一眼カメラのマニュアルモードを時のはじめる時の2つのポイント

一眼カメラの撮影モードの一つであるM(マニュアル)モード。
A(絞り優先)やS(シャッタースピード優先)はカメラの内部を露出の計算をしながら、撮影の設定をカメラが決めていきます。

一方マニュアルモードは絞り、シャッタースピード、ISO感度の全てを自分で設定できるモードです。
絞り優先や、シャッタースピード優先からマニュアルモードへステップアップしようと思うと、難易度が上がるように思う人も多いかと思います。

この記事ではマニュアルモードを簡単に扱うためのポイントをいくつか紹介していきます。

目次

マニュアルモードのメリット

前述したようにカメラには絞り優先やシャッタースピード優先など、オートモードが複数用意されています。
オートモードが充実している中で、マニュアルモードで撮影するメリットとは何でしょうか。

常に設定が固定されている

露出の記事で書いたように、カメラは白と黒のバランスが均等になるように設定していきます。
これによってオートモードでは被写体や背景の色が変わってくると写真全体の露出が変わってきます。

マニュアルモードは一度露出を設定してしまえば、周辺の明るさが変わったりしない限り、被写体の露出が常に一定に保てます

例えばSLを撮影するときに、オートモードのままでは、黒いSLがフレーム内に入った時に、カメラが「暗くなったと判断して、露出設定を上げる」という事が起こる可能性がありますが、マニュアルではそういった事がありません。

オートモードにできない撮影

オートモードには露出に限界があります。カメラによって変わりますが大体±3.0EVくらいです。
例えば逆光状態での撮影などでは、+3.0EVの範囲では足りない事があります。

そういった時にもマニュアルモードで絞り、ISO感度、シャッタースピードを指定する事でどんな状況でも自分の思う写真が撮れます

オリジナルの作品

絞り優先やシャッタースピード優先は、カメラが内部で計算しています。つまりカメラメーカーの考えた露出の設定だと言えます。

一方マニュアルモードは全て自分で設定します。つまりメーカーの思想が関与していない、「オリジナルの写真」になります。

そういった写真は1枚に対する緊張感や、良い写真が撮れた時の満足度は格別です。

マニュアル撮影の前に知っておくべきこと

EVと段

EVは露出の設定で見ると思います。+0.3EVとか-1.0EVとかですね。

段とはも露出に似ていて、露出同様に光の量を調節します。
ISO感度を100から一段上げると200、200から一段上げると400になります。
シャッタースピードなら1/200から一段は1/100、1/100から一段は1/50です。
F値は少し難しいかもしれませんが、F2.4から一段上げるとF2.0、F2.0から一段上げるとF1.4です。
基本的に1段を1/3刻みで調節できるようになっていて、1/3段、2/3段、1段のように調節していきます。

実はこのEVと段は全く同じです。
+0.3EVにするなら、カメラの絞り、ISO感度、シャッタースピードの設定のどれかを1/3段上げると+0.3EVの露出になります。

マニュアル撮影のポイント

設定を一つ固定する

絞り、シャッタースピード、ISO感度のうち、どれかを固定しましょう。
ボケるし、シャッタースピードも短く済む、絞りを固定する人が多いと思います。
(絞りは一段の上がり方も分かりにくいですし)

次にISO感度を設定します。分からなければとりあえずISO400くらいに設定しましょう。
あとはシャッタースピードで適切な露出に合わせましょう。
シャッタースピードが長すぎて手ブレするようなら、ISO感度を一段上げれば、シャッタースピードを一段下げる事ができます。シャッタースピードが短いなら、ノイズを考慮してISO感度を下げてやりましょう。

逆にシャッタースピードを先に決めても問題ありません。
自分の手ブレしないシャッタースピードを知っていれば、あとはISO感度を設定するだけです。
ISO感度が低い方が画質も綺麗なので、自分のカメラ、レンズ、技術まで把握しているのなら、シャッタースピードを先に決めてやったほうが良いです。

一度設定が決まれば、あとはシャッタースピードで細かい露出の調整をします
(シャッタースピードに調整する余裕がなければISO感度を上げて対応)

適切な設定を知っておく

自分の対応できるシャッタースピード、環境に合ったISO感度覚えておくと更にスムーズに撮影は進みます。

基本的にはシャッタースピードは「1/焦点距離」が手ブレしにくいと言われています。
手ブレ補正の搭載のレンズもあるので、もっとシャッタースピードをもっと伸ばせる事もあるし、撮影の姿勢によっては短くしないといけないかもしれません。

ISO感度も、屋外晴天ならISO100、屋外で天気が悪ければISO400くらいを目安にしています。 室内ならISO1000くらいが目安です。

撮影環境やレンズの絞りによっても変わってくるので、あくまで参考程度にしましょう。

まとめ

オートモードからマニュアルモードに挑戦すると一気に負担が増える気がします。
しかし、まず絞りさえ固定してしまえば、あとは環境によってISO感度を決め、2つの設定が決まればシャッタースピードで露出を調節するだけです。

避ける気持ちも分かりますが、マニュアルで自分だけの写真が作れるようになると、写真もまた一段と面白くなってきます。
マニュアルモードをマスターしてメーカーの関与していない自分だけの作品を作ってみてはどうでしょうか。

Amazon売れ筋ランキング

  • デジタル一眼
  • コンデジ
  • SDカード
  • 三脚
  • カメラバッグ
  1. ミラーレス一眼
  2. ミラーレス一眼
  3. デジタル一眼レフ
  4. ミラーレス一眼
  5. ミラーレス一眼
  6. デジタル一眼レフ
  7. デジタル一眼レフ
  8. デジタル一眼レフ
  9. ミラーレス一眼
  10. ミラーレス一眼
  11. ミラーレス一眼
  12. ミラーレス一眼
  13. デジタル一眼レフ
  14. ミラーレス一眼
  15. ミラーレス一眼
  16. デジタル一眼レフ
  17. ミラーレス一眼
  18. デジタル一眼レフ
  19. ミラーレス一眼
  20. ミラーレス一眼
  1. コンパクト
  2. コンパクト
  3. コンパクト
  4. コンパクト
  5. コンパクト
  6. コンパクト
  7. コンパクト
  8. コンパクト
  9. コンパクト
  10. コンパクト
  11. コンパクト
  12. コンパクト
  13. コンパクト
  14. コンパクト
  15. コンパクト
  16. コンパクト
  17. コンパクト
  18. コンパクト
  19. コンパクト
  20. コンパクト
  1. SDカード
  2. SDカード
  3. SDカード
  4. SDカード
  5. SDカード
  6. SDカード
  7. SDカード
  8. SDカード
  9. SDカード
  10. SDカード
  11. SDカード
  12. SDカード
  13. SDカード
  14. SDカード
  15. SDカード
  16. SDカード
  17. SDカード
  18. SDカード
  19. SDカード
  20. SDカード
  1. 三脚
  2. 三脚
  3. 三脚
  4. 三脚
  5. 三脚
  6. 三脚
  7. 卓上三脚・ミニ三脚
  8. 三脚
  9. 雲台・ヘッド
  10. 三脚
  11. 卓上三脚・ミニ三脚
  12. 三脚
  13. 一脚
  14. 三脚
  15. 卓上三脚・ミニ三脚
  16. 卓上三脚・ミニ三脚
  17. 三脚
  18. 脚パーツのみ
  19. 卓上三脚・ミニ三脚
  20. 卓上三脚・ミニ三脚
  1. カメラバック・ケース
  2. カメラバック・ケース
  3. カメラバック・ケース
  4. カメラバック・ケース
  5. カメラバック・ケース
  6. カメラバック・ケース
  7. カメラバック・ケース
  8. カメラバック・ケース
  9. カメラバック・ケース
  10. カメラバック・ケース
  11. カメラバック・ケース
  12. カメラバック・ケース
  13. カメラバック・ケース
  14. カメラバック・ケース
  15. カメラバック・ケース
  16. カメラバック・ケース
  17. カメラバック・ケース
  18. カメラバック・ケース
  19. カメラバック・ケース
  20. カメラバック・ケース
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる