不祥事、不具合の多い海外端末。安心安全なメーカーはどこ?

最近HUAWEI(ファーウェイ)が日本で排除されるとの報道がありました。

ファーウェイは安価でコストパフォーマンスの良い中国端末として人気でした。

しかし海外メーカーは日本メーカーと比べると、安全や信頼において数歩後ろにいる気がします。

この記事では、海外メーカーでありながら不祥事の少ない安心して使えるメーカーをまとめました。

色々ある スマートフォンの不祥事

HUAWEI(ファーウェイ)

冒頭でも紹介したファーウェイ。

ファーウェイは中国政府との関係が強いと言われています。

中国を敵対する国からすると「変な端末持ち込まれて中国に情報を抜かれるとヤバイ」という事から、各国から排除されていっています。

ZTE

ZTEも中国のメーカーです。

ファーウェイは民間企業ですが、ZTEは中国の国営企業です。

ファーウェイ同様に中国政府との関係が指摘されていて、敵対国から排除されています。

ただファーウェイのように端末内から何か見つかったという報道はありません。

Samsung(サムスン)

韓国の電子メーカーでGALAXY(ギャラクシー)シリーズのCMを見た事がない人はいないはず。

以前はドコモから対iPhone端末としてギャラクシーが売られていたほどにサムスンが注力して開発していました。

スマートフォンでは大きな不具合はありませんが、タブレット端末であるGALAXY NOTE7の多数が発火や爆発の報告が上がっています。

FREETEL(フリーテル)

Made by Japanを謳った中国メーカー。

”日本で企画、中国で設計製造”という戦略で安価な端末を日本向けに製造していました。

Made”in”ではなく”by”なのはこれが理由です。

見つかった不具合はプリセットの美顔アプリが中国と無断で通信をしている というもの。

中国で作らせた悪い所がモロに浮き彫りとなってしまいました。

以前は通信分野も自社で行なっていましたが、現在は楽天の傘下となっています。

iPhone

誰もが知っているAppleのiPhone。

iPhoneは誰もが知っている通り、アメリカのApple社のスマートフォンです。

経年劣化によりバッテリーが弱くなってくる対策として、アップデートでユーザーに無断でスマートフォンの処理能力が落とされていました。

裁判にまで発展し、Appleは謝罪までする事態となりました。

スマートフォンの不祥事に時効はあるのか

サムスンやZTEの排除は比較的新しいニュースですが、その他のメーカーの不祥事は古いものまであります。

僕はスマートフォンの不祥事に時効は無いと思っています。

理由としては当然ですけど大切な情報が詰まっているので。

通話中に端末が爆発なんかされてしまうと怖くて使えたものではありませんし、知り合いの情報を他国に送られたら迷惑なんてレベルじゃありません。

スマートフォンなんて特定のメーカーに拘らなくても代わりのメーカーなんていくらでもありますしね。

安心安全なメーカーはどこ?

僕が思う安心して使えるメーカーです。

選考基準はわりと独断と偏見。

メーカーとしての歴史や信頼度を重視して選んだつもりです。
日本メーカーは除外しました。

Google

Apple同様に誰もが知っているGoogleはアメリカの企業です。

以前はNexusという端末を販売しており、製造はLGやSamsungといった韓国企業が多く製造していましたが、最近は全く話が出なくなりました。

最近発表された端末がPixcel(ピクセル)で、Pixcelは全てをGoogleが担当します。

製造はGoogle傘下のhtcがしていると言われています。

htc

台湾のメーカーでスマートフォンの開発がメインですが、PC向けのVR機器の開発も有名です。

上でも書いたように現在はGoogle傘下となっています。

海外端末でありながらFeliCaを搭載しているので、日本でおサイフ機能を使う事ができます。

htc製品はauでも長く扱っているので、他の海外端末よりは情報を入手しやすい環境にあります。

FeliCaについては下のカードからどうぞ。

日本のキャッシュレスの国際化を遅れさせるFeliCaという最大の問題点

2018年7月24日

ASUS(エイスース)

ASUSも台湾のメーカーで、スマートフォンからパソコンのパーツまで様々な製品を扱っています。

スマートフォン分野では以前はコストパフォーマンスの良いミドルクラスのスマートフォンを多く作っていました。

最近はハイエンドからローエンド、バッテリーの容量が大きい物からセルフィー(自撮り)のカメラが良い性能のスマートフォンなど色々な端末を製作しています。

ASUSの端末 Zenfone(ゼンフォン)シリーズの”Zen”は日本の”禅”から取ったというほど親日な所も個人的にポイントが高いです。

Nokia

フィーチャーフォン(ガラケー)時代の世界のトップメーカーでフィンランドのメーカーです。

スマートフォン登場後もフィーチャーフォンにこだわり続けていたノキアは急降下していきました。

(正確にはノキアが元々作ってたのもスマートフォンなんだけど、独自性が強すぎた)

その後Microsoftが提供していたスマートフォンWindows Phoneに携わっていましたが、Windows Phoneの撤退が決まり、現在はAndroidのスマートフォンを作っています。

スマートウォッチも作っているのでセットで購入してみてもいいかもしれません。

Motorola(モトローラ)

ノキアがフィーチャーフォンでトップになる前はモトローラが世界でトップでした。

ノキア登場後は徐々に下降していき、現在はパソコンメーカーのLenovo(レノボ)の子会社となっています。

会社はシカゴにあり、デザインや設計をした後に中国で製造します。

ノキアと似たようなルートですが、スマートフォンの開発はノキアより精力的で、安心して購入できるメーカーの一つです。

まとめ

今最も身近な電子機器であり、最も重要な情報が入っている端末でもあるスマートフォン。

人気のメーカーや安いメーカーもありますし、選択肢なんて国を越えられるので選ぶのも大変です。

自分の好きな端末をパパっと選んでもいいかもしれませんが、身近だからこそ安全で安心して使える信頼と実績のあるメーカー選びというのも重要なポイントではないでしょうか。

関連コンテンツ