結婚したらお小遣いの管理をジャパンネット銀行でしよう!

結婚するとお小遣いの管理に困りませんか?

特に通販などをしていると、銀行振込やクレジットカードを使用する事が多いと思います。
だからと言って、家庭用の口座から銀行振込をしたり、クレジットカードを使ったりするとお金の管理が面倒ですよね。

もういっそのこと口座を作ってしまおう と思って色々調べた結果今はジャパンネット銀行を使っています。

そんな私も使っているジャパンネット銀行の魅力をこの記事で紹介していきたいと思います。

ジャパンネット銀行の魅力

開通手続きが簡単

口座開設用のスマートフォンアプリをダウンロードして、アプリの流れにそって登録します。

必要なものとして、免許証などの身分証明証がありますが、そちらも専用のアプリをダウンロードしてスマートフォンで撮影して送信するだけです。

家にいるだけ、ほんの数分だけで手続きが完了します。

あとは自宅でキャッシュカードが届くのを待ちましょう。

安心のセキュリティ

銀行で一番大切な要素ってやっぱりセキュリティですよね。

ATMで使う一般的な4桁パスワードの他にワンタイムパスワードと呼ばれるキーホルダーのような物が貰えます

ワンタイムパスワードには6桁の暗証番号が表示され、時間とともに変化します。
時間とともに変化するパスワードなので、コピーされたところで時間が経つとそのパスワードは使えなくなっています。

ワンタイムパスワードは後ほど紹介するスマートフォンやパソコンから銀行振り込みをする際に使用します。

定額自動入金サービス

お小遣いはどの家庭も定額かと思います。
お小遣いが入るたびにATMから自分の口座に入金するのって面倒ですよね。

定額自動入金は他の金融機関から、ジャパンネット銀行に毎月決まった額を移動するシステムです。手数料などもありません。

メインの銀行に給料が振り込まれた数日後に日にちを指定しておけば、給料が振り込まれた後に自動的にお小遣いが振り分けられます。

スマートフォンから残高確認

ネットバンクって見えないネットの中で管理されているから心配 と思っている人も少なくないと思います。

ジャパンネット銀行では専用のスマートフォンアプリをインストールすれば、スマートフォンから残高の確認ができます

また、契約時に登録するメールアドレスに入金や引き出しの連絡が来るので、口座に怪しい動きがあってもすぐ対応できます。

インターネットから銀行振り込み

通販をしてもいるとよく使う銀行振り込み。
使っている銀行によって営業時間があったりして面倒だと感じる人は私だけではないはず。

ジャパンネット銀行ではパソコンやスマートフォンからも銀行振り込みが可能です。

インターネットからなので24時間営業と同然ですし、ATMと違って後ろで人も待っていないので、余裕をもって振り込み先の入力ができます。

銀行振り込みのページには上で紹介したジャパンネット銀行のアプリから移動できるので、わざわざネットで振り込みページを検索する必要もありません。

コンビニから無料で引き出し

ネットバンクなんてどこで引き落とすんだよ という人もいるかもしれません。
支店が無いのでそう思うのも当然です。

ジャパンネット銀行はセブン銀行やローソン銀行などのATMで引き出し可能です。

ただ無料なのは月に1回のみ というのが欠点でしょうか。

VISAデビット付き

申し込めばキャッシュカードにVISAデビット付属させる事ができます。

クレジットカードは決まった日にちに月の利用額が引き落とされますが、デビットは使った瞬間に引き落とされます。
キャッシュカードの中に残高がないと支払いができないようになっているので、使いすぎる事が絶対にありません。

クレジットカードは使うとポイントが貯まって、色々な物に還元できますが、デビットは一般的なクレジットカードとは異なりポイントは付きません。

Tカード付き

こちらも申し込めばTポイントカード機能を付ける事が可能です。

Tカードについては説明の必要はないでしょう。

私の基本的な使い方

これらの機能を使って私がどんな使い方をしているかを軽く紹介ます。

まず定額自動入金サービスで給料が入る口座からお小遣い分を入金します。

お小遣いの多くは通販に消費するので、支払いはクレジットカードです。クレジットカードの支払いの口座は自分のジャパンネット銀行の口座に設定してあります。

基本的にはJCBで支払いをするのですが、時々JCBに対応していない店舗があります。そういった時は付属のVISAデビットで支払いをします。

銀行振り込みも時々利用しますが、それもジャパンネット銀行で。

最後にTポイントですが、私はカメラが趣味なので、カメラのキタムラをよく利用します。
キタムラはTポイントにも対応しているので、写真のプリントや機材の購入で貯めたり使ったりしています。

時々現金が必要になるので、コンビニで下ろしていますが、月に1度で収まるので、手数料もかかった事はありません。

まとめ

お小遣いの管理として紹介しましたが、もちろん普通の銀行としても使えます。

私はカメラの機材をお小遣いで貯めながら購入しているので、購入前はそこそこの金額になっています。
そんなお金を財布に直接入れるのも、安全面が心配なのでやっぱり銀行に預けていた方が安心です。

最近では現金を持たないキャッシュレス化も進んでいるので、お小遣いの管理もジャパンネット銀行を使ってみてはいかがでしょうか。

ジャパンネット銀行のホームページは下のリンクからどうぞ

ジャパンネット銀行

関連コンテンツ