHPの更新が必要です」というメッセージが出たドメインには
PHP5.6.40(非推奨)と表示されていました

プルダウンメニューから最新のPHPを選択して「変更」をクリック。

更新が終ったら

ワードプレスのダッシュボードにログインし、
「PHPの更新が必要です」のメッセージが消えた事を確認しましょう。

以上で終了です。

お疲れさまでした!

関連コンテンツ