DHC MEN オールインワンモイスチュアジェルで男も肌のケアをしよう

日頃はカメラやガジェットの記事ばかりなのですが、雑記がてらに私がいつも使っているオールインワン美容液の紹介をしてみようと思います。

やっぱりオタクだろうが、身だしなみは必要です。
そしてスキンケアも身だしなみの一つです。

特にカメラを持っていると人目につくので、清潔感のあるスタイルで撮影に臨むべきだと思っています。

とか言っていますが、もともと乾燥肌で、対策を調べていると今回紹介するDHCの美容液を見つけました。

最近は男性もエイジングケアをする時代です。
調べたときに出てきた情報もまとめていきながら記事にしていきたいと思います。

男性も必要な肌のケア

美容液と聞くと「女性」といったイメージが強い人が多いと思います。私もそうでした。

肌の大敵というと紫外線です。紫外線はシミやシワの原因となります。
そんな紫外線に対する意識があまりありません。

趣味にしても仕事にしても男性は外に出る事が多いと思います。
趣味のアウトドアで日焼け止めクリームを塗ったり、仕事の外回りで日傘を差したりする人は少数ではないでしょうか。

また男性特有の髭剃りも肌へのダメージの一つです。
前述したように私も髭剃りの後によく肌が荒れてしまいます。
髭剃りは髭以外にも肌の角質層まで傷つけ、傷ついた角質層からトラブルが起きるようです。

女性は昔から肌トラブルに敏感でそういった対策をするのが当たり前です。
こういった事を考えると男性の方が女性より肌のケアに敏感にならなければいけないのかもしれません。

DHC MEN オールインワン モイスチュアジェルの紹介

オールインワン

化粧水、美容液、乳液、クリーム、全てがこの1本に入っています。
製造しているDHCが適切な配合をしてくれているので、美容液初心者としてかなり安心です。
DHCという美容のベテラン企業という点も信頼できるポイントの一つです。

オールインワンの弱点として、「最近肌が乾燥してきたから、今日は化粧水多めで」といった自分の肌の状態に合わせてのケアはできません

使用方法や用途

風呂上がりや洗顔後に適量を手にとって肌になじませるだけです。
オールインワンは使い方も簡単なので、本当に便利ですね。
妻の風呂上がりのスキンケアを見ていると「オールインワンでよかった」と思ってしまいます。

美容液以外にもアフターシェーブやボディークリームとしても使えます。
アフターシェーブとしては私は使いませんが、ボディークリームとしてよく使っています。
主な使う場所は「手」です。
手も年齢が出る場所の一つなので、 アンチエイジングも兼ねて私は使っています。

使った感想

私は風呂上がりと寝起きの洗顔後に使っています。

もともと顔の乾燥肌対策で購入しましたが、効果はバッチリ体感できています
気になり始めていたほうれい線も目立たなくなってきたように思います。

色とか匂いとか

上の写真が実際に私が撮影したものです。無色で透明なので、塗りすぎても白くなりません。

匂いはやさしい柑橘系です。
ベタつきもなく、すぐにサラサラになるので、急いで出かける時もサッと塗って外出できます。
のびはそこそこですが、顔や手などに使うには十分です。

注意点

製品の注意欄にも書いてありますが、蓋の閉め忘れに注意してください。

一日だけ閉め忘れてしまったのですが、出口が固まって塞がってしまう事がありました。

まとめ

乾燥肌対策をメインに、エイジングケアの効果があればいいなー くらいの感覚で購入しましたが、悪い点が全くなくとても満足しています。

私は20代後半でまだアンチエイジとは無縁だと思っていましたが、20代だろうが10代だろうが、肌が紫外線を浴びてダメージを受けていることは事実です。
昔からの肌のダメージの蓄積が後々効いてくるという話はよく聞くので、この美容液が30代、40代頃に差をつけてくれると期待しています。

価格も手ごろで容量も大きいので美容液やアンチエイジングに興味を持った人のデビューにもおすすめです。

DHC公式サイトへは下のリンクからどうぞ

今回紹介したもの

DHC MEN オールインワン モイスチュアジェル
  • DHC(ディー・エイチ・シー)
  • 価格   ¥ 1,509 ¥ 1,620
  • 販売者 Amazon.co.jp
DHC MEN オールインワン ディープクレンジングウォッシュ 詰め替え用
  • DHC(ディー・エイチ・シー)
  • 価格   ¥ 1,296
  • 販売者 Amazon.co.jp

関連コンテンツ