シャーロックホームズ-悪魔の娘- レビューと感想

2018年5月のフリープレイになっている『シャーロックホームズー悪魔の娘-』をクリア、トロフィーコンプしてきたので、レビューと感想を書いていきます。

このゲームの開発はFrogwares、日本語ローカライズはオーイズミアミュージオとなっています。
すみません両方とも聞いたことありません・・・

この作品は日本では1作目ですが、海外では人気シリーズらしく8作目となります。
シリーズに繋がりはないようで、シリーズ初プレイでも普通に楽しめました。
しかし登場人物の紹介などは全く無いので、シャーロックホームズを読んだことはなくても、助手のワトソンやライバルのモリアーティー教授など有名すぎるキャラクターは知っておいた方がいいかもしれません。

コナンドイル原作のシャーロックホームズは読んでいない事もあり、時系列などがよく分かりません。
オリジナルストーリーなので、パラレルワールドのようになっているのかもしれません。

シャーロックホームズ-悪魔の娘-

シャーロック・ホームズ -悪魔の娘- - PS4

主人公シャーロックホームズとなり、事件の捜査をし、集めた証拠品から事件の犯人を導き出します。
物語は5部構成で、1~4部を攻略していきながら5部への伏線を回収していきます。

ホームズは鋭い観察能力を持っています。この観察能力を利用しながら、依頼主や容疑者の特徴を見つけ出し操作を進めていきます。

またストーリーの一部ではホームズ以外のキャラクターも使用可能で、例えば元軍医で助手のワトソンを操作して負傷したキャラクターの手当てなどもしていきます。

ちなみにパッケージには杖を持ったホームズと銃を持ったワトソンが血気盛んな感じで描かれていますが、ガッツリした戦闘などはありません。アクションではないので注意してください。
(あとパッケージより老けてた)

特徴

まずはメインとなる推理です。
現場に行ったり、容疑者の所持品を調べたりしながら、事件の証拠を集めていきます。

集めた証拠品は手がかりとなり、手がかりを組み合わせる事で容疑者を絞っていきます。

探索は完全にノーヒントです。一応スキップもできますが、探索アドベンチャーでスキップは邪道でしょう。

そして物語の途中にはミニゲームが散りばめられています。

鉄骨の上を渡ったり

尾行したり

腕相撲をしたり

変装もしちゃったりと、プレイヤーを退屈させない要素が色々あります。

マップも1900年代の街並みがよく作りこまれています。
しかし当時の時代背景のせいか全体的に暗い雰囲気です。

アサシンクリードのように時代背景を全面に押し出したゲームではないので、この風景が信憑性のあるものなのかはよく分かりません。

感想とまとめ

ストーリーにアップダウンが少なく、淡々とストーリーが進んでいく場面が多くありました。

逆転裁判シリーズをプレイした事がある人なら分かるのですが、ひたすら探索パートをやっている感じです。
法廷パートが無いので、犯人を追い詰める楽しさがありません。
「犯人はお前だ!!」と言ったら終わりで、本当にその人が犯人なのか公表されません。自分の選択が正しいのか間違っているのかも分からず、若干後味も悪かったり・・・

一番盛り上がるのはもちろん最終章も5部なのですが、5部が始まるといきなりクライマックスで「おぉ、アイツ怪しかったけど急に凄い事になった」という感じでした。
もっと1~4部にかけて徐々に面白くなってくればよかったなと思いました。

またマップのロードがかなり長いです。
ロード時間には証拠や証言の整理ができたりと、一応対策はされているのですが、私の性格のせいもあり集めた証拠はすぐ整理してしまうので、ロード時間はかなり退屈でした。

正直これにフルプライスはキツイです。ミドルプライスくらいのボリュームかなと思います。
プレイ時間も10時間も経っていないように思います。
1週目でトロフィーコンプも可能で、2週目をやるほどのやりこみもありません。

トロコン狙いや中古なら買ってもいいのではないでしょうか。

シャーロック・ホームズ -悪魔の娘- - PS4
  • インターグロー
  • 価格   ¥ 9,879
  • 販売者 インターネットショップ HIROMU 【全てのお客様に満足頂けるショップを目指しております。】

関連コンテンツ