【旧】α6000 VS α7II 仁義なきISO感度比較

こんにちは。ヤマトです。

この記事は古いものです。
条件を改めて比較した記事はこちら

α7IIとα6000でISO感度比較 勝利はもちろんα7IIだけど・・・

2017年10月15日

私がα7IIを買った理由のひとつに『α6000の高感度の弱さ』があります。
α7IIを購入したので、今回はISO感度別にα6000と比較してみます。

当然ですがフルサイズのα7IIの方がノイズが少ないです。
実際どれくらい違うかという点に着目して、私と同じようにα6000の高感度に不満がある人の参考になればと思います。

比較方法

同じ設定など

  • 絞り優先
  • シャッタースピード オート
  • ホワイトバランス 蛍光灯
  • レタッチやノイズリダクションは無し

異なる設定など

  • レンズ
    α6000:SEL1670Z  α7II:オールドレンズ(ヘリオス58mm)
  • F値
    α6000:F4  α7II:F2

テストに使う画像

α6000(ISO800)

α7II(ISO800)

α6000の中央付近、α7IIの中央やや左側付近をトリミングして比較します。

画角が微妙に違うのは私の技術の問題です。すみません。
ノイズとは関係ありませんが、α7IIはオールドレンズなのでコーティングもイマイチでフレア出まくってますね・・・

比較

画角は異なりますが、拡大率は同じです。
なるべく近い場所をトリミングしてあります。

ISO800

昼でも絞るとISO800くらいは使いますね。
α6000既にノイズ出てるような・・・
個人的にはどちらも許容範囲です。

α6000

α7II

ISO1600

α6000はけっこうノイズが出てきました。
α7IIはまだ大丈夫かな。
こちらもまだどちらも許容範囲です。

α6000

α7II

ISO2500

α7IIも目立つノイズが出てきました。
双方ともレタッチで修復できるレベルでしょう。

α6000

α7II

ISO3200

α6000のデフォルトのISO感度の上限値です。
やはりα6000はノイズがひどいですね。
α7IIもノイズは出ていますが、個人的にはまだ許容範囲です。

α6000

α7II

ISO5000

もうα6000はもうコメントすまい。
α7IIもそろそろノイズがキツイですね。

α6000

α7II

ISO6400

α7IIのデフォルトのISO感度上限です。
レタッチで誤魔化せるか微妙なラインでしょうか。

α6000

α7II

ISO8000

ここまでくるとα7IIも私としては許容範囲オーバーですね。

α6000

α7II

ISO10000

せっかく撮ったので参考程度に。

α6000

α7II

 

まとめ

確かにα6000とα7IIを比べるとやはりα7IIの方がノイズには強いです。
α6000のISO3200とα7IIのISO5000辺りが同じノイズ感かなと思います。

α6000 ISO3200

α7II ISO5000

実際にここまで拡大して使うのかというと疑問ですが・・・
最近はパソコンで拡大しながらの編集が当たり前のせいかノイズに対する見方が厳しい気もします。

今回使った機材

SONY ミラーレス一眼 α6000 ボディ ブラック ILCE-6000 B
  • ソニー(SONY)
  • 価格   ¥ 53,162 ¥ 65,323
  • 販売者 Amazon.co.jp
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2
  • ソニー(SONY)
  • 価格   ¥ 125,349
  • 販売者 セブンスター貿易

関連コンテンツ