使いにくいのは見た目だけ!トラックボール M570tレビュー。

PCを使っていると切っても切れない関係のマウス。

私は5年くらい前からトラックボールという少し変わった種類のマウスを使っています。

今回はそんなトラックボールマウスの魅力をご紹介。

ちなみに私が使っているトラックボールはこちら

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

見ての通り独特な形状をしているので、薦めてもなかなか受け入れてもらえません。

トラックボールマウスって?

今のマウスは赤外線やレーザーが多いですが、昔はボールマウスといってマウスの内部にボールが入っていて、それを机の上で転がして操作していました。

トラックボールマウスはボールがむき出しになっていて、それを指で転がして操作します。
(足で操作できるモデルもあるらしい)

感覚としてはノートPCに搭載されるタッチパッドに近いです。

トラックボールマウスのメリット

マウスは「手」で操作する事に対し、トラックボールは「指」で操作します。

マウスはカーソルがギリギリまで来ると、マウスを持ち上げて移動させる動作が発生します。

トラックボールマウスは指で操作するので、手や手首が疲れる事がありません。

また、机の上で回転させるボールマウスとは異なり、トラックボールは本体の上で回転します。

勢いをつけて回すとコロコロと惰性で回るので、一度の操作で長い距離のカーソルを動かす事も可能です。

私が使っているトラックボールマウスの紹介

トップにも書いたようにロジクールのワイヤレストラックボールM570tを使っています。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t
  • Logicool(ロジクール)
  • 価格   ¥ 5,329 ¥ 7,733
  • 販売者 Amazon.co.jp

掃除しやすい設計

トラックボールは内部にゴミが溜まるので、定期的な掃除が必要です。

このトラックボールは簡単に掃除ができます。

後にボールを押し出す穴が開いているので、ペンのお尻などを使ってボールを押し出すだけで掃除できます。

長時間バッテリー

いつ交換したかわからないくらい持ちます。

1年は余裕で持っていますね。

電池も単三電池1本だけです。

便利すぎるUnifying

ホームページには書かれていませんが、かなりの距離まで届きます。

一人暮らしをしていた時は机以外に、ソファーに座ったまま操作したり、ベッドに寝たまま操作したり、完全に堕落していました。

またロジクール製品ならレシーバー1つで6台の機器を接続できます。
(ロジクールとしてはこっちを推していきたいっぽい)

気になるところ

このトラックボールマウスは親指で操作します。

スマートフォンも親指で操作します。

親指に負荷をかけすぎな気がするんですよね。

実際に親指が疲れたと感じる事もあります。

お金に余裕ができれば人差し指で操作できる下のモデルに変えるか検討中です。

まとめ

一般的なマウスが有名すぎて、トラックボールはなかなか日の当たらないガジェットです。

しかし使ってみると本当に良いマウスです。これは触ってみないとわからない!

是非次のマウス購入の際はご検討をお願いします!

今回紹介した機器

関連コンテンツ