日本のキャッシュレスの国際化を遅れさせるFeliCaという最大の問題点

みなさんは電子マネー使っていますか?

私は最近電子マネーデビューをして、あまりの便利さに「もっと早く使っておけば」と後悔しました。本当にそれくらい便利です。

現在は主にQUICPayのカードタイプで支払いをしている私ですが、最近はスマートフォンやスマートウォッチなどの端末を使って、手軽に支払いができないものかと考えるようになりました。

そこでネックになるのが、日本が電子マネーの決済として採用しているFeliCaです。

FeliCaとは

日本の電子マネーは実は海外に比べて早く、フィーチャーフォンのおサイフケータイからありました。この頃から使われていた無線の方式がFeliCa(フェリカ)です。

FeliCaは現在でもQUICPayやnanaco、Suica、WAONカードなどほぼ全ての電子マネーで使われている無線方式です。
日本のフィーチャーフォンがガラケー(ガラパゴスケータイ)と呼ばれていた理由のひとつもこれですね。

FeliCaは世界的にみるとNFC-Fという規格です。
NFCとは近距離無線の事で、世界的にはNFC-A/Bが一般的です。
そしてNFC-FのFeliCaをNFC-A/Bの端末で使えませんし、その逆も不可能です。

FeliCaは一応国際的な規格になっているものの、ほぼ全ての国がNFC-A/Bを採用しており、以前FeliCaを採用していた国も既にNFC-A/Bに移行済み。あとは日本だけが取り残されている状態です。

孤立するFeliCa

取り残された日本にどんな問題があるかというと、今回ネックになっているスマートフォンの決済です。

日本で販売される端末にはもちろんFeliCaが搭載されていますし、少ないですがFeliCa対応の海外端末もあります。
AppleのiPhoneも海外製ながらFeliCaを搭載した珍しい端末です。

Apple以外の海外端末にFeliCaが搭載されない理由として、Appleにとて日本は大きなターゲットですが、他のメーカーにとって日本は大きなターゲットではありません。

日本ではiPhoneを使う人がたくさんいますが、海外では日本ほどiPhoneは売れていないのが現状です。
顧客が日本以外にもたくさんいる海外メーカーがわざわざ日本のためだけにFeliCaを搭載してくれるとは思えません。

実際に海外の端末に搭載されるNFCはA/Bばかりです。

FeliCaの未来を考える

FeleCa大国日本ですが、世界の状況を見てみると衰退していくばかりだと思います。

選択肢としては、現状おそらく2つ。

NFC-A/Bを採用する

一つはNFCで世界的に一般的な規格であるNFC-A/B(NFC Pay)に対応する方法。
2020年には東京オリンピックが開催され、たくさんの外国人が来るので、これに合わせて少しでもNFC-A/Bに対応させていく必要があります。

これによるメリットとしては、海外の人が電子マネーを簡単に使える事と、日本でも安価な海外端末を使いながら電子マネーでの決済が可能になります
しかしNFC Payはまだまだ対応する店舗が少ないのが現状。全国チェーンのごく一部の店舗しか対応していません。

QRコード決済を取り入れる

もう一つはQRコードでの決済。
こちらは中国で多く使われている決済方法で、偽札の対策で登場したんだとか。
日本ではLine payなどがこれにあたります。

QRコード決済のメリットはNFCのように端末に機能を搭載する必要がなく、今使っている端末のままで、電子マネーが利用できます

QRコード決済はNFC Payより日本で普及しています。
しかし世界的には中国で多く使われているAirpayが一般的なのに対し、日本ではLine Pay、楽天Pay、ヤフースマホ決済など様々。
(なぜか日本企業は自社の利益を求めて、ユーザーの利便性を考えない…)

双方メリットデメリットがあるので、どちらが有利とも言えませんが、FeliCaよりは世界の事を考えた決済方法ではないでしょうか。

まとめ

日本は海外に比べて治安が良いので電子マネーが流行らないとか言われていますが、電子マネー化が世界的に遅れている事は事実です。

「日本はー日本はー」と日本の話をするのもいいですが、近い東京オリンピックの事を考えていくタイミングなのかもしれません。

といっても私たち市民にできる事なんてありませんかね。
今の日本でNFC-A/Bを使うメリットはほぼありませんし。

セブンイレブンがNFC Payに対応すればなぁ。

FeliCa非搭載端末でもNFC決済が可能になるINCIRプロジェクトが始動!

2019年1月18日

関連コンテンツ