カメラを購入したら確認しておきたい ISO感度の話

写真は「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」の3つの要素によって作られています。
ISO感度とは明るさを電気で制御する機能です。

フィルムカメラ時代はISO感度はフィルム側で行っていましたが、デジタル時代になりフィルムが無くなる事でカメラ側でISO感度の設定を行うようになりました。

ISO感度は明るさの電気信号を増幅させるもので、手軽に写真を明るくできる反面、電気信号で増幅させるので、デジタルノイズまで増幅させてしまうというデメリットがあります。

この記事ではISO感度に関する基本的な事と、設定の方法を紹介していきます。

ノイズを見てみよう

同じ場所を別のISO感度で撮影した写真です。
左側の方が綺麗に撮影できています。
右側はザラザラとしたものがノイズです

表現の一環としてノイズを入れる人もいますが、基本はノイズの少ない写真が良いと言われています。

ISO感度を低いまま撮影する方法

ISO感度が低ければノイズの少ない綺麗な写真が撮れます。
具体的な方法としては

  • 露出を落として暗くする
  • レンズの絞りを開いて取り入れる光の量を増やす
  • シャッターの解放時間を延ばして取り入れる光の時間を増やす

自分のイメージより露出を落として撮影する事はできませんし、レンズの絞りを開くにも限界があります。
シャッタースピードを延ばすと三脚が必要ですし、被写体がブレる事もあります。

やはりISO感度を上げないと撮影できない場合が出てきます。

ノイズの特徴

ノイズには目立つ条件があります。

  • 暗い場所の方が明るい場所よりノイズが目立つ
  • 大きな写真(画面)の方がノイズが目立つ
  • トリミング(切取り)するとノイズが目立つ

この3点です。
これからISO感度の設定をしていきますが、この3点に注意しましょう。

ノイズを見てもらった先程の画像ですが、拡大しているのでノイズが目立ちますが、拡大していなければこれくらいです。

ISO感度を設定してみよう

ISO感度は基本はAUTに設定されており、AUTの中に上限と下限が更に設定されています。
AUTというのはメーカーが設定した値ですが、メーカーは私たちユーザーがどんな使い方をするのか知りません。
大画面の4Kで写真を見るのか、普通の写真サイズにプリントするのか、スマートフォンに転送して見るのかは個人の使い方です。
つまりISO感度のAUTは使う本人でなければ判断できないのです。

適切なISO感度を探そう

今回設定するカメラはソニーのα7IIで試しています。
使い方がメーカーによって違いがあるかもしれません。
暗い場所で撮影するので三脚が必須です。

カメラを三脚に取り付け、設定を絞り優先(Aモード)にしましょう。
ホイールの右ボタンを押すとISO感度の設定が出てくるので、AUTではなくISO感度をマニュアルで設定して全てのISO感度で撮影します。
※ISO感度はホイールの右ボタンを押すと出てきます。最初はAUTになっているはず

撮影ができたら、全ての写真を自分が使うプリントのサイズで印刷しましょう。
納得のいく写真のラインが、自分のカメラのノイズの許容範囲です。
この時、上で紹介した「ノイズの特徴」に注意してください。

最後にカメラを起動してISO感度を開き、AUTの上限を自分の許容範囲だったISO感度に設定して作業終了です。
AUTの範囲はISO感度AUTから更に右ボタンを押すと出てきます。

注意点

今AUTの上限に設定したISO感度があなたのギリギリのラインです。
暗い場所で撮影する時はAUTモードで今回設定したISO感度が適応される事が多くなるので、トリミングや大きなサイズで印刷しないようにしてください。
ノイズが目立ってしまいます。

撮影後にノイズを減らす方法

一応、出てきたノイズを減らす方法もあります。
一つはカメラ内のノイズリダクション機能、もう一つはレタッチ(編集)によるノイズ軽減機能です。

これらを使う場合はノイズを多少高めに設定していてもノイズが少ないように編集できますが、のっぺりとした平面的な写真になりやすいです。

上の写真は編集ソフトでノイズを減らした写真ですが、全体的に立体感がなく、工場の照明に出ていた光芒も薄くなってしまっています。

ノイズリダクション

ノイズリダクションは撮影した写真をカメラ内で処理する機能です。
メリットとしてカメラ内のプログラムで処理するので、自分のカメラ以外に必要なものがありません。

デメリットとしてはRAWでの保存が不可能です。
処理にも時間がかかり、処理中は撮影ができなくなってしまいます。

またレタッチソフトに比べるとノイズ除去の強弱が少なく、イメージした写真に仕上がらない可能性もあります。

現像ソフトによるレタッチ

ノイズをパソコンで処理する方法です。
カメラ内のノイズリダクションに比べ、どれくらい処理をするか選べます。
またカメラのモニターより大きいディスプレイで確認しながら編集が可能です。

デメリットとしては別途でアプリケーションが必要になり、有料な物も多いです。

まとめ

ISO感度を上げるケースは夜景が多いですが、室内の照明でも思ったより暗く、高いISO感度で撮影している事が多いです。
また明るさはレンズの性能にもよるので、純正のキットレンズでも暗くなりがちで、運動会などで望遠使ってみるとシャッタースピードが伸びてしまって手ぶれが酷い といった事もあり得ます。

失敗しないうちに、カメラを買ってから早い段階での設定をおすすめします。

関連コンテンツ