α7IIIが正式発表!α7IIからのスペックの変更点、α7RIIIと比較も!

待望のα7IIIが正式発表されました!

発表前はα5100の後継機だとか、α6000IIだとか色々と噂が飛び交っていましたが、一番可能性が濃厚だったα7IIIが発表されました。
発売日は3月23日、推定価格は23万円との事です。

α7IIからどう進化した?

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2

まずはα7IIIの変更点を表にまとめました。

α7III α7II
イメージセンサー 裏面照射型
ISO感度 51200 25600
手ブレ補正 5.0段 4.5段
位相差AF 693点 117点
コントラストAF 425点 25点
AF検出輝度範囲 EV-3.0 EV-1.0
瞳AF AF-C 不可
連写速度 10コマ/秒 5コマ/秒
連続撮影可能枚数 40枚 10枚
撮影可能枚数 710枚 270枚
マルチセレクター 搭載 非搭載
AF-onボタン 搭載 非搭載
タッチフォーカス 搭載 非搭載
サイレントシャッター 搭載 非搭載
デュアルSDスロット 搭載 非搭載

α7IIユーザーにとって一番良かったのは撮影可能枚数ではないでしょうか。早い時は半日でバッテリーが無くなる事もありましたからね。
α7IIIはα7RIIIと同じバッテリーで、容量は2.2倍になります。

あとはオートフォーカスの向上です。数字だけ見ると「ヤバすぎでしょ」と声が出そうなくらいです。
もともとα7IIでもオートフォーカスには不満はなかったのですが、最近子供が大きくなってきて、やたらと動くので瞳AFでAF-Cができるようになったのは嬉しい機能です。

S-Logなんて機能もあるようですが、動画用の機能で写真オンリーの私にはよくわからないです。

α7R IIIとの比較

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3

続いてα7RIIIとの比較です。

α7III α7RIII
ISO感度 51200 32000
手ブレ補正 5.0段 5.5段
位相差AF 693点 399点
コントラストAF 425点 425点
AF検出輝度範囲 EV-3.0 EV-3.0
瞳AF AF-C
連写速度 10コマ/秒 10コマ/秒
連続撮影可能枚数 40枚 28枚
撮影可能枚数 710枚 530枚
マルチセレクター 搭載 搭載
AF-onボタン 搭載 搭載
タッチフォーカス 搭載 搭載
サイレントシャッター 搭載 搭載
デュアルSDスロット 搭載 搭載

大雑把に見ると同じようなの性能で、スタンダード機と高画素機という差別化がしっかりされています。

α7IIとα7RIIではオートフォーカス性能で差が出ていましたが、α7IIIとα7RIIIではほぼオートフォーカスに差が無くなりました。むしろ位相差AFに関してはα7IIIの方が測距点が多くなっています。

連射性能は同じですが、連続撮影可能枚数はα7IIIの方が12枚多い40枚です。被写体によってはα7RIIIよりもα7IIIを選ぶ人も出てきそうですね。

バッテリー持ちもα7IIIの方が優秀です。α7IIIとα7RIIIは同じバッテリーですが、高画素機との差でしょう。
α7RIII(α9も同様)になってバッテリーの不満はほとんど聞きませんが、この1.3倍の撮影可能枚数の違いがユーザーを分けるに至るのでしょうか。

まとめ

発表されたばかりで、とりあえず自分が気になる所をザッとまとめました。誤字脱字などがあればすみません。

まだソニーの公式サイトへは掲載されていないので、間違いがあれば随時更新していく予定です。

発売日が待ち遠しいですね。

と言っても最近SEL100F28GMを買ったばかりで、資金不足です。
お金が貯まる頃には20万円切ってないかなぁ…

小言

高速連射機として使っていたα6000の立場がもうありません。

α6000は11コマ/秒でα7IIIが10コマ/秒です。こちらは大差はないのですが、連続撮影可能枚数がα6000が21枚、α7IIIが40枚と倍近く違います。

あとはAPS-Cのセンサーサイズを生かして、画角を変える事くらいしか生きる道がなさそうです。

(α6000売ってα7IIIの資金にしようかな…)

今回紹介した機材

関連コンテンツ