【料金比較】ドコモの新プランahamo(アハモ)に思う。これ格安SIMキラーでしょ…

2020年12月3日。

ドコモから新料金プラン「ahamo」の発表がありました。

ご存知の人も多いと思いますが、政府から携帯会社に「携帯料金が高いから見直して」と要請が行っており、ドコモがこれに対応した形です。

発表によると「政府の要請に対応した」というより「切実な競争戦略として打ち出した」という事です。

発表されたahamoのプランは

  • 月額2980円
  • 通信容量月20GB
  • 5分間通話無料

という驚きの内容です。

正直、落とし穴がありそうにも見えますが、契約する上での注意点などを紹介していきたいと思います。

目次

有名格安SIMブランドと比較

まずは簡単に現在の有名どころの格安SIMブランドと価格の比較です。

執筆時(2020年12月)のプランで作成しました。

ドコモ(ahamo)20GB 2980円5分無料 プラン込み
ドコモ(通常)30GB 6980円5分無料 700円
楽天モバイル条件あり 2980円無料 プラン込み
ワイモバイル14GB 4680円10分無料 プラン込み
UQモバイル10GB 2980円10分無料 700円
料金プラン比較

各社独自のプランを提供しており、例えば楽天モバイルでは楽天回線エリアでは通信量無制限だったり、UQモバイルは上限に達してもそこそこの速度で通信できたりという差別化がされています。

その他割引サービスもあるので、実際はこのままの価格ではありません。

ahamoの注意点やデメリット

料金表を見ると、ahamoが異常なほどに低価格な事が分かると思います。

これだけ良いプランなのでデメリットがゼロというワケは当然ありません。

これまで可能だった事が不可能になっている所もあります。

ドコモメールは利用不可

最近はLINEを使うので、「Eメールもできるけど、数年使っていない」という人も多いのではないでしょうか。

利用頻度が少ないぶん、大きなデメリットではありませんが、「親がまだガラケーで」「通販サイトの会員登録で使っている」という人は注意するべきポイントの一つです。

これまでドコモメールはパケット通信をするためには入会が必須となっており、月額300円が強制的に支払われていました

メールを利用していない人にとってはお荷物とも言える状態のドコモメールでしたが、今回ドコモメールの適用外となった事で見方によっては無駄な出費が無くなったとも取れます。

割引サービスの併用不可

学割や家族割などのサービスと併用しての申し込みはできません

完全に個人で契約する2980円ポッキリのプランとなっています。

個人契約のプランという事もあり、家族間でのパケットのシェアなどもできません

20歳以上から契約が可能となっているので、学割の適用もできませんが、20歳未満でも利用は可能なので親名義で契約して、お子さんが利用者として使う事は可能です。

契約はネットのみで、敷居は若干高めか

新料金プランのahamoですが、契約はネットからのみとなっています。

店舗で契約できないので、人件費がかからないぶん、安く提供できる仕組みでもあるのでしょう。

これまで格安SIMなどをネットで契約してきた人にとっては、特に問題なく契約できると思います。

ですが、ネットでの契約が苦手な人にとっては少し難しいプランかもしれません。

そもそもネットができる20代の独身がメインのターゲットなんだとか。

契約の前に、上で紹介したデメリットや自分の普段のパケット通信量などを把握しておく必要がります。

またショップの店員に「お客様だと〇〇のプランがおすすめです」といったアドバイスを受ける事もできません。

ワイモバイルやUQモバイルなど店舗で契約できる格安SIMも増えてきた中で、ネットからのみの契約というのは普通の格安SIMより敷居は高いかもしれません。

ドコモというだけでメリットは大きい

まだサービスが開始されていないので、大きな声で「効果があります」とは言えませんが、僕が密かに期待している事などを紹介します。

格安SIMはキャリアから回線を借りている分、速度が出にくく「混雑時(昼休みなど)は通信速度が遅くなる」という事が多々ありました。

ahamoは当然ドコモ回線なので、格安SIMより安定して高速な通信が可能になるはずです。

また格安SIMでは専用の通話アプリを用いる事で安い通話料を提供していますが、ahamoでは通常の通話アプリ1本でOKです。

通話アプリで不在着信→格安SIM専用通話アプリを起動してダイヤル という一手間も省けます。

俺はahamoを契約するぞ!!

色々とahamoのデメリットを考えてみたのですが、確かにデメリットはあるものの、自分にとって痛手となるデメリットはありません。

昼休みの時間帯の低速化が気にはなる所ではありますが、格安SIM各社より速度が遅くなるという事はまず無いでしょうし、悪くても格安SIMと同速度くらいは出ると思います。

早期契約者にはdポイントがもらえるキャンペーンなども実施しているので、この機会に登録してみてはいかがでしょうか。

2度目ですが、契約はネットのみです。実店舗に負荷がかからない仕組みとなっているので、間違えてショップに行ってお店に不要な負荷をかけないようにお願いします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる