Simフリー?MVNO?よくわかる簡潔用語集

Simフリー端末やMVNOを購入する際に最低限知っておくべき単語をまとめてみました。
特に重要な箇所は赤字にしてあります。

Simカード

通信システムや自分の電話番号が記録されているカード。
昔は標準Simという形状が一般でしたが、Micro-SimやNano-Simなど徐々に小型化されてきています。
端末にはSimスロットがあり、Simスロットの形状に合わせてSimカードの形を選ぶ必要があります。

デュアルシム端末

Simスロットが2つ設けられた端末。
2つのスロットの形が異なる端末もあるので注意。
電波の受信の方法にシングルスタンバイ、デュアルスタンバイ、デュアルアクティブが存在する。
詳しくは下記を参照。

シングルスタンバイ

デュアルシム端末の待ち受け方式の一つ。
2つSimがセットできるが、通信できるSimは選択した1つのみ。
Simの変更が入れ替え無しにスムーズに変更ができる。
1つのSimがパケット通信の限界になった場合などにと2つ目を選択して使う。

デュアルスタンバイ

デュアルシム端末の待ち受け方式の一つ。
2つのSimをセットし、2つ同時に待ち受けができる。
通話中は片方のSimは待ち受けができない。

デュアルアクティブ

デュアルシム端末の待ち受け方式の一つ。
デュアルスタンバイ同様、2つのSimをセットし、2つ同時に待ち受けができる。
通話中も待ち受けが可能。

MNO

Mobile Network Operatorの略。
いわゆるdocomo、au、SoftBankの事です。
電波を提供するメインの会社になります。
MVNOに回線の提供をしたりもしています。

MVNO

Mobile Virtual Network Operatorの略。
MNOから電波を借り、安い料金で提供する会社。
Simフリー端末用のSimカードもここから購入する事が多いです。
有名な例だと、YモバイルはSoftBankの電波を借り、安い料金で提供しています。

Simロック端末

MNOの提供する端末にはSimロックという機能が備わっています。
Simロックが掛かっていると、指定されたSimカードしか認識しません。
MNOが提供しているので、購入から故障時まで安心して使えます。
MNOに依頼すればSimロックの解除が可能になりました。

Simロックフリー端末

通称Simフリー端末。
Simロック端末に対し、Simフリー端末はどんなSimも認識します。
機種が多い点も特徴で、様々な国のスマートフォンから有名なiPhone等もSimフリーで販売されています。
故障やトラブルの際は自分で対応する必要があります。

W-CDMA

docomo、SoftBankの採用している通信方式。
世界的にもこの方式が一般的です。
W-CDMA対応の端末にdocomoやSoftBank回線のSIMをセットして使用します。
例としてSIMロックが解除されていれば、docomo端末にSoftBankのSIMをセットすれば使用できますが、
au端末にdocomoのSIMをせっとしたりSoftBankの端末にauのSIMをセットしても使用できません。

CDMA2000

auが採用している通信方式。
W-CDMAと争っている通信方式です。
世界的にも少数派の通信方式なので、機種の選択肢が減ってきます。
CDMA2000対応の端末にau回線のSIMをセットして使用します。

 IP電話

パケット通信を用いて通話する機能で「050」の番号から発信されます。
パケット通信なので電話料金がかかりません。
身近な例だとLINEの電話もこの機能が用いられています。
固定電話や、通常のスマートフォンとも通話可能です。

関連コンテンツ