Kindle Unlimitedでカメラ雑誌を読みまくろう!

最近iPadを入手した私。
動機はKindle Unlimited(以下キンドルアンリミテッド)が使いたかったから。

今回はそんなキンドルアンリミテッドの魅力をしていくのですが、その前に電子書籍全般について軽く紹介しておきます。

電子書籍とは本をスマートフォンやタブレットで見れるように画像にしたものです。
データなので劣化する事がなく、買ってもスペースをとりません。
端末で見るのでお気に入りの画面があればスクリーンショットが撮影でき、見たいページは写真として簡単にアクセスできます。

デメリットとして、実物は手に入らないので所有感は薄いです。
また付録なども付きません。

Kindle Unlimitedとは

Amazonが提供する電子書籍の貸し出しサービス。
よくdocomoのDマガジンや楽天の楽天マガジンなどと比較されます。
それぞれ読める本の種類などが異なります。

Kindle Unlimitedの主なサービス内容

  • 月額980円(登録して30日無料)
  • 10冊まで貸し出し
    (10冊を超える場合は、返却する本を選択します)
  • 期間無制限
    (突然読めなくなることがあるらしい)

Kindle Unlimitedでカメラ誌を読もう

カメラ雑誌が無料で読める

太字はキンドルアンリミテッドのみ無料配信です。

  • デジタルカメラマガジン
  • CAPA
  • デジキャパ!
  • CAMERA magazine
  • 写ガール

ほとんどの雑誌がバックナンバーもあるので、全て読もうと思うとかなり時間がかかります。

私が一番読んでいるのはデジタルカメラマガジンで、テクニック以外にも季節に応じた被写体を紹介してくれます。
お気に入りのデジタルカメラマガジンはこちら

特集でプロ写真家の好きな画角やカメラの設定を紹介してくれています。
「プロもやっている」という安心感はすごい←

CAPA編集部の本が無料で読める

デジキャパ!を出版している会社です。
デジキャパ以外にもたくさんキンドルアンリミテッド対応の本があります。

その他の無料で読めるカメラ誌を一部紹介

その他のおすすめカメラ誌

普通にお金を払って読むカメラ誌です。

お馴染み「正しい撮り方シリーズ」
何故かキンドルアンリミテッドに夕景・夜景の正しい撮り方があるので、そちらが気に入れば購入してみてはどうでしょう。

 

風景や花、スナップなど、色々な被写体のプロがテクニックを教えてくれます。
なんでも撮りたい人向けかな。
機材の紹介もしてくれているので、そっちが参考になりました。

キンドルアンリミテッドは無期限ですが、10冊という制限があります。
お気に入りの本があれば購入して無料の幅を空けるという選択肢もありますね。

その他のお気に入りの雑誌

デジモノステーション

メインの目的はガジェットですが、カメラも載っています。
最新刊無料な点も有難い。

モノクロ

こちらも最新刊無料です。
完全にガジェット目的です。

というか雑誌はカメラとガジェットばかりしか読んでいません・・・

おすすめのKindle向け端末

Amazonが公式で出しているKindle専用端末。
Kindle専用でありながら、インターネットを使えるほか、少ないですがアプリもあります。

 

私が使っているのはこちら(正確にはiPad Air2ですが)
ほぼキンドル専用端末です。
高解像ディスプレイで拡大しなくても小さな文字までよく見えます。

端末の注意点

雑誌になるとかなりの大きさなので、タブレットをお勧めします。
スマートフォンでも見れますが、現実的ではないです。

まとめ

毎月カメラ雑誌を2冊以上買っているならキンドルアンリミテッドで読んだ方がお得です。
30日無料なので、試しに登録してみてはどうでしょうか。
フィールドライフに写真家が載っていたりするので、カメラ誌以外にも撮影のヒントがあるかもしれません!

キンドルアンリミテッドの登録は下のリンクからどうぞ

Amazon公式サイト

今回紹介したもの

関連コンテンツ