ロジテック ガチャベイレビューとRAIDの初期設定まで。そして現在。

以前、RAID1でバックアップする方法を紹介しました。

今回は僕が実際にRAID構築をしている機材の紹介です。

RAID1とはHDD(またはSSDなど)2台に同時に同じデータを保存するバックアップ方法です。

1台のHDDが壊れても、もう1台のHDDに同じデータが記録されているので、復旧が簡単です。

ちなみに今回紹介するガチャベイでは、RAID1以外にも以下の機能があります。

  • シングルモード(HDD2台をそれぞれ使える)
  • スパニングモード(2台のHDDを繋いで大容量化)
  • RAID0(データーを2台に分散して高速な書き込み)
目次

ロジテック ガチャベイ

外観

黒ボディーのマットです。

前面にはHDDのアクセスランプと通電ランプが搭載。めちゃくちゃシンプルです。
青色のアクセスランプは下の特徴で少し掘り下げていきます。

背面には電源 ボタンとRAIDの種類を選択するスイッチがあります。

ここに物理ボタンやコネクタが集約されているので、前面がシンプルな作りになっています。

特徴

まず一つ目に、外観でも紹介したアクセスランプについて。

電源が入っていると、中央が青色に光り、HDDが左右にセットされていると、それぞれのアクセスランプが青色に点灯します。

RAID1では全てのランプが点灯している状態が正常です。

HDDに異常が起きた時は、異常が起きた側のHDDのアクセスランプが青色から紫色に変わります。

2つ目に異常がおきた時の対応です。

RAID1の構築において、故障したHDDを交換すると、自動で正常なHDDから新しいHDDにデータがコピーされ、復旧します。

最後にRAID構築の方法です。

背面のスイッチから構築も可能ですが、ロジテックが配信しているソフトからでもRAID構築が可能です。

ちなみに僕がガチャベイでRAID構築する時もソフトウエアで行いました。

このソフトウエアは、RAID構築ができる意外にも、HDDに異常が起きた時にメールで知らせたりといった機能も搭載されています。

実際にRAID構築してみる

簡単にですが、RAID構築までの手順を紹介しておきます。

本体のスイッチを利用して構築する方法と、ソフトウェアを利用して構築する方法がありますが、今回はソフトウェアを使って構築しました。

準備するもの

補足ですが、HDDのメーカーは別のメーカーが良いらしいです。同じメーカーのHDDは同じタイミングで壊れる可能性があるんだとか。

HDDはRAID構築後にフォーマットされるので、データは入れないようにしてください。

HDDをセット

カバーを外してHDDをセットします。

下の画像はHDDを1台だけセットした状態です。

2台セットしたら付属のネジでHDDを固定して、カバーを取り付ければ完了です。

ソフトウエアでRAID構築

ここからはスクリーンショットで淡々といきます。

まずはソフトウエアの立ち上げ。
RAID管理からRAID1を選択して、構築をクリック。

RAID1で構築するか確認してくるので、「OK」をクリックします。

完了しました。のウインドウが出ればこのソフトウェアはとりあえず終了です。

このままではまだ使えません。ディスクの管理を開きます。

コンピューターを右クリックするか、Windows10なら[Win]+[X]でも出てきます。

ディスクの管理を選択すると、ディスクの初期化を促されるので、初期化していきます。

MBRとGPTが選択できますが、古いパソコンで使用しないならGPTで大丈夫です。

全ての領域が未割り当てになっているので、新しいシンプルボリュームを追加します。

ボリュームが正しく割り当てられれば終了です。

あとは写真などの保存先をこのドライブに指定すれば、普通のHDDのとしての仕事をしながらバックアップも同時に取ってくれます。

感想とレビュー

機能面は全く問題なく使えています。

RAID1は書き込みが遅くなりますが、これまでのバックアップがSATA2.0で低速だったのが、USB3.0に変わって上手いこと相殺されているのかもしれません。

悪かった点として、振動が大きいです。フローリングの床に置いているのですが、床に伝わって音がします。

でもなんだかんだで慣れました。

ガチャベイは3.5インチのHDDを使用するので、電力の供給も必要です。

僕は延長コードを買いました。

少し悪い点が多いようですが、バックアップがかなり楽になったので満足しています。

もっと早く知っておけばよかった。

現在はシングルモードで稼働中です

しばらくは調子の良かったRAID1も色々あって失敗に終わり、全てのデータが飛びました。

何とかデータの回収はできたものの、RAID1の危険性が分かったので、今後PCに繋いでのRAID1の構築をする事はないでしょう。

と言ってもバックアップを取る事は必須なので、このガチャベイはメイン用とバックアップ用の2台を載せてシングルモードで稼働しています。

2台搭載できるとPC周りが片付くので、RAID構築しなくてもおすすめの周辺機器です。

Amazon売れ筋ランキング

  • デジタル一眼
  • コンデジ
  • SDカード
  • 三脚
  • カメラバッグ
  1. ミラーレス一眼
  2. ミラーレス一眼
  3. デジタル一眼レフ
  4. ミラーレス一眼
  5. ミラーレス一眼
  6. デジタル一眼レフ
  7. デジタル一眼レフ
  8. デジタル一眼レフ
  9. ミラーレス一眼
  10. ミラーレス一眼
  11. ミラーレス一眼
  12. ミラーレス一眼
  13. デジタル一眼レフ
  14. ミラーレス一眼
  15. ミラーレス一眼
  16. デジタル一眼レフ
  17. ミラーレス一眼
  18. デジタル一眼レフ
  19. ミラーレス一眼
  20. ミラーレス一眼
  1. コンパクト
  2. コンパクト
  3. コンパクト
  4. コンパクト
  5. コンパクト
  6. コンパクト
  7. コンパクト
  8. コンパクト
  9. コンパクト
  10. コンパクト
  11. コンパクト
  12. コンパクト
  13. コンパクト
  14. コンパクト
  15. コンパクト
  16. コンパクト
  17. コンパクト
  18. コンパクト
  19. コンパクト
  20. コンパクト
  1. SDカード
  2. SDカード
  3. SDカード
  4. SDカード
  5. SDカード
  6. SDカード
  7. SDカード
  8. SDカード
  9. SDカード
  10. SDカード
  11. SDカード
  12. SDカード
  13. SDカード
  14. SDカード
  15. SDカード
  16. SDカード
  17. SDカード
  18. SDカード
  19. SDカード
  20. SDカード
  1. 三脚
  2. 三脚
  3. 三脚
  4. 三脚
  5. 三脚
  6. 三脚
  7. 卓上三脚・ミニ三脚
  8. 三脚
  9. 雲台・ヘッド
  10. 三脚
  11. 卓上三脚・ミニ三脚
  12. 三脚
  13. 一脚
  14. 三脚
  15. 卓上三脚・ミニ三脚
  16. 卓上三脚・ミニ三脚
  17. 三脚
  18. 脚パーツのみ
  19. 卓上三脚・ミニ三脚
  20. 卓上三脚・ミニ三脚
  1. カメラバック・ケース
  2. カメラバック・ケース
  3. カメラバック・ケース
  4. カメラバック・ケース
  5. カメラバック・ケース
  6. カメラバック・ケース
  7. カメラバック・ケース
  8. カメラバック・ケース
  9. カメラバック・ケース
  10. カメラバック・ケース
  11. カメラバック・ケース
  12. カメラバック・ケース
  13. カメラバック・ケース
  14. カメラバック・ケース
  15. カメラバック・ケース
  16. カメラバック・ケース
  17. カメラバック・ケース
  18. カメラバック・ケース
  19. カメラバック・ケース
  20. カメラバック・ケース
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる