僕がインスタグラムを辞めた3つの理由と移行先

趣味で写真を撮る人が増えていますよね。僕もその一人です。

写真を撮っているとやっぱり色々な人に見てもらいたくなるもの。

ネットが主流の今は、今回の記事の本題であるインスタグラムの他、500px、VEROなど写真を公開する場がたくさんあります。

僕はあまりのSNSの知識がないので、とりあえず有名なインスタグラムに登録してみたのですが、使ってみると思っていたのと違ったので辞めました。

この記事ではインスタグラムを辞めるに至った理由とその後について紹介していきたいと思います。

目次

僕がインスタグラムを辞めた3つの理由

作品ではなく「自分の今」を配信するサービス

インスタグラムは基本的に新しい投稿の順番に写真が表示されていきます。

こうなると過去の写真はどんどん埋もれてしまい、古い写真を見てもらう機会は減ってきます。

僕は単純に自分の作品を披露する場が欲しかったんです。

僕にとって作品である以上、古い写真であろうが順番なんて関係ありません。

むしろ順番を自分で決めたいくらい。

インスタグラムは友達に「今こんな事してるよ」「前にこんな所に行ったよ」という発信するサービスなんだと思います。

自分の作品を出す場としてはちょっと違う気がしました。

ハッシュタグが面倒

説明する必要もないかもしれませんが、一応ハッシュタグの説明をしておきます。

ハッシュタグとは「#(ハッシュ)」から始まるタグのことで、投稿のコメント欄に「#〇〇」といった形でつけることができます。

ハッシュタグを付けるとインスタで検索することが簡単になったり、同じ場所で撮られた写真などを見ることができたりするのでとても便利ですよね。

出典元:【インスタ】「タグ付け」ってなに?タグ付けの方法・意味と「ハッシュタグ」との違い | アプトピ

ハッシュタグをつける事で自分の写真にアクセスしてもらえる可能性が高まります。

それによって横行しているのが、写真に大量のハッシュタグを付ける行為。

こんな感じでハッシュタグを付けまくる

team_jp #OLYMPUS #IGersJP #pics_jp #instagram #instagramjapan #RECO_ig #good_portraits_world #ig_phos #as_archive #HUEART_life #indies_gram #東京カメラ #tokyocameraclub #fukuokapics #hueart_4sb #Ray_moment #art_of_japan_ #Lovers_Nippon_Portrait #photo_jpn #bestjapanpics #photo_shorttrip #whim_life #daily_photo_jpn #visitjapanjp #photogenic_jp #closeup_archive #japan_daytime_view #japan_night_view

もう何がなんだか…。

もちろん少ないタグで地道にフォロワーを集めている人もいます。

でも僕には必要最低限のハッシュタグすら面倒でした。

画像のサイズに自由が利かない

インスタグラムは画像の縦横のサイズが限られています。

具体的なサイズまでは把握していないのですが、縦位置の写真は大きくトリミングされます。

製作者の好きなサイズでアップできない作品集があってたまるか!!

画像のサイズに関してはアプリのアップデートで解決できそうなんだけどな。

僕の移行先

こんな感じで僕はインスタグラムを辞めて、今は自分のポートフォリオサイトを作って公開しています。

インスタグラムはアクセス解析が無いのでインスタグラムの頃と比べてアクセスの変化は分かりません。

ポートフォリオサイトはフォロワーがいないので、固定のお客さんは減ったかな。

作ったポートフォリオサイトはこんな感じになっています。

Iwata Yamato Photogallery

このサイトはAdobe portfolioというサービスで作っています。

Adobe portfolioはAdobeのフォトプランに入っていれば誰でも無料で作る事ができます。

サイトの仕組みが分からなくても、適当に触っていればすぐに理解できるので簡単に作成する事ができます。

作ったサイトはAdobeが提供するAdobe BehanceというSNSに自動でアップロードする事もできます。

「SNSで公開しつつポートフォリオでも作品として公開したい」という人には打って付けのサービスです。

またBehanceはレベルが高いので、良い刺激が貰えます。

僕の写真なんてヘタレもいいところ。

一応インスタグラムも継続中

辞めたと言いながらインスタグラムも実は時々更新しています。

今までフォローしていた人たちもいますし。

インスタグラムのプロフィールにURLを貼ればインスタグラムからAdobe portfolioの流入も期待できるので、インスタグラムとAdobe portfolioの両方で投稿してもいいと思います。

双方とも目的が違いますしね。

まとめ

インスタグラムの不満をぶちまけてみましたが、いかがでしたか?

インスタグラムで僕と同じような思いをしている方。

Adobe portfolioで自分のサイトを運営してみてはいかがでしょうか。

僕が使っているAdobe portfolioは下のリンクで詳しく紹介しています。

Amazon売れ筋ランキング

  • デジタル一眼
  • コンデジ
  • SDカード
  • 三脚
  • カメラバッグ
  1. ミラーレス一眼
  2. デジタル一眼レフ
  3. ミラーレス一眼
  4. デジタル一眼レフ
  5. ミラーレス一眼
    発売日 : 2021年12月23日
    価格 : ¥698,500
    新品最安値 :
    ¥698,500
  6. デジタル一眼レフ
  7. デジタル一眼レフ
  8. デジタル一眼レフ
  9. ミラーレス一眼
  10. ミラーレス一眼
  11. ミラーレス一眼
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥19,800
    新品最安値 :
    ¥19,800
  12. デジタル一眼レフ
  13. デジタル一眼レフ
  14. デジタル一眼レフ
  15. ミラーレス一眼
  16. デジタル一眼レフ
  17. ミラーレス一眼
  18. デジタル一眼レフ
  19. デジタル一眼レフ
  20. デジタル一眼レフ
  1. コンパクト
  2. コンパクト
  3. コンパクト
    発売日 : 2019年03月29日
    価格 : ¥25,400
    新品最安値 :
    ¥25,400
  4. コンパクト
  5. コンパクト
  6. コンパクト
  7. コンパクト
  8. コンパクト
  9. コンパクト
  10. コンパクト
  11. コンパクト
  12. コンパクト
  13. コンパクト
  14. コンパクト
  15. コンパクト
  16. コンパクト
  17. コンパクト
  18. コンパクト
  19. コンパクト
  20. コンパクト
  1. SDカード
  2. SDカード
  3. SDカード
  4. SDカード
  5. SDカード
  6. SDカード
  7. SDカード
  8. SDカード
  9. SDカード
  10. SDカード
  11. SDカード
  12. SDカード
  13. SDカード
  14. SDカード
  15. SDカード
  16. SDカード
  17. SDカード
  18. SDカード
  19. SDカード
  20. SDカード
  1. 三脚
  2. 卓上三脚・ミニ三脚
  3. 三脚
  4. 三脚
  5. 卓上三脚・ミニ三脚
  6. 卓上三脚・ミニ三脚
  7. 三脚
  8. 卓上三脚・ミニ三脚
  9. 三脚
  10. 雲台・ヘッド
  11. 三脚
  12. 卓上三脚・ミニ三脚
  13. 三脚
  14. 三脚
  15. 三脚
  16. 三脚
  17. 三脚
  18. 一脚
  19. 三脚
  20. 三脚
  1. カメラバック・ケース
  2. カメラバック・ケース
  3. カメラバック・ケース
  4. カメラバック・ケース
  5. カメラバック・ケース
  6. カメラバック・ケース
  7. カメラバック・ケース
  8. カメラバック・ケース
  9. カメラバック・ケース
  10. カメラバック・ケース
  11. カメラバック・ケース
  12. カメラバック・ケース
  13. カメラバック・ケース
  14. カメラバック・ケース
  15. カメラバック・ケース
  16. カメラバック・ケース
  17. カメラバック・ケース
  18. カメラバック・ケース
  19. カメラバック・ケース
  20. カメラバック・ケース
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる