VOX PLUS BE 3DVRレビュー。手軽にVRを体験しよう!

2016年はVR元年として話題になりました。
しかしPCのVRは高いスペックが求められ、PCより安価なPlayStationVRは予約がいっぱいで入手困難です。
正直私も欲しいけど、PlayStationVRですらやっぱり高価なのが現状です。

というわけで、スマートフォンで手軽にVRに触れられる!
VOX PLUSから発売されているVOX PLUS BE 3DVRの紹介です!!

まずVRってなに?

Virtual Reality(バーチャルリアリティー)の略です。
ゴーグルやヘッドホンを通し、別の場所に居るような感覚を与えます。
軍事的な利用から、ゲームまで色々な使い方が注目されています。

似たものにARもありますね。
画面を通してそこに仮想的な物を作り出します。
最近だとポケモンGOがARです。

準備するもの

  • VOX PLUS BE 3DVR
  • 5インチくらいのスマートフォン(機種はなんでもOK 画面が小さすぎるとダメかも)
  • ヘッドホン(VOX VRに付属している場合は不要)

VOX PLUS BE 3DVRの外観を見てみる

簡単な仕組みなので触ればすぐにわかりますが、確認も含めて各ボタン等の説明。

全体

本体奥のダイヤルで目の間隔を調節します。
手前にあるボタンで蓋が開きます。
右下から出ている配線はイヤホンジャックです。

側面

左のオレンジ色のダイヤルで目とスマートフォンの距離を調節します。
反対側も同じようになっています。

底面

左側のスイッチでボリュームのコントロールができます。スマートフォンにセットするとスマートフォンには触れないので便利です。
右の「OK」と書いてあるボタンが「OKボタン(そのままかよ)」です。詳しい使い方は次の項目で。

VOX VRの使い方

蓋を開けてスマートフォンをセットするだけです。
ヘッドホン一体型は一緒にイヤホンジャックの取り付けも忘れずに。

あとは目の間隔や、焦点距離をレバーやつまみで調整して、スマートフォンでアプリや動画を再生します。

youtubeで再生する場合は、画像右下のVRモードを選択して、画面を2分割にしてください。

OKボタンについて

YouTubeで動画を再生する際は、自分の視点と「OK」ボタンで操作ができます。
VRヘッドセットを外さずにシークバーの移動や動画の選択ができるので便利です。

アプリ等は対応していない事が多いです。

注意点

画面を分割してVOX VRにセットしますが、分割した中心とVOX VRの中心をきちんと合わせましょう。
ズレていると目のピントが合わず、違和感がすごいです。

早速見てみよう

試してみたVRアプリ

VR Thrills: Roller Coaster 360 (Google Cardboard)
ジェットコースターの体験アプリ
遊べるコースは2種類です。

WingSuit VRVR Thrills: Roller Coaster 360 (Google Cardboard)ダイビングスーツを着て、スカイダイビングするアプリ。
ゲームになっているので、自分で操作してダイビングできます。

なごみの耳かきVR
なごみちゃんに癒してもらおう!
それ以外に説明する必要はなし!

試してみたYouTube VR動画

ダイビングスーツでスカイダイビングしている動画です。
風を感じるような気持ちよさ。

ゲームのPVです。
CGでしかできない表現が魅力的です。

感想

触れておくべき最先端の技術

映画館を超最前列で見ているような、自分がカメラを操作しているような、不思議な感覚でした。
立体音響が使われているアプリもあり、臨場感が本当に凄いです。
夢中になると本当に自分が何処を向いていたか分からなくなります。

操作性バッチリ

ヘッドセットはしっかり頭を固定してくれるので、全然ずれません。
「OK」ボタンもかなり便利でした。

視力が悪くても大丈夫

裸眼で視力0.02、更に軽度の乱視の私ですが、メガネを外しても何の問題もなく使えました。
(実は何も考えずに購入した)

心配事とか

画質が良くない

理屈はよくわかりませんが、HDでもあまり画質が良くありません。
現状ではHDを超える4Kに対応したスマートフォンはSonyのXperia Z5のみ。
Xperia XZ Premiumに4Kが搭載されるようです。(4Kにして解決するかは不明)

コンテンツが少ない

5年くらい前にあった3Dテレビは、なかなか魅力的なコンテンツが揃わずに衰退しました。
正直VRも「1回使ったらしばらくいいかな」とも思います。
ゲームをプレイすると考えが変わるかもしれません。

まとめ

値段的にも買って良かったと思いました。
「映画っぽさ」から「そこにいる」感覚になるまであと一歩といった感じです。

あーVRでゲームがしたい・・・

今回使った機材

 

関連コンテンツ