α7RIIIが発表された事だし、α7IIIのスペック予想でもしてみよう。

α7IIIが正式発表されました!

α7IIIが正式発表!α7IIからのスペックの変更点、α7RIIIと比較も!

2018年2月27日

α7IIIの発売が近いと世間では噂される中で、まさかのα7RIIIが発表されました。
α7SIIIという噂もありましたが、それも外し高画素機のα7Rシリーズです。

α7RIIIの価格はソニーの公式サイトで38万円と、一般サラリーマンの私にはなかなか手の出ない価格です。
私と同じような人は、まだ発表されていないα7IIIが気になるのではないでしょうか。

α7IIとα7RIIの主な違いは高画素という点ですが、それならα7IIIのスペックの予想もできるのではないか。
というのが今回の記事です。

あくまで私の個人的な予想です。

α7IIとα7RIIの違い

まずはα7IIとα7RIIの比較から。

冒頭でも書いたようにα7IIとα7RIIの違いは画素数です。
しかし画素数以外にも異なるポイントがあります
おさらいも含めて違いを表にまとめました。

α7II α7RII
画素数 約2430万画素 約4240万画素
AF測距点 117点 399点
AF-A 不可
瞳AF AF-C 不可
AF検出輝度範囲 EV-1.0-20 EV-2.0-20
サイレント撮影 不可

正確にはもう少しありますが、ざっとこれくらいです。
画素数以外にもオートフォーカスの面でα7RIIIは強いですね。

α7RIIIの変更点

今度はα7RIIとα7RIIIからどんな進化を遂げたのか見てみましょう。

公式サイトから見比べてみる

公式サイトで確認したところ、以下の変更点がありました。

α7RII α7RIII
連射速度 5コマ/秒 10コマ/秒
AF検出輝度範囲 EV-2.0-20 EV-3.0-20
コントラストAF 25点 425点
ボディ内手ぶれ補正 4.5段 5.5段
タッチ液晶 不可

高画素機のα7Rシリーズですが画素数は変更ありません。
現在の画素数でユーザーは満足している とソニーは判断したそうです。

全体的にオートフォーカス関連のアップグレードが多いですね。
α9の影響でしょうか。

余談ですが、α7RIIIからスイングパノラマ、マルチショットNR、スマイルシャッター、PlayMemories Camera Appsからチェックが消えているので、撤廃されたのでしょう。
ガチ勢はあまり使わない機能なので、全然話題にはなっていません。

公式の紹介動画で確認

α7RIIIの公式動画にもいくつか変更点が紹介されていました。
(下線はα9にも搭載)

  • AF速度が2倍向上
  • 動体追随性能が2倍向上
  • 瞳AFの追随制度が2倍向上
  • 肌の再現性が向上
  • AF-onボタン追加
  • マルチセレクター(ジョイコン)追加
  • バッテリー容量が2.2倍
  • デュアルSDスロット搭載

こちらでもオートフォーカス関連のアップグレードが多いですね。
オートフォーカスは公式サイトで数値で表すのは難しいのでしょう。

その他はハード面の進化ですが、α9にかなり近い形状になっています。

その他の情報

カメラ雑誌やカメラ情報サイトでの情報です。
(下線はα9にも搭載)

  • シャッターボタンが丸みを帯びた形状に
  • グリップしやすい本体形状
  • ダイナミックレンジが向上
  • ノイズの減少
  • スターイーター現象の改善

こちらもハード面がα9に近い形状になっています。

あとはダイナミックレンジなどの暗い場所での反応です。
高感度機のα7Sの得意な分野に、α7RIIIが首を突っ込んできました

価格はどう変わる?

価格.comでの価格推移を参考にして適当に予想してみました。

α7RIIの初期価格は43万円で、α7RIII発表前は33万円前後に落ち着いていました。
そして発表されたα7RIIIの初期の価格が38万円です。
初期の価格を比べると、新しく発表されたα7RIIIの方が5万円ほど安くなっています。

α7IIの初期値は18万円なので、-5万なら13万円?
いや、現在のα7IIの価格が約15万円なので、そんな事はまずないでしょう。

元々の価格からなかなか価格が下がらないα7IIなので、α7IIIはどれくらいの価格になるのか想像も難しいですね。

α7IIにα7RIIIの進化が適応されると思うとα7IIの初期値よりも高くなりそうです。
20万円くらいかなー と思っています。

α7IIIの気になるところ

α7RIIからα7RIIIの変更点が全てα7IIIに反映されるかというと微妙ですよね。

ハードウエア面は全て継承してほしいですね。
α9からの横展開が多いですが、α7IIシリーズのボディーの形状は基本的に同じなので、おそらく大丈夫なはず・・・

オートフォーカス

一番気になる所はオートフォーカスです。
もともとα7IIとα7RIIはオートフォーカスで差がついているので、その点はどうするのでしょうか。
α7SIIとα7RIIを比べてもオートフォーカスの性能は断然α7RIIの方が上です。
そういった点を踏まえるとソニーはα7Rシリーズを「高画素&AF」で売っていくのでしょうかね。

個人的には子供が生まれてポートレートの撮影が増えたので、瞳AFが向上するのかがとても気になります。
α9の瞳AFの動画を見ていると「すごい」と言わざるを得ません。

ソニーならα7IIIのAF性能をα7RIIIくらいまで引き上げてくれるだろう と勝手に期待しています。

α6000シリーズのポジション

α6000シリーズはソニーのAPS-Cミラーレス一眼です。

α6000シリーズの位置付けは高速AFと連射性能ですが、α7シリーズで性能の良いAFと連射が可能になってしまうと、α6000シリーズの立ち位置はどうなるのでしょうか。

今の状態を見ているとα6000シリーズは安価な下位互換となってしまいそうです。

キャノンやニコンにはAPS-C機にもフラグシップがあります。
ソニーもAPS-Cフラグシップを投入してきたりするのでしょうか。

まとめ

たらたらと個人的な要望ばかり書いていきましたが、実際はまだ何の動きも見えません。
価格の下がってきているα7SIIIが先に発表される可能性も十分あり得ます。

α7SIIIが出ればさらにα7IIIのスペックも絞れそうなので、どちらにせよ待ち遠しいですね。

個人的には価格がネックです。
20万円くらいなら、手持ちのα7IIを売ったりして何とか手が届きそうです。

たでさえレンズ貧乏なのにカメラ貧乏になってしまう。
α7IIIの価格も抑え目でお願いしますよ、ソニーさん。

 

α7IIIが正式発表されました!

α7IIIが正式発表!α7IIからのスペックの変更点、α7RIIIと比較も!

関連コンテンツ