ソニーの新しい写真アプリImageing EdgeはLightroomの代わりになるのか

ソニーからImageing Edgeという新しい写真の現像ソフトの配信が始まりました。

既に出ているソニーの写真のアプリというと、写真を管理する「Play Memories Home」、写真の編集をする「Image Data Converter」があります。

双方とも現役で配信されているアプリですが、どちらもデメリットがあり僕はLightroomのみで写真の管理と編集をしています。

今回配信が開始されたImageing EdgeはLightroomの代わりになるのでしょうか。

Imageing Edgeの特徴

今回配信が始まったImageing Edge(以下イメージングエッジ)は写真の閲覧、現像、リモート撮影をするアプリケーションです。

リモート撮影はカメラをパソコンに接続して、カメラの内蔵モニターだけでなくパソコンからもアプローチができる機能です。
大画面で確認する事でピントの合致具合などが細かく確認できます。

もう一つこのソフトの目玉機能が、ピクセルシフトと呼ばれる撮影が可能になります。
α7RIIIでのみ可能な撮影方法で、めっちゃ綺麗に撮影できます
α7RIIIを購入するお金なんてありませんし、ノーマークなのでピクセルシフト撮影はよく知りません。

僕はピクセルシフトマルチは使いませんが、この機能が使いたくてイメージングエッジをダウンロードする人もたくさん居ると思います。

使ってみる

軽く紹介も終わった事ですし、実際に使ってみましょう。

エクスプローラーから画像を選択

写真の閲覧はソフトに搭載されるエクスプローラーから可能です。

ソニー公式から以前から配信されているイメージデーターコンバーターと同じですね。

イメージングエッジのエクスプローラーから編集したい画像を選択して、そのまま編集する事ができます。

プレイメモリーズホームのRAW現像ソフトにイメージングエッジのEditを登録しておけば、プレイメモリーズホームからイメージングエッジを開いて現像する事も可能です。

現像作業

個人的にはこの現像が一番気になる所です。

以前、イメージデータコンバーターを使用していましたが、動作が遅かったのがライトルームに移行した主な理由です。

イメージデータコンバーターからどれくらい変化したのか、ソニーのお手並み拝見といった所です。

下の画像は編集画面です。

見た目はほぼイメージデータコンバーターじゃないでしょうか?
デザインは黒ベースでかっこよくなりました。

クリエイティブスタイルやDレンジオプティマイザーが”ソニーの編集ソフト”って感じがしますね。

編集項目をオープンにしてみました。

これ完全にImage Data Cnverterですね

色が違うだけで。全然変わってない。動作の遅さも一緒でした。

Lightroomと比較してみて

大きな違いはイメージングエッジは画像の取り込みができない事。

イメージングエッジをメインで使うには、写真の取り込みをするプレイメモリーズホームがほぼ必須です。

プレイメモリーズホームはRAWデータとJpeg画像が一緒に表示されるので、同じ画像が複数あるように見えて管理が面倒なんですよね。

LightroomはRAWファイルが編集後の状態で表示され、Jpegは書き出しても一覧に表示されないので、管理する側としてはとても助かります。

もうひとつは動作が比べ物にならないくらい遅かったです。

ライトルームの快適さに慣れているとイメージングエッジは間違いなく使いものになりません。

まとめ

写真の取り込みが不可能な時点でライトルームから移行は無理そうです。

ライトルームと比較して良い点を挙げるなら、無料という点と、ソニーらしいクリエイティブスタイルやDレンジオプティマイザーくらいでしょうか。

このアプリは冒頭で紹介したリモート撮影やピクセルシフト撮影のために作られたのかもしれませんね。

これらの機能が気になる人は使ってみてはいかがでしょうか。

Adobe Lightroomについて詳しく見る
Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) with 1TB|12か月版|オンラインコード版
  • アドビシステムズ
  • 価格   ¥ 23,760
  • 販売者 Amazon.com Int'l Sales, Inc.

関連コンテンツ