カメラ初心者が知っておくべき露出の基本

写真を始めると勉強するべき事が多いと思った事はありませんか?

構図だったり、光の向きだったり、確かに勉強する事が多いのも事実。

しかしカメラの設定で気をつけるべきポイントはというと、露出とピントの2つしかありません。

2つだけと言っても、露出とピントは写真の最も重要とも言える要素であり、どんなレンズを使っていようが、どんな周辺機器を使っていようが絶対に操作する必要がある設定です。

細かく解説すると露出の中には「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の3つで構成されていたり、ピントは「ボケ」や「パンフォーカス」など小分けにする事もできます。

この記事では、上記のような少し専門的な難しい事は抜きで、写真で気をつけるべき「露出」に焦点を当てて解説していきます。

目次

カメラは露出(明るさ)を判断できない

カメラを始めたばかりだと「露出」という単語にすら馴染みがないかもしれません。

露出とは簡単に言うと写真の「明るさ」の事で、明るさの制御は上記でも軽く紹介しましたが、

  • 絞り
  • シャッタースピード
  • ISO感度

の3つの要素で決まります。

一眼カメラのプログラムオートやおまかせオートはもちろん、フイルムカメラやスマートフォンの写真なども、全ての写真において、この3つの要素で露出が決まっています。

この3つの要素はもちろん重要ですが、ケータイのカメラを使っていて分かるように、3つの要素を知らなくてもオートモードを使えば簡単に写真が撮れます。

そんな簡単そうな露出ですが、知っておくべきポイントは1つ。

カメラは明るさを判断するセンサーが搭載されているわけではないので、正しい露出が分かりません。

ではカメラどうやっては明るさを判断しているのでしょうか。

カメラの露出の判別方法

カメラにはオートモードが搭載されており、オートモードを使えば“だいたい”良い露出の写真が撮れます。

だいたいと書いたのは、上で書いた通りカメラは明るさが分からないからです。

例えばケータイのカメラで白い紙のメモを撮影した時に「あれ、白い紙なのにグレーに近いな」という経験のある人も多いのではないでしょうか。

明るさの分からないカメラは、明るさの基準として写真全体を白でもなく黒でもないグレーに全体のバランスを調節する特徴があります。

白い紙を撮影してグレーに写るのは、カメラの挙動として異常ではなく、むしろ正常な動きなのです。

そこで白い紙を撮影する際は、カメラ持つ自分が露出をプラス補正(明るく設定)にし、白い紙を白い紙として写るように撮影者が設定する必要があります。

これが写真を撮影する上で撮影者が身につけておくべき露出の基本です。

カメラは写真全体の色合いをグレーにする事を目指すだけです。正しい露出は撮影者自身が設定するしかありません。

標準露出と適正露出を知ろう

カメラには自動露出の機能があり、マニュアル露出以外はこの自動露出の機能で明るさを調節しています。

この自動露出には設定にはない「標準露出」と「適正露出」の2つがある事を知っておきましょう。

「標準露出」とは、カメラの自動露出による明るさです。

Ev±0やEv-1.3といった設定がこれに当たります。

標準露出は先ほど紹介したカメラが目指したグレー(Ev±0)を元に露出を調節しています。

一方で、適正露出とは自分が欲しい露出であり、カメラには分かりません。

露出のダイヤルを変更し、適正露出となった時点でシャッターを押します。

標準露出はカメラが変わってもほぼ変わりませんが、適正露出は撮影者によってそれぞれ違います。

黒つぶれや白飛びに要注意

標準露出から明るくする事をプラス補正、標準露出から暗くする事をマイナス補正。

明るすぎる写真を露出オーバー、暗すぎる写真を露出アンダーと呼びます。

暗すぎる暗くEV±0明るく明るすぎる
露出アンダー
黒つぶれ
マイナス補正標準露出プラス補正露出オーバー
白飛び
露出の呼び方

また真っ黒で何も写っていない部分を黒つぶれ、明るくしすぎて白くなった部分を白飛びと呼びます。

黒つぶれや白飛びが起きてしまうと、後々の編集作業で色が戻ってこない事があるので、基本的には全体が程よく描写されているのが理想です。

しかし夕焼けでシルエットにしたい場合など、例外も多々あるので、ここにおいても自分が欲しい露出に合っていれば黒つぶれも白飛びも問題ありません。

色によっても変化するカメラの露出

露出はグレーを目指しますが、被写体がいつも白黒という事はありませんよね。

被写体にはほぼ全てに色があります。

そして撮影する被写体によって標準露出が変動する事があります。

例えば青空を撮影する場合、水色は明るい露出とカメラは判断し、Ev±0でも実際に見ると暗くなっている事が多いです。

そこで撮影者は露出設定をプラスに補正する必要があります。

明るい色暗い色

黄色
オレンジ色


茶色
色によるカメラの認識の例

露出が持つイメージ

露出は明るさの事ですが、明るさは単純で奥が深いものです。

明るさには様々なイメージがあり、自分のイメージに合わせて露出補正をすることが大切です。

マイナス補正プラス補正
クール
かっこいい
落ちつき
重い
ポップ
かわいい
さわやか
軽い
明るさが持つ効果やイメージの例
明るくさわやかに
暗く重量感を出す

露出補正とは自分の欲しい露出に調節する作業のこと

紹介した通り、カメラは明るさを判断できません。

もちろんカメラは撮影者がイメージしている露出も分かりません。

このカメラの分からない所をフォローするのが露出補正という機能です。

もしカメラと撮影者の露出が大きく違っていても、その露出が撮影者の欲しい露出ならそれが最適な露出なのです。

自動露出で自分の欲しい露出で撮れない場合があれば、マニュアル露出に挑戦してみましょう。

Amazon売れ筋ランキング

  • デジタル一眼
  • コンデジ
  • SDカード
  • 三脚
  • カメラバッグ
  1. ミラーレス一眼
  2. ミラーレス一眼
  3. デジタル一眼レフ
  4. ミラーレス一眼
  5. ミラーレス一眼
  6. デジタル一眼レフ
  7. デジタル一眼レフ
  8. デジタル一眼レフ
  9. ミラーレス一眼
  10. ミラーレス一眼
  11. ミラーレス一眼
  12. ミラーレス一眼
  13. デジタル一眼レフ
  14. ミラーレス一眼
  15. ミラーレス一眼
  16. デジタル一眼レフ
  17. ミラーレス一眼
  18. デジタル一眼レフ
  19. ミラーレス一眼
  20. ミラーレス一眼
  1. コンパクト
  2. コンパクト
  3. コンパクト
  4. コンパクト
  5. コンパクト
  6. コンパクト
  7. コンパクト
  8. コンパクト
  9. コンパクト
  10. コンパクト
  11. コンパクト
  12. コンパクト
  13. コンパクト
  14. コンパクト
  15. コンパクト
  16. コンパクト
  17. コンパクト
  18. コンパクト
  19. コンパクト
  20. コンパクト
  1. SDカード
  2. SDカード
  3. SDカード
  4. SDカード
  5. SDカード
  6. SDカード
  7. SDカード
  8. SDカード
  9. SDカード
  10. SDカード
  11. SDカード
  12. SDカード
  13. SDカード
  14. SDカード
  15. SDカード
  16. SDカード
  17. SDカード
  18. SDカード
  19. SDカード
  20. SDカード
  1. 三脚
  2. 三脚
  3. 三脚
  4. 三脚
  5. 三脚
  6. 三脚
  7. 卓上三脚・ミニ三脚
  8. 三脚
  9. 雲台・ヘッド
  10. 三脚
  11. 卓上三脚・ミニ三脚
  12. 三脚
  13. 一脚
  14. 三脚
  15. 卓上三脚・ミニ三脚
  16. 卓上三脚・ミニ三脚
  17. 三脚
  18. 脚パーツのみ
  19. 卓上三脚・ミニ三脚
  20. 卓上三脚・ミニ三脚
  1. カメラバック・ケース
  2. カメラバック・ケース
  3. カメラバック・ケース
  4. カメラバック・ケース
  5. カメラバック・ケース
  6. カメラバック・ケース
  7. カメラバック・ケース
  8. カメラバック・ケース
  9. カメラバック・ケース
  10. カメラバック・ケース
  11. カメラバック・ケース
  12. カメラバック・ケース
  13. カメラバック・ケース
  14. カメラバック・ケース
  15. カメラバック・ケース
  16. カメラバック・ケース
  17. カメラバック・ケース
  18. カメラバック・ケース
  19. カメラバック・ケース
  20. カメラバック・ケース
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる