小椋翔著 副業するならカメラマン レビューと感想

副業を広げていきたい日本政府。

未婚率も増えている事ですし、時間が余っているなら副業という選択肢が出てくる人も珍しくありません。

僕もカメラで小さな収入を得ていますが、もっと規模を広げていきたいと思っていたところ、面白そうな本があったので買ってみました。

ボリュームはあまり多くないのでゆっくり読んでも1週間はかからないと思います。

著者 小椋翔氏のプロフィール

レビューの前に著者である小椋翔氏のプロフィールの紹介です。

(と言ってもWikipediaからの引用ですが)

小椋 翔(おぐら しょう、1983年1月13日 – )は、日本の経営者、カメラマン、講師、経営者。

愛称はおぐさん,おぐちゃんだが、小椋本人があだ名を名乗る際にはおぐしょうを自称している。

株式会社コトノ葉代表取締役、出張撮影フォトネイロオーナー経営者。元ロックバンドコトネイロボーカル担当。

出典元:小椋翔 – Wikipedia

副業するならカメラマン レビューと感想

完全にタイトル詐欺だった

まず読んで一番ビックリしたのが、プロフィールを見て分かる通り著者は副業カメラマンを経験した事がありません。

著者が写真を仕事にしたのは自分で写真館を開業してからです。

副業カメラマンの経験の無い著者なので、副業に関する知識やノウハウは皆無。

僕は副業カメラマンの一般的なカット数、打ち合わせの方法や写真の渡し方(副業は依頼者に会う時間が少ない)などが知りたかったのですが、そういった副業ならではの悩みの解決方法は一切書いていませんでした。

俺は何のためにこの本を買ったんだ

著者のスタンス

副業経験が無いのも問題なのですが、僕がもっと問題だと思ったのは著者の営業スタンスです。

「上手い人の写真をパクれ」と書いてありました。

”パクリの写真で生計立ててます”と言っているようなもので、カメラマンとして恥ずかしくないのでしょうか。

部下の育て方も無茶苦茶で、素人に撮影に行かせるそうです。

著者曰く「ヤバイ」と思えば人は成長するんだとか。

大切な撮影を素人に任せるとか完全に消費者を舐めてる

テクニックは全体の1割未満

カメラのテクニックはほぼ出ません。

筆者自身が写真のテクニックを重要視しておらず、全体を通してビジネス関連の話です。

「僕たちプロはこう撮ります」と書いている箇所もありますが、冒頭にも書いた通りパクった写真で生計を立てている人なので、説得力もありません。

SNSに超絶写真を1枚アップすれば依頼がずっと来る とも書いてありましたが、超絶写真の撮り方は書いていません。

俺にパクった超絶写真をアップしろというのか

何故か出てくる会社経営の話

副業の本なのに会社経営の話も出てきます。

著者「副業だと自分がインフルエンザになったらどうする~?怖いやろ~?」

ぼく「うん。ぼく怖い。どうしたらいいの小椋先生」

著者「開業すれば代わりができる!!」

「俺は副業がしたいんじゃ!!!」

 

著者「僕は写真を撮らずに収入が入ってきます」

ぼく「え!?一体どうやって?小椋先生」

著者「部下に仕事を振ればえぇんや!」

「だから俺は副業がしたいんじゃ!!」

面白かった所

著者は本の中で「撮らせてください」とお願いした事はないと言っていました。

そしてその直後。自らフラグを回収します。

SNSのインフルエンサーにダイレクトメッセージで「タダで写真を撮らせてください」

「お願いしとるやんけ!!しかもタダで!!!!」

そんな著者の尊敬できるところ

僕はパクった写真を提供する筆者をカメラマンとして尊敬する事はできません。

しかし筆者のビジネスに関する行動力や考え方は尊敬しています。

どんな人をターゲットにするか。固定客を付けるにはどうするか。

著者がこれまで考えてきたビジネスのノウハウはしっかりとこの本に載っていました。

この部分は購入してしっかりと読んで欲しいポイントです。

まとめ

正直な所、この本の著者はビジネスの才能が凄いんだと思います。

そしてカメラの本としてではなく、ビジネスの本だと思って読む事をおすすめします。

あまり写真をビジネス目線で考えた事無かったので、ためになる情報が載っていたのも事実です。

僕はこの本を読んで副業カメラマンをしようという気にはなりませんでしたが、副業のために一歩前進できる本ではありました。

一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

この著者はカメラマンじゃなくても成功していたんじゃないかなぁ
副業するならカメラマン
  • 小椋翔 and フォレスト出版
  • 価格   ¥ 1,620
  • 販売者 Amazon.co.jp

関連コンテンツ