ソニーがRX100M6を発表。スペックを見た個人的な感想。

ソニーが海外でRX100M6を発表しました。

本題の前にRX100シリーズの簡単な説明から。

RX100シリーズはソニーのハイスペックコンデジシリーズです。
コンデジとしては大型の1インチのイメージセンサーに、レンズは大口径レンズを搭載し、コンパクトかつ高画質でボケる写真が撮影できます。

これまで無印のRX100から5世代のRX100M5まで発売しており、着々と性能を上げてきました。
大きな変化としてRX100M2からRX100M3にかけて、レンズスペックを一新し、望遠を抑えてF値の低い大口径レンズを搭載しました。

RX100M3からRX100M5までは同じ性能のレンズでしたが、今回発表されたRX100M6から再びレンズが一新されます。

変更点

大きな変更点はもちろんレンズの性能ですが、こちらは後に回しましょう。

まずレンズ以外の変更点を箇条書きにして以下にまとめました。

  • 処理速度の高速化(エンジンは変更なし)
  • 瞳AFの追従がRX100M5の2倍
  • EVFを手で引っ張る必要がなくなった
  • タッチパネル液晶搭載
  • Bluetooth搭載

ボディーの奥行きが1.6mm大きくなりますが、ここは大目に見ましょう。

レンズ以外の大きな変更点はこの5つ。

そしてレンズ性能の変更が半端ない!
以下からレンズの変更点を詳しく紹介していきます。

レンズ性能

RX100M6の一番大きな変更点はレンズ性能です。
ズーム域がRX100M5まで35mm判換算24-70mmでしたが、今回発表されたRX100M6から24-200mmとかなり望遠域までズームできるようになりました。

望遠性能に伴い、F値もこれまでF1.8-2.8だったレンズがF2.8-4.5へ変更されました。

また4段の手ブレ補正も搭載されます。
RX100M5までの手ブレ補正の性能がソニー公式HPに記載されていなかったので、比較するのは難しいですが、望遠が得意になれば手ブレ補正も強化するのが当然の流れでしょう。

気になる事

やっぱり望遠寄りになった事でレンズが暗くなった点が気になりますし、ソニーには既に望遠に特化したRX10シリーズもあります。

このコンパクトさで、200mm相当の望遠を搭載するのは確かにすごいのですが、レンズの明るさを犠牲にする価値があるのかというと、「その辺りはRX10に任せればいいんじゃないの?」と思ってしまいます。
RX100とRX10の中間にあたりそうな今回発表されたRX100M6は今後どのようなターゲットで売られるのでしょうか。

個人的にはRX100シリーズは望遠に力を入れるより、コンパクトさと明るさを追求してほしかったです。この感じだと大口径レンズのRX100シリーズはM5で完成したというのがソニーの認識なのかもしれませんね。

ネガティブな事ばかり言っていますが、レンズの性能を詳しく見れたら、手のひらクルー ってことも十分あり得るカメラです。

発売が楽しみだ!!

関連コンテンツ