USBスピーカー JBL Pebblesをレビュー。

みなさんはスピーカーにこだわる方でしょうか?
私は正直よくわからないので、音質に関してはコスパ重視で選んでいます。

しかし音質がわからないとはいえ、便利なスピーカーは魅力的ですよね。
そんな私がおすすめするのはUSBスピーカー。

どんな機能や特徴があるのか紹介したいと思います。

スピーカーの種類

まずスピーカーの種類ってどれくらいあるのでしょうか。

接続方式別にリストにしてみました。

アナログ入力

一番オーソドックスなスピーカー。

イヤホンの端子にスピーカーを繋ぎます。

別にAC電源が必要です。

ディスプレイ一体型

最近のメーカーPCの多くはこれ。

モニターかスピーカー片方が壊れた時のリスクが大きいです。

Bluetooth

無線接続の王道です。

配線が無いが最大の特徴。

USB接続

今回の主役。

USBのみで全て完結します。

デジタル入力

音質を求めるならこれ。

あまり詳しくないけど、PCとスピーカーの間に別途機器が必要らしい。

それぞれのメリット デメリット

接続方式 メリット デメリット
アナログ入力 使い方が簡単 AC電源が必要
ディスプレイ一体型 コンパクト 故障すると大変
Bluetooth 配線がない 充電が必要
USBスピーカー PCと連動
デジタル入力 高音質 別途機械が必要

USBスピーカーには特にデメリットを感じた事はありません(記入漏れじゃないよ)

メリットもデメリットももっとあるでしょうが、わりとざっくりとまとめました。

USBスピーカーの魅力を詳しく解説

自動で電源がON OFF

アナログ入力やBluetoothは、PCの電源を入り切りする度にスピーカーの電源も入り切りしなければなりません。

USBスピーカーはPCと連動して動くので、アナログやBluetoothのように電源のON OFFが必要ありません。

PCから電源供給

USBスピーカーはUSB端子から直接電源を供給します。

アナログ入力よりも配線がシンプルで、Bluetoothのように電池切れを起こす事がありません。

PCと連動するボリュームコントロール

スピーカー本体のボリュームを調節すると、PC本体のボリュームが下がります。

逆も可能でPCのボリュームを下げるとスピーカーのボリュームも下がります。

まとめ

使い始めてかれこれ1年くらい経ちますが、デメリットが私には全く感じられません。

また冒頭で音質には拘らないと書きましたが、私が使っているスピーカーは音質に拘らない私でも「良い音質」だと感じました。

関連コンテンツ