ISO感度は電気で明るさを増幅。シンプルながら注意点も有り

ISO感度は電気で露出をコントロールする機能で、「イソかんど」「アイエスオーかんど」と主に呼び、略して「ISO」「アイソ」「感度」と呼ぶ事もあります。

ISO感度はイメージセンサーで受けた光を電気の力で増幅します。

絞りシャッタースピード
ISO感度を上げる閉じる短く
ISO感度を下げる開く長く
ISO感度を変えて同一の露出を得るには

カメラにもよりますが、ISO感度は基本的に100が最も低く、1段増えて200、更に1段増えて400、更にもう1段増えて800というように上がっていきます。

スクロールできます
←暗い10020040080016003200明るい→
ISO感度を1段動かす
目次

ISO感度優先オートは存在しない

絞りを選択するにはAモード、シャッタースピードを選択するにはSモードがありますが、ISO感度を優先する撮影モードはありません

これはフィルムカメラだった時代に、フィルムによってISO感度が決まっていた事が考えられます。

フィルムカメラでの露出は、フィルムをセットしたら、セットしたフィルムのISO感度をカメラで設定し、そこから露出を測って絞りやシャッタースピードを決めていました。

つまりフィルムカメラでは、ISO感度は絞りやシャッタースピードのように状況に応じて変えるものではなく、固定して使うのが当たり前でした。

ISO感度という名称の由来

フィルムの話のついでにISO感度という名称についても触れておきましょう。

ISOとはInternational Organization for Standardizationの略で、国際基準という意味です。

工場の製品や、食品の安全性を示す基準にも使われているので、サラリーマンには身近かもしれません。

国際基準が必要となった背景は、F値やシャッタースピードは定量的ですが、フィルムには定量的な基準がありませんでした。

フィルムメーカーによってフィルムの感度が異なれば、F値とシャッタースピードが一定でも、露出は安定しません。

そこで国際基準としてISO感度という基準ができ、ISO100、ISO200のフィルムが誕生しました。

この名残りとしてISO感度という名称が今も残ってるだけで、ISOにも100や200といった数字にも大きな意味はありません。

ISO感度は低いが正義

絞りとシャッタースピードは自分の求める描写によって変更しますが、ISO感度を変えても被写体には影響しません。

また、ISO感度は低ければ低いほど良いという露出のコントロールの中では少し特殊な分野と言えるかもしれません。

高感度になるとノイズが出る

2枚ともトリミングしています。

ISO100で撮影
ISO100で撮影
ISO10000で撮影
ISO10000で撮影

低いISO感度が良い理由は、ISO感度を上げると写真にノイズが乗り解像度が低下するからです。

ISO感度は電気の力で露出を調節する機能ですが、ISO感度を上げる事により、電気ノイズまで増幅しているのです。

つまりISO感度は100が最も高解像であり、ISO感度を上げると、次第に写真はザラザラと解像感が失われてきます。

ISO感度を上げれば上げるほどノイズは顕著に現れるので、できるだけ低く設定する事が重要です。

ISO3200を超えてくる辺りから高感度と呼び、これくらいからノイズが顕著に現れます。

ISO感度を上げざるを得ないケースも

低いISO感度が最も高解像なので、常にISO100で撮影したいところですが、そうもいきません。

それは解像度よりも撮りたい写真が優先されるからです。

「絞って撮りたい」「シャッタースピードを短くしたい」といった場合は、光量不足になりがちです。

このような場合にはISO感度を上げて撮影する必要があります。

ISO100が最も高解像ですが、全ての写真をISO100で撮影できるという事はまずありません。

ノイズの量はカメラによって異なる

2枚ともトリミングしています。

2018年発売のフルサイズ ISO800で撮影
2018年発売のフルサイズ ISO800で撮影
2014年発売のAPS-C ISO800で撮影
2014年発売のAPS-C ISO800で撮影

ノイズの量はカメラに搭載されるイメージセンサーの性能に依存します。

高価なカメラほど、性能の良いイメージセンサーが搭載されるので、高価なカメラほど高画質という答えの一つでもあります。

またセンサーサイズが大きい方が1画素あたりの受光面積も増え、光の情報を正しく読み込める事から、センサーサイズが大きい方がノイズが出にくいです。

カメラを買ったら自分でノイズをチェック

イメージセンサーによってノイズに差が出るISO感度ですが、利用者であるカメラマンによっても差が出ます。

それは写真の用途が人それぞれ違うからです。

例えば、ある人は「大きくプリントする」、またある人は「スマートフォンでSNSにアップする」というように、人によって扱う写真のサイズは異なります。

プリントするサイズが小さくなれば、ノイズは目立ちませんが、結局のところ「どこまでがOKか」というのは、自分にしか判断できません

一眼カメラを買ったら最初に確認するべきポイントなので、まだ確認していない人はチェックしておきましょう。

この記事のノイズの写真も、PCで見るのとスマートフォンで見るのではノイズの感じ方も違うはずです。

ノイズは編集でフォローも可能

絞りのボケ具合いや、シャッタースピードによる手ブレはPCでの編集(RAW現像)で変える事はできませんが、高感度によるノイズはカメラの機能や編集で後処理をする事もできます。

ノイズを除去するカメラ内部の機能の事をノイズリダクション、RAW現像ではノイズ除去などと呼ぶ事が多いです。

ただノイズリダクションにしろ、RAW現像のノイズ除去にしろ、あくまで誤魔化しであり、補正をすると解像度が低下してしまうので、編集ありきの撮影は禁物です。

ノイズリダクションより、RAW現像の方がノイズ除去の効果量も変更できるので、細かく編集したい人にはRAW現像がオススメです。

まだまだ伸びしろの大きい分野です

上で紹介しましたが、高感度によるノイズはカメラのイメージセンサーの性能によっても大きく左右されます。

やはり入門モデルと上級モデルでは、イメージセンサーの性能が大きく異なり、ノイズの量も上級モデルの方が少ないです。

ですがイメージセンサーは発展途上の部品であり、ノイズの量もどんどん改善されています

2021年現在は3200くらいが高感度と呼ばれていますが、イメージセンサーが発展すればISO感度を上げても、ノイズが全く出ない時代も来るかもしれません。

Amazon売れ筋ランキング

  • デジタル一眼
  • コンデジ
  • SDカード
  • 三脚
  • カメラバッグ
  1. ミラーレス一眼
  2. ミラーレス一眼
  3. デジタル一眼レフ
  4. ミラーレス一眼
  5. ミラーレス一眼
  6. デジタル一眼レフ
  7. デジタル一眼レフ
  8. デジタル一眼レフ
  9. ミラーレス一眼
  10. ミラーレス一眼
  11. ミラーレス一眼
  12. ミラーレス一眼
  13. デジタル一眼レフ
  14. ミラーレス一眼
  15. ミラーレス一眼
  16. デジタル一眼レフ
  17. ミラーレス一眼
  18. デジタル一眼レフ
  19. ミラーレス一眼
  20. ミラーレス一眼
  1. コンパクト
  2. コンパクト
  3. コンパクト
  4. コンパクト
  5. コンパクト
  6. コンパクト
  7. コンパクト
  8. コンパクト
  9. コンパクト
  10. コンパクト
  11. コンパクト
  12. コンパクト
  13. コンパクト
  14. コンパクト
  15. コンパクト
  16. コンパクト
  17. コンパクト
  18. コンパクト
  19. コンパクト
  20. コンパクト
  1. SDカード
  2. SDカード
  3. SDカード
  4. SDカード
  5. SDカード
  6. SDカード
  7. SDカード
  8. SDカード
  9. SDカード
  10. SDカード
  11. SDカード
  12. SDカード
  13. SDカード
  14. SDカード
  15. SDカード
  16. SDカード
  17. SDカード
  18. SDカード
  19. SDカード
  20. SDカード
  1. 三脚
  2. 三脚
  3. 三脚
  4. 三脚
  5. 三脚
  6. 三脚
  7. 卓上三脚・ミニ三脚
  8. 三脚
  9. 雲台・ヘッド
  10. 三脚
  11. 卓上三脚・ミニ三脚
  12. 三脚
  13. 一脚
  14. 三脚
  15. 卓上三脚・ミニ三脚
  16. 卓上三脚・ミニ三脚
  17. 三脚
  18. 脚パーツのみ
  19. 卓上三脚・ミニ三脚
  20. 卓上三脚・ミニ三脚
  1. カメラバック・ケース
  2. カメラバック・ケース
  3. カメラバック・ケース
  4. カメラバック・ケース
  5. カメラバック・ケース
  6. カメラバック・ケース
  7. カメラバック・ケース
  8. カメラバック・ケース
  9. カメラバック・ケース
  10. カメラバック・ケース
  11. カメラバック・ケース
  12. カメラバック・ケース
  13. カメラバック・ケース
  14. カメラバック・ケース
  15. カメラバック・ケース
  16. カメラバック・ケース
  17. カメラバック・ケース
  18. カメラバック・ケース
  19. カメラバック・ケース
  20. カメラバック・ケース
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる