iPad proって一体何に使うんだろう?

最近2in1のPCが欲しくなり、iPad proも候補に挙がってきました。

iPad proはアメリカのアップルが開発、販売していますが、Macbookや無印のiPadもあり、どれが自分に適しているのかよくわかりません。
ゲームを楽しむなら無印のiPadで十分だと思いますし、写真や動画を編集するならMacbookを買うべきだと思います。

一体どんな人がiPad proを使っているのか、使っている人と使い方を調べてまとめました。

というか今から調べるので自分も楽しみです。

iPad proの特徴

まずは無印のiPadとiPad proとMacbookの違いを軽くまとめました。

iPadiPad proMacbook
ディスプレイサイズ9.7インチ10.5インチ12インチ
OSiOSiOSmacOS
チップなどA9A10Xintel Core M3
apple pencil非対応対応非対応
smart keyboard非対応対応キーボード搭載

一覧について細かい指摘はあるでしょうが、大目にみてください。

重量や価格も比較したいところですが、キーボードが有ったり無かったりするので、あきらめました。

iPadはアップルから専用キーボードが販売されておらず、apple pencilにも非対応です。
MacbookはノートPCなのでキーボードが搭載されていますが、apple pencilには非対応です。
この差が使い方に違いを及ぼすのでしょうか。

どんな人がどんな使い方をしているか

いろいろと紹介されていますが、iPad proでしかできない事に絞っています。
無印のiPadでもできる事は、この見出しの後半で紹介します。

ブロガー

  • 写真のRAW現像

写真のRAW現像は目から鱗でした。
RAW現像はそこそこのスペックが必要な作業なのですが、iPad proはそんな事までサクサクと動くようです。

しかし写真を取り込むには専用のカードリーダーが必要らしいです。
取り込みはクラウドでも大丈夫なのかもしれませんが、iCloudは使っていないし、今更使う気にもなりません。わざわざPCからクラウドに移動するならそのままPCで現像するよ。

会社員

  • 会議の記録

ペンシルで記録しているようです。

ペンシル未経験なので知らないのですが、手の側面とか当たって誤動作しないのでしょうか。
というか文字でも書くよりタイピングの方が速そう。

紹介されていた無印iPadでもできる事

  • ブログの執筆
  • kindleで読書
  • 音楽鑑賞
  • 映画鑑賞

これに関して語る必要はないでしょう。
スピーカーの性能も上がっているので、iPadで音楽を聴く人は欲しくなるでしょうね。

まとめ

残念ながらiPad proを使い倒しているという記事はあまり見つかりませんでした。
iPadとiPad proの違いを生かした活用方法の記事も写真のRAW現像くらいで、「iPadで十分だよね?」といった記事が多かったです。

納得のいく違いはサイズ感でした。
10.5インチモデルはMacbookより小さくiPadより大きいという点が魅力なようです。
MacbookはノートPCとはいえ、やはり外に持って出るには大きいのでしょう。
無印のiPadには無いsmart keyboardは確かにブログの執筆をする上でとても魅力的です。タッチパッドやトラックボールが無いのが少し気になりますが。

また、ペンシルの評判も良いようで、たくさんの方がべた褒めでした。
使い道は上で紹介したような会議の他に、レポートの修正などでも使われていました。
しかし「これapple pencilである必要なくね?」と思ってしまいます。

一番意外だっ写真のRAW現像ですが、RAW現像に必要なのは基本的にCPUとメモリです。
iPadは次世代になるごとにチップ性能をアップグレードしているので、過去の傾向を見ていると、現行は5世代ですが6世代くらいになれば、RAW現像できるくらいの性能になっていそうな気もします。

写真用端末として使えるか

ここまで来たら、現像から管理までする写真用の端末にできないだろうか。と思って試しに色々考えましたが、iPad proにはメイン機として使えるほどの機能は備わっていませんでした。
理由としては下の二つ。

  • 本体ストレージが最大512GB
  • 外付けHDDやSSDは不可能

写真の現像に重要なメモリの容量に関しても、iPad proのメモリは非公表ながら実質4G程度らしく、快適に写真を扱えるほど大容量のメモリが搭載されているわけではありません。

最後に

結局iPad proはどんな人に向けて作った端末なのかわからないままでした。

ブログ用にしてはハイスペックすぎますし、写真用としては使えるようですが快適とは言えなそうです。
ペンシルでイラストを描くにしても、プロのイラストレーターはMacやWindowsのペンタブレットでしょうし、現在iPad proで仕事をバリバリしているイラストレーターも少ないのではないでしょうか。

まさかiPad proはブロガーがブログを書きながらブログ用の写真をちょっと編集するための端末だったのでは・・・?

関連コンテンツ