コクヨ のバッグインバッグBizrAckでトートバッグの中身を整理しよう

こんにちは。ヤマトです。

カバンの中身、整理できていますか?
私の職場はカバンは自由なので、トートバッグで通勤しています。

トートバッグを使う人なら誰もが立ち向かうであろう
「トートバッグの中身汚すぎ問題」という課題がありました。

トートバッグって縦長でバッグの整理が難しいんですよね。
下に色々な物が溜まってしまって、探すのが大変です。
特に書類などを入れると帰る頃には絶対ぐしゃぐしゃになってます。

とある生放送で「コクヨのバッグインバッグがおすすめ」と聞いて購入し、かれこれ1年くらい使い続けていました。

実際に使ってみると超画期的。
こんなに便利な物を今まで知らなかった自分が恥ずかしい。

そんなバッグインバッグのレビューをしていきます。

私の使っているバッグインバッグはこちら。

バッグインバッグとは

名前の通りバッグに入れるバッグです。
カバンに入れる事を前提に作られています。

カバンにバッグインバッグを入れる事で、収納スペースを作る事ができます。

バッグインバッグの良い所

バッグの整理整頓

イラストにあった「トートバッグの中身汚すぎ問題」を解決してくれます。

今までゴソゴソとカバンの中を手探りで探していた時のストレスから解放されました。

バッグの入れ替えがスムーズ

バッグの整理はもちろんですが、バッグの中身の入れ替えも楽になります。

バッグはファッションの一部で、服装に合わせてバッグも選ぶ人も多いです。

バッグインバッグがあるとバッグが変わってもバッグインバッグをそのまま移動するだけです。

コクヨのバッグインバッグの特徴

シンプルなデザイン

他社のバッグインバッグを見てきた人ならわかるかと思いますが、かなりシンプルな作りです。

手探りでも簡単に目当ての物が見つかります。

便利なフォルダー付き

A4のフォルダーが付属します。

一般的なクリアファイルより2~3倍程度厚いフォルダーです。
よく使うA4サイズなので、書類も綺麗なまま持ち帰れます。

ペン、ケーブル収納対応

ペンはペンケースに入れたいので、私は要らなかったかな・・・
一応使っていますが。

ケーブルの持ち運びが容易になったのはありがたいですね。
まだUSB タイプCやライトニングケーブルなど普及していない物もありますし。
ケーブルが鞄の中で絡まる事がなくなりました。

収納例の紹介

表側

中身が見えるように上に出していますが、きちんと収まります。
右側がペンとケーブルの収納で、左側はペンケースを入れています。
(ペンケースに入っているのは歯ブラシ等のエチケット用品ですが)

左側の収納は分厚すぎると入りきらないかもしれません。

メインポケット周辺

メインポケットを開けると、表側に隠れていたポケットが二つ出現。
こういった目えない工夫をかなり評価したいです。

A4のフォルダーもメインポケットの中にあります。
フォルダーに隠れて見えませんが、メインポケットの内側にも浅く広いポケットが一つ。

更にメインポケットのカバーにもジッパー付きの収納も隠されています。

正直ポケットありすぎて使ってません。

裏側

表側やメインポケットを見た後だとシンプルすぎるくらい大きなポケットが一つ。

私はiPadなどのタブレット端末を入れていますが、頻繁に使うノートなどを入れてもといいと思います。

注意点

このバッグインバッグはバッグに入れる物です。

クラッチバッグとしても使えるバッグインバッグもありますが、そういった使い方をするバッグインバッグではありません。

まとめ

無駄なスペースが一切ないバッグインバッグで、不満が全くありません。

見えない場所の収納など日本らしい拘りを感じました。

これが破れてもまた同じものを買います。

今回紹介したもの

関連コンテンツ