【AKIRA】レゴブロックで金田のバイクを作ろう!

未だに名作として語り継がれるAKIRA。

AKIRAにおいて避けられないのが、この記事で紹介する金田のバイクです。

1980年代に描かれたAKIRAですが、当時にあのデザインのバイクを描く大友克洋は評価せざるを得ません。

当時、父親のレーザーディスクでAKIRAを見ながら、「なんだあのバイク!?」と衝撃を受けたのを覚えています。

そんな金田のバイクがレゴブロックで蘇りました!

個人的な話なのですが、僕は幼少期からレゴブロックが好きで、誕生日やクリスマスのイベント毎にレゴブロックを買っていました。

既にほとんどのレゴブロックは手放してしまったのですが、「AKIRA×レゴブロック」というまるで「トンカツ×カレー」のような組み合わせに、散々迷った挙句に購入しました。

目次

注文の方法など

ちなみにこの金田のバイクは原作AKIRAともレゴブロックとも無関係です。

Arvo Brothersという2人の兄弟が非公式ながら設計図を作成し、販売しています。

そして設計図はこちらのサイトからのみ購入可能です。

ブロックの購入方法

設計図のみの購入なので、ブロックは付いていません。

ブロックは単品の通販サイトがいくつかあるので、そちらで購入します。

僕は毎月1000円分のブロックを買い、「週刊大人の〇〇」っぽい感じで組み立てていく予定です。

久しぶりにゆっくりと子供の時間を味わっていくつもり。

単純にお金がないのもあるけどね。

俺のアイコン画像

僕はブリッカーズという通販サイトを使っています。Amazon payで支払いできるのが便利です。

取り扱っていないパーツがあるので注意

僕は上記のブリッカーズという通販サイトで購入していますが、取り扱いの無いパーツがありました。

問い合わせたところ、「メーカーの純正品ではない」という回答でした。

前にレゴで使った覚えのあるパーツだったのに、そんな回答はアリなんだろうか…。

文句を言っても解決できないので、ブリッカーズで取り扱っていないパーツは別の通販サイトで購入しています。

正規の購入方法

いちいち単品を調べて購入するのは面倒だという人もいると思うので正規の購入方法を紹介します。

設計図を購入するとXMLというファイルが添付してメールが送られてきます。

BrickLinkというブロック通販サイトにて添付のXMLファイルを使用すると、金田のバイクを作成するのに必要なブロック一覧が表示されます。

「まとめて買う」を選択したら、世界中のレゴブロック単品サイトから必要なぶんをピックアップして一括でカートに入れてくれます。

設計図が届いた

注文して10日後くらいで設計図が届きました。国際便なので、これくらいが普通なのかな。

ちなみに設計図はもちろん全て英語です。

序盤は英語の解説で、中判から組み立ての図面です。

組み立てのページまで来ると見慣れたレゴブロックの設計図で、どこか懐かしさすら感じました。

俺のアイコン画像

レゴブロックって万国共通なんだな と改めて実感。

金田のバイク制作手記

1か月目

奥にめちゃくちゃパーツが余っているのが分かるでしょうか。

パーツの注文を忘れて、先に進めていません。

来月の楽しみが増えたと思って、前向きに楽しんでます。

二か月目

今回もパーツが後ろにありますね。

えぇ。注文ミスです。

先月に頼み忘れたパーツを注文したら、今月分の同じパーツを注文するのを忘れました。

「ら、来月の楽しみが増えただけだから…」

3か月目

今まで送料を含めると1000円をオーバーしていた事や、今月は他の事で出費が多かったので、ブロックの投資は少なくしました。

注文したブロックの数は少なかったけど、今までの注文ミスで取り付け待ちだったパーツが全て付いたので、実質たくさん作れて大満足です。

今月の出費のカバーのため、来月の出費も抑えていきます。

4か月~ 制作一時中段のお知らせ

現在、日本で入手不可能なパーツを海外から集めており、パーツの金額より送料が馬鹿にならない状態です。

ブロックの購入は継続して続けていきますが、毎月出費の平均額は1000円近くにしていく予定です。

進捗状況は一時中断します。

購入したブロックの金額は更新していくので、送料などに興味のある方は最後まで読んでいってください。

金額まとめ

この記事を書いた人

サラリーマンとフリーランスのハイブリッドです。
興味があれば連絡はコンタクトフォームからお願いします。
詳しいプロフィールはこちらからそうぞ。

関連コンテンツ(一部広告含む)

目次
閉じる