ライフイズストレンジ レビューと感想

8月のフリープレイ、ライフイズストレンジをプレイしてきました。

元々評判が良かったのは知っていましたが、なかなか手を出す機会もなく忘れていた頃にフリープレイで出てきました。

クリア、トロフィーコンプまで終わったのでレビューしていきます。

ライフイズストレンジはフランスのゲームスタジオ「DONTNOD」が開発したゲームです。
私の知識不足ですが、全く知らないゲームメーカーでした。

ネットで調べてもほとんど記事が出てきません。

あらすじ

アメリカ オレゴン州の田舎町アルカディアベイ。
アルカディアベイにある学校、ブラックウェル高校では生徒の失踪事件が起きていた。

そんな中、ブラックウェルの生徒の一人であるマックスは授業中に居眠りをしてしまい、ハリケーンが街を襲う恐ろしい夢を見る。
そんな悪夢から覚めるとマックスは時間を巻き戻す事ができるようになっていた。

その力を始めて使ったのは殺人の回避。
助けた人物は偶然にも昔の幼馴染で親友のクロエ。

マックスはクロエと共に失踪事件の謎を追う。

ライフイズストレンジの特徴

時間を巻き戻す

会話や行動の前まで時間を戻すことができます。

例えば一度間違った選択をしても、時間を戻す事で正解の答えを再度選択できます。

また、他の生徒に事故があった後に時間を戻して警告してあげれば事故を回避したりできます。

巻き戻し後

「もちろん」「かます?」の他に、さっき聞いた「ノーズスライドしにきた」が追加されました。

タイムリープする

写真を使ってタイムリープができます。

写真を使うといっても、好きな場所で写真を撮れるわけでもなく、フラグが立った時だけなので自由度はありません。

ライフイズストレンジ レビュー

時間の巻き戻しは制限があるし、マップも広いわけではありません。

そして時間が戻せると言っても、良い選択が必ずあるとも限りません。

色々と窮屈なゲームでしたが、良い意味で学生時代の窮屈さを表現できていたと思います。

チャプターの終わりに世界中のプレイヤーや自分のフレンドがどの選択をしたか統計で確認ができます。

トロフィーも簡単なので1周目で全て回収できますが、ストーリーに没頭するためにも最初の1周は攻略サイトを見ずにプレイする事を推奨します。

クリアしたチャプターはチャプターセレクトで途中からスタートが可能なので、トロフィーの回収も簡単でした。

感想

この作品のテーマは「1匹の蝶の羽ばたきは気象に効果を与えるか」というカオス理論がテーマとなっています。
一つの選択の直後は良い方に動いても、遠い未来で悪い方に動く可能性がある。
正解はわからない。言うなら自分の選択が正解です。

作中の様々なシーンで選択を迫られますが、最後の選択はまさに究極の選択とも言える選択でした。

”時間を巻き戻す”という大きな力を手に入れた女子高生。
その力は世界を救うわけでもない、大きな恋愛でもない。
マックスは昔の親友を救う事に使いました。

この一つの選択が今後どんな事を引き起こすのか。

この結末は涙無しでは語れません。

もし自分に同じ能力があれば、主人公マックスと同じ立場なら。
そんな選択を自問自答しながら青春を謳歌するゲームです。

まとめ

時間を戻せる能力は未来が見えると言っても過言ではありません。
未来が分かるからこそ築ける友情もあります。

しかし未来は必ず良い物だとも限りません。
辛い未来だと分かっていながら選択する事もあります。
そんなマックスの青春を見届けるストーリーです。

低価格なので全体的なボリュームは少な目ですが、プレイ後の満足感は素晴らしいものでした。

ライフ イズ ストレンジ - PS4
  • スクウェア・エニックス
  • 価格   ¥ 3,847 ¥ 4,888
  • 販売者 Amazon.co.jp

追記

ライフイズストレンジの過去の物語。

ライフイズストレンジ ビフォーザストームをプレイしてきました。
感想やレビューは下のカードからどうぞ。

ライフイズストレンジ ビフォーザストーム レビューと感想

2018年6月10日

関連コンテンツ