Horizon Zero Dawnで学ぶ 画角の話

前回の絞り値の話に続き、今回は画角についてHorizon Zero Dawnで説明してみます。

前回の絞りについては下のカードからどうぞ

Horizon Zero Dawnで学ぶ 絞り値(F値)の話

2017年4月5日

画角とは

画角とは写真に写る範囲を角度で表したものです。
画角が広くなれば広角になり、狭くなれば望遠になります。

しかしレンズの表記においては「○○度」という言い方はせずに、イメージセンサーから望遠側のレンズの距離である「○○mm」と距離を使って表します。

~35mm 広角
35~70mm 標準
70~135mm 中望遠
135mm~ 望遠

個人的にはこんな感じで分類されている気がします。
特に決まりはないです。

基本的に風景等ダイナミックに撮影したい時は広角(35mm以下)を使い、野鳥など被写体が遠いと望遠(135mm~)を使用します。

被写体の大きさを変える事なく、画角を変えるとどうなるのでしょうか?

とりあえず撮影してみる

広角サンプル

広角サンプルです。
広大な地でアーロイ(主人公)が何処で何をするのか興味を引くようなイメージで撮影しました。

望遠サンプル

続いて望遠側のサンプルです。
アーロイの次の目標がはっきりと強調されているように写ります。

両方の写真とも、アーロイの大きさは同じですが、全く写りが違います。

パースと圧縮効果とその特徴

広角サンプルに見られる効果をパース(パースペクティブ)と言い、強い遠近感が生まれます。
望遠サンプルに見える変化の事を圧縮効果と言い、遠ければ遠い物ほど、近くに寄って見えます。

パース

  • 長さや広大さを強調する
  • 人物と風景の両方入った記念撮影できる
  • 邪魔な物が入りやすい

圧縮効果

  • 迫力が増す
  • 被写体が際立つ
  • 複数の被写体は入れにくい
  • 被写体との距離が遠くコンタクトが取りにくい

撮影距離

これらの効果はレンズの効果ではありません。
広角レンズで望遠サンプルの撮影位置に立ち、デジタルズームやトリミングをすると同じ写真が撮影できます。
(画質が劣化するので、おすすめはしませんが・・・)

まとめ

なんとなく広く撮りたいから広角、遠いから望遠レンズを選ぶより、パースや圧縮効果を意識して撮影できると、また一段写真のテクニックが上がると思います。

ボツ写真

ボツ①

 

悪くはないけど、モ〇ハンのパッケージっぽい

ボツ②

あんまり圧縮効果関係ない

ギャラリー

Horizon Zero Dawn 通常版 - PS4
  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • 価格   ¥ 3,554 ¥ 7,452
  • 販売者 ゲームブリッジ 【ゲームソフト高額買取中】

関連コンテンツ